LINEで送る
Pocket

 カメラアプリの中で最初にフォーカスと露出を別々に指定できたりボリュームボタンをシャッターボタンにしたり(ここは問題でしたが)、そしてエフェクトも豊富なCamera+のiPad版が登場しました。今回iPad版の特徴は、Camera+の中にあるLightbox(Camera+で撮影した写真が保存されるところ)の同期がiCloudを使ってできるようになりました。つまりiPhoneのCamera+で撮った写真がそのままiPad版のCamera+のLightboxに入ってくるようになります。iPhone版のCamera+で撮影して加工は画面の大きいiPad版Camera+でやりたいという人には便利になるでしょう。

サポートサイトは下記になります。
Camera+ …the ultimate photo app
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
Camera+ for iPad – tap tap tap [iTunes]

なおiPhone版のCamera+ – tap tap tap [iTunes]はiOS 6/iPhone 5にも対応しており、すでに現バージョンでiCloudでの同期ができるようになっています。

 またプロモーションムービーもあります。

 Camera+ for iPadとう名前でCamera+の機能をiPad版にしただけというわけでもなく、編集機能がiPhone版とは異なっています。iPad版だけの機能としてはブラッシングとレイヤーが使えるようになっています。

 また他にもiPhone版には無い機能がiPad版にはあり、ホワイトバランス、トーン、赤目修整、ぼけやシャープ、周辺減光など編集に便利な機能が揃っています。

 iPhoneの標準のカメラで撮影したフォトストリームでの同期も便利ですが、Camera+での加工目的の場合にはiPad版と同期できるので便利ですね。