LINEで送る
Pocket

 iPhone 5にして良かったことの1つがカメラアプリ全般で処理が重いものが一気に軽くなってサクサク動くところです。Hipstamaticも以前は撮った分だけ待たされ10枚撮ると保存されるまで待つことが多かったですが、iPhone 5でHipstamaticを使うとそんなに待つ必要もなくなりました。そんなHipstamaticがアップデートでiPhone 5のサイズに対応。一部iOS 6が要求される機能も追加されました。そして新しいパッケージ(有料85円)ですが追加になっています。

サポートサイトは下記になります。
Hipstamatic – Welcome To Hipstamatic
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
Hipstamatic [iTunes]

 では今回追加になった部分を見ていきます。

 追加パッケージの購入方法ですが、アプリ内から購入することができます。有料のものもありますし、無料のものもあります。今回のアップデートでは2種類有料と無料のものがあります。
 購入方法ですが、Hipstamaticのカメラのレンズのある方を表示し、画面下の右から2番目にあるカートのアイコンをタップするとHipstaMartというフィルムやレンズ、フラッシュの入ったパッケージが表示されます。自分が持っているものに関しては mine と表示されます。

Multiple Exposure Kit

 まず最初に購入できるようになったパッケージはMultiple Exposure Kitです。価格は85円になります。

 購入してダウンロードするとカメラのファインダーの方の画面の右上にボタンが付きます。これでMultiple Exposure(多重露光)ができるようになります。音も凝ってます。

 身近にあるもので試してみました。洗濯バサミと空の多重露光です。

Rock the Vote FreePak

 このパッケージは無料で、フィルムが2つとケース1つがダウンロードできます。(もしかすると以前にあったかもしれませんがこのタイミングでダウンロードできるものとして紹介します。)HipstaMartの表示時に横にスライドさせると表示できます。

ビューが縦向きに対応


 撮った写真を見るビュー画面が今までは横向き固定だったのが縦でも見れるようになりました。撮った後に見るのには意外と便利です。

 今回のアップデートでの有料の多重露光キットは、簡単な操作で分かりやすく多重露光ができます。1回左側にスライドさせて写真を撮ると、あと1回撮って多重露光するように少しだけズレます。そしてもう1枚撮ると終了で2枚の写真を合わせて1枚にしてくれます。
 ただ、ここで多重露光にして、1回撮った後に、再度多重露光のところを一番左にスライドさせることができます。つまり2枚だけの多重露光ではなく、3回、4回と多重露光を行うことも可能になっていますし、その途中にフィルムを変えるとうまくできなかったので同じフィルムである必要があるかもしれません。
 今回のパッケージは有料ながら非常に楽しめるものになっていて個人的にうれしいアップデートです。