iPhoneography テクニック #3 パノラマ写真にエフェクトをかけたい時に使える方法

 夏なのでやっぱり海や山など広いところで写真を撮る事が多いと思います。そしてただ普通の写真だけではつまらないので、スケールを大きくパノラマ写真にしたいということがあると思います。iPhoneでは撮った写真からパノラマ写真を作るアプリがあります。
 たとえば、下の海の写真。4枚ほど写真を撮りそれをパノラマ写真作成アプリを用いて重ね合わせて作りました。重ね合わせるのはアプリが自動でやってくれます。コンデジでも最近パノラマが撮れるものがありますが、iPhoneならアプリがあればできます。

 実際のサイズはアプリで作成して6060 x 1528になります。プリントしたらさぞダイナミックになるのではないかと思います。


 こういうワイドタイプのレンズを使って取ってもパノラマにはかないません。ただこのレンズで撮った写真を組み合わせてアプリを使うとさらに広範囲なパノラマも作ることができます。

スマートフォン用外付けワイド&マクロレンズ(KSW2-B)
スマートフォン用外付けワイド&マクロレンズ
(KSW2-B)

メーカー:イザワオプト
参考価格:?\2,980
価格:?\2,980

 ここでは2通りのやり方を紹介します。使用するアプリはこのAutoStitch Panorama [iTunes]です。
 このアプリの良い点としては、このアプリ単体でもパノラマ写真ができますが、すでにカメラロールに保存している写真からも繋ぎ合わせてパノラマ写真にしてくれるところです。そしてできあがるパノラマサイズもiPhone 4Sのオリジナルサイズを上回る大きさで保存することができるところです。使い方に関しては下記レビューを参考にしてください。
【レビュー記事】
撮った写真を自動でパノラマに AutoStitch

1. 出来上がったパノラマ写真にエフェクトをかける。
 これはAutoStitch Panorama [iTunes]で出来上がった写真をエフェクトがかけられるアプリを通して、パノラマ写真にエフェクトをかけるのですが、いろいろと問題があります。
 想定外の大きさと認識するアプリが多いところです。実際6000×3000とかのパノラマ写真もできあがってしまいますが、ファイルサイズもかなり大きいです。エフェクトをかけるアプリに読み込んで正常に保存できるかというとできないものが多いです。途中で異常終了したり、サイズが小さくなってしまうものもあります。

 私がいろいろ試したアプリでまともに動いたエフェクトアプリはこのCameraBag [iTunes]です。パノラマの大きなサイズでも時間はかかりますが、エフェクトをかけてくれます。
【レビュー記事】
CameraBag iPhoneカメラアプリカテゴリーの老舗アプリ

 実際にこれは4436 x 2012のパノラマ写真ですがCameraBag [iTunes]に取り込んでエフェクトをかけただけになります。エラーも起きずに出力できました。

 ただ注意としてパノラマサイズ自体のエフェクトができないアプリはバグではなく、iOS自体がサポートできていないものなので仕方ないと思っています。なのでバグではないと思っています。CameraBagは特殊な方法を用いているのだと思っています。

2. パノラマ写真を作る前に1枚1枚エフェクトをかけて最後にパノラマ写真を作る。
 パノラマ写真にエフェクトをかけたいという時にはこちらをオススメしています。
 まずパノラマ用に辺りの写真を撮っていきます。
 その写真を1枚1枚エフェクトのかかるカメラアプリでエフェクトをかけ保存します。
 そしてAutoStitch Panorama [iTunes]で写真を取り込みパノラマ写真に仕上げます。
 こちらの方が無難にパノラマ写真にエフェクトをかけた状態にできます。
 また例えばパノラマ写真として1枚ずつ撮っている写真をそれぞれ別のエフェクトをかけて1枚のパノラマ写真にしてみるというのも面白いと思います。
下の写真はパノラマにする前に1枚1枚写真のエフェクトを変えて保存し、その写真をAutoStitch Panorama [iTunes]でつなげてパノラマ写真にしました。なかなか面白いパノラマになりませんか?

 アイデアでいろいろな面白い写真ができると思います。

 また自分で紹介するのもあれなんですが、私自身がiPhoneのアプリを使った写真を面白くする加工テクニックを紹介するアプリ製作に携わっています。もちろん私自身が作っているのは原稿部分だけでアプリ自体はエンターブレイン様から出ております。iPadで見ながらiPhoneで試してみたりすることができるユニバーサルアプリになっています。よろしくお願いいたします。


 見せたくなる夜景が撮れる本 [iTunes]
 これはiPhoneで苦手とする夜景に焦点をあててアプリを使って加工する方法を紹介しているアプリになります。
見せたくなる夜景が撮れる本 : 見せ撮れシリーズ第4弾は夜景!今回も撮影テクニックからアプリの説明まで入っております!


 見せたくなる四季が撮れる本 [iTunes]

 主に花や木など四季に関する写真をiPhoneアプリを使って加工する方法を紹介しているアプリになります。
見せたくなる四季が撮れる本 : 見せ撮れシリーズ第三弾!今回は花や木を中心に四季を集めたものになっています。


 見せたくなる日常が撮れる本 [iTunes]
 こちらはモノを中心に撮った写真をiPhoneアプリを使って加工する方法を紹介しているアプリになります。
見せたくなる日常が撮れる本 : 見せ撮れシリーズ第2弾登場!今回は日常にフォーカスしてiPhoneで撮って加工する方法を書いた本です。


 見せたくなる風景が撮れる本 [iTunes]
 こちらは風景を中心に撮った写真をiPhoneアプリで加工する方法を紹介しているアプリになります。
見せたくなる風景が撮れる本 : iPhoneで撮った写真をどうアプリで加工して綺麗に見せるかを書いた本アプリです!

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る