LINEで送る
Pocket

 iOS 6になってからiPhoneのカメラアプリのコメントを見ると、カメラロールに保存できなくなった(評価の星は1つ)というコメントを見ることがしばしばあります。iOS 6になってから急に増えたと思います。これはアプリ側の問題ではなく、iOSの仕様でこのようになってしまったので対処は自分で行うことになります。
 ただiOS 6よりも前にはカメラアプリを起動すると「写真やビデオに含まれる位置情報の利用を許可します。」というメッセージが出ていいえと選択すると使えなくなるということがよくありました。これはカメラロールにアクセスするためにiOS自体が出しているメッセージなので使用するにしないとカメラロールにアクセスできませんでした。

 iOS 6になってカメラアプリを立ち上げるとこういうメッセージが出るようになったと思います。iOS 6にした後に、初めてアプリを起動すると「(アプリ名)が写真へのアクセスを求めています」。
 ここで許可しないを選択してしまうとそのアプリではカメラロールにアクセスできなくなり写真の保存がそのアプリからだけできなくなります。なので起動したアプリで写真を保存したい場合はOKボタンをタップします。

 もし間違えて「許可しない」をタップした場合、後から訂正は可能です。それはiPhoneの「設定」から「プライバシー」を選択します。プライバシーの中に「写真」がありますので、そこをタップします。そうすると起動したカメラロールにアクセスしたカメラアプリが表示され、オン/オフの設定がアプリ名の横に表示されています。オフのアプリはカメラロールにアクセスできないので保存ができません。オンにすることで保存できるようになります。

 このプライバシーという項目ですが、写真だけでなく連絡先、カレンダーなど共有するアプリの設定ができます。ここは慎重に決めておくべき所もあるかもしれないので1度は見ておくと良いと思います。
 またiPad/iPod touchでも同じことなので、ここでは紹介していませんが確認しておくと良いと思います。