Androidのカメラアプリで2000万ダウンロードされたアプリ FxCameraがiPhoneにもやってくる!

 iPhoneのカメラアプリはiPhoneographyという造語ができるまで、写真/アートとしての認知度がありますが、Androidではユーザー数は多いものの、同じくらい認知度があるものはなく、Andrographyという造語はあるものの、iPhoneographyほど写真に対してのユーザーグループなどの積極的なアプローチは現時点ではあまり見かけません。しかしながらAndroidのカメラアプリと言えばまず真っ先に名前があがるFxCamera。iPhone版も登場する予定で非常に楽しみにしています。


 Androidと同じ操作性であれば、Androidを使っていた人にとってはiPhoneでも同じように使えるという利点がありますし、iPhoneだけしか持っていない人にとってはAndroidで2000万ダウンロードされたカメラアプリとしてやはり使ってみたくなるものだと思います。

 ただやはり気になるのは操作性です。iPhoneには本当によく出来たカメラアプリが非常に多くあり、最初は興味でダウンロード数が伸びるとしても、その後その中から高評価をもらうにはやはり相当惹きつけるものが無いと無理だと思います。

 現在FxCameraのサイトではApp Storeにはまもなくリリースという表示になっています。iPhoneのカメラアプリをよく使うユーザーに気に入られるのか非常に気になるところです。
FxCamera – Lets you take photos with various effects through simple steps

 また価格もAndroid版同様無料であれば、これだけで写真を遊べるアプリとしてまた写真に興味を持つ人が増えるかもしれません。
 私個人的にはAndroid版、iPhone版関係なく投稿できるFlickrのグループがある(現在はAndroid版のグループは存在します)と両デバイスの違いが写真に出るのかどうかが一目で分かるので非常に興味がありますし、使ってみたいと思っています。
 11月にもiPhoneアプリとしてリリースする予定ということで楽しみです。

 なおAndroid版は下記からダウンロードできます。
FxCamera – Google Play の Android アプリ

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る