LINEで送る
Pocket

 iPhoneのカメラアプリで高画質保存というと、TIFF保存までできてしまう645 PROがありますが、これが出てからというもの、カラーよりもモノクロで撮る事が多くなりました。そして今回紹介するのは、そのモノクロ写真に特化したアプリで開発者は日本の方、しかもファインダー/オートフォーカスの無い面白いカメラアプリnofinderを出していた方なので、応援しないわけにはいきません。ただそこはレビューなので厳しいところは言いたいところですが、結論を先に言うとモノクロ好きにはオススメのカメラアプリです。

サポートサイトは下記になります。
MPro FAQ | Note
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
MPro [iTunes]

 まずアプリを起動すると、すぐカメラの画面になります。画面はリアルタイムプレビュー(Retina対応)で見れるのでどんな写真が撮れるか分かりやすいです。標準のカメラの操作と少し違うのは、フォーカス/露出です。標準のカメラアプリだと画面の中をタップしてフォーカスを合わせますが、このアプリでは動かしてロックする方式です。画面中央にターゲットが表示されていますが、そこに対象物を合わせてフォーカスと露出をそれぞれ(画面上のEとFのボタンで)ロックすることができます。なおフォーカスが合った時にターゲットは緑色に変わります。(音を鳴らすことも設定で可能です。)

 操作ボタンの説明はヘルプにも表示されますが、以下の通りです。なお、このアプリはiPhoneを縦でも横でもメニューが追従します。ディスプレイボタンはタップすることでグリッドや付属情報などの表示/非表示を切り替えることができます。

 こちらがMボタンをタップして表示されるメニューです。モノクロと言ってもこれだけいろいろな組み合わせで撮る事ができます。自分の好きなパターンを決めるというのも面白いと思います。ただ正直なところ、ここはヘルプを見ないとちゃんとしたことは分かりません。

ヘルプはアプリを最初に起動した時にも表示されますが、この画面からも画面左下にあるHELPをタップすることで表示することができます。

 このアプリ自体、645 PROのように高画質処理を実現するために内部処理から保存まで非圧縮で処理を行うようにできています。TIFF形式で保存することで非圧縮保存ができるようになっていて、実際にTIFFにしてiPhoneの写真アルバムからこのアプリで撮影した写真をメールで送った時にパソコンで添付ファイルを開くとTIFF形式であることが確認できました。またJPEGでも保存は可能で2種類から選択できるようになっています。

 その他の設定の特徴としては、フラッシュの設定が単にオン/オフだけでなく常時点灯も使えます。恐らく最初この設定を見ただけではTYPEやFILTER、TONEなどは意味が分からないと思います。その点はヘルプに詳しく書かれていますが、実際に自分の好きなモノクロの感じを試しながら撮って見るのが良いかもしれません。モノクロと言っても単純ではないことがわかります。

 その他の設定としてはiPhoneの設定からMProを選択することができ、そこではExif情報(撮影者、著作権)やシャッター(ボタンを押して撮るか離して撮るか)、オートレビューの表示時間、フォーカスが合った時の音の鳴動の指定が可能になっています。
 フォーカス音をオンにしておくとデジイチで撮ってるような感覚になります。
 撮った写真を見てもなんか今までのモノクロとちょっと違う感じが味わえます。モノクロで撮るのが面白くなるカメラアプリです。