LINEで送る
Pocket

Fantastical カレンダーアプリ自体、以前紹介したStaccalで落ち着いていますが、今回紹介するカレンダーアプリは表示が速いのとちょっと変わったユーザーインターフェースで面白いアプリです。そしてデザインも綺麗でよく出来ていると思います。Macのアプリでも同じものがあり、こちらも人気があるようです。私自身はこのアプリちょっと当日の予定を確認するときに使っています。文字が見やすいというのが第一にあります。他に表示が2種類切り替えられるとか入力の仕方が面白いとか特徴的なものもあります。

サポートサイトは下記になります。
Flexibits | Fantastical for iPhone | The fast and friendly calendar app.
App Storeでは仕事効率化カテゴリにあります。
Fantastical [iTunes]

 イメージ動画も公開されています。

Fantastical またMac版のFantasticalもあり、こちらは同じようなインターフェースでカレンダーアプリとして使えます。
Fantastical [Mac App Store]

Fantastical カレンダーの情報元はiOSカレンダーから取ってきて表示されます。iOSカレンダーでGoogle1カレンダーと同期するようにしておけば、そのままこのアプリからGoogleカレンダーに予定を登録することもできます。
 操作としては少し変わっていて、画面を見ると分かりますが、上部と下部で分かれています。上部は左右にスライドさせると日にちが移動できます。下部は上下にスライドさせると移動し、上部と下部が連動して動くようになっています。
 また上部の表示ですが、これはデイティッカーと言う言い方をされていますが、ここの部分を下にスライドして指を離してあげるとカレンダー表示に切り替えることができます。
 上部の右上にある+は予定の追加、左上は設定になります。

Fantastical Fantastical

 予定の検索は、画面上部のデイティッカー、カレンダーの上に検索用の入力画面があります。大きく下にスライドさせるとデイティッカーとカレンダーの切替ですが、少しだけ下にスライドさせると検索の枠が出てきます。
 そこに入力することで、画面が検索画面になります。
 検索画面では、タイトルや場所、招待された人などの検索指定が可能になっています。

Fantastical Fantastical

 予定の入力はちょっとおもしろくて文章を書いてそのまま登録することができます。ただ全部日本語だとうまくいかないようです。場所とか日にちをスペースで区切って入れるとうまく入りそうです。この時音声認識もできるのですが、ここは英語圏だけのようです。もちろん、この入力だけでなく通常の予定入力画面も開くことはできます。

Fantastical Fantastical

 また設定画面では、最初にデイティッカーを表示するかカレンダーを表示するかの指定や、iOSカレンダー毎の表示/非表示指定、週始めの曜日、アラームの指定などの指定が可能になっています。
 文字も大きいので分かりやすいというのがありますし、すぐ当日の予定の確認ができるのが便利だと思いました。