LINEで送る
Pocket

MCpro 私がモノクロ写真を撮る時にはMProがとても多いです。というのもやはりファインダーとして覗くiPhoneの画面にそのままのエフェクトがかかっているのはとても分かりやすいから、そして自分好みの色が分かるからというのがあります。そして出力される写真は内部処理から保存の手前までを非圧縮で処理を行うので高画質。そのMProをリリースしている所から今度はカラー版のMCProが登場。これも楽しみにしていたアプリの1つで、どんな写真が撮れるだろうとワクワクしていました。
 実際に撮って見るといろんな指定でかなりまた遊べます。

サポートサイトは下記になります。
MCPro | Note
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
MCPro [iTunes]

 なおアプリ自体はiPhone/iPadに最適化されたユニバーサルアプリになっています。


MCPro アプリ自体はMPro同様にiPhone/iPadを縦横に対応しています。またMProとMCPro同じユーザーインターフェースなのもうれしいところです。
 最初の注意点としてはアプリを一番最初に起動すると「MCProが写真へのアクセスを求めています」というポップアップが表示されるので「OK」ボタンをタップします。これはアプリがカメラロールへの保存することを許可する事を意味します。
 またカメラの機能に関しては、iPhoneの標準カメラのようにタッチフォーカスも出来ますが、画面上にあるFがフォーカス、Eが露出で、別々に指定して撮影することができます。最初にフォーカスで合わせたいところをタップすると四角い枠が表示されます。そのあと、違う場所で露出を合わせるためにタップすると丸い円形の枠が画面上に表示されます。ドラッグすることで移動させることができます。

 横向きも各ボタン等追従します。左利きの人にも逆にiPhoneを回転させること対応しています。

MCPro

 画面のボタン説明ですが、Mボタンはメニューになります。画面の右側にスライダーが3つ表示され、左からトーン(値が大きいほどコントラストが強くなる)、彩度(色の濃さ)、ホワイトバランス(色の寒暖)になり、AWBはホワイトバランスをロックすることが可能です(タップすることでロックと解除ができます)。またAWBの右にある?はプリセットを呼び出せるボタンになっていて最大3つのプリセットから即呼び出せます。プリセットはトーン、コントラスト、色合などを自分好みに変えた後、設定から記憶させることができる機能です。

MPro そしてDボタンはディスプレイで、ターゲットのみの表示、ターゲットと情報(シャッタースピードとISO)、ターゲットと情報と水準器の切替ができるようになっています。このDボタンをタップすることで切り替えることができます。
 そして一番大きなボタンがシャッターボタンで、消音はできません。また押すことで撮影されるのがデフォルトになっていますがボタンを離して撮影も設定から可能です。EとFは露出/フォーカスのロックで、ファインダー上のターゲットを動かすことで解除されます。
 またこのカメラにはセルフタイマーも2秒と10秒の2種類が用意されています。これも設定で変更可能です。
 設定は四隅のどこかに歯車のアイコンが見えると思います。そこをタップすることで設定画面が表示されます。

MPro これが設定画面になります。左上から見ていくと、まずタイマーの切替(2秒/10秒)、そしてフラッシュの指定(OFF/ON/AUTO/Touch)、その下がグリッド表示、その右が水準器になります。面白いところではキャリブレーション機能が付いています。カメラアプリでは初めてかもしれません。キャリブレーションで設定することで傾きのあるような坂でキャリブレーションして撮るなど遊べます。
 そしてその下は写真の比率で5種類から選択できます。その下はクオリティと解像度になります。解像度については指定で変わるので以下の表を参考にしてみてください。
 またいろんなパラメータを変更するといざ撮りたい時に再度設定と面倒です。そのために記憶してくれるプリセットが最大3つ用意されています。パラメータを変えた後、この設定のボタンをタップすることでその番号に記録され、撮影時にはAWBの右にあるボタンから簡単に呼び出せます。
 そしてLLBというボタンはiPhone 5のみで使用できるもので、Low Light Boostの意味。オンの場合は通常ISO800までの感度が最大でISO3200まで伸びるようになります。またシャッター速度の下限値が1/15になります。
 HELPボタンはマニュアルの呼び出しになります。

 写真の解像度は以下のようになります。解像度は設定から指定できます。

MPro

MCPro そしてiPhoneの設定からMCProを呼び出すとこのような画面が表示されます。
 まずExif情報で撮影者、著作権表記が保存できます。これはよく写真に撮影者の文字を入れている人がいると思いますが、写真にわざわざ描かなくても良いので便利なのではないでしょうか。
 そしてGeoタグは位置情報を記録するか記録しないかの指定ができるようになっています。ここをオフからオンにした後は、アプリ起動時にポップアップで位置情報を使うかどうか聞かれます。
 その次はシャッター。iPhoneのアプリ画面上のシャッターボタンを押したタイミングで撮るか離したタイミングで撮るかを指定できます。
 そしてオートレビューの時間や、フォーカス、セルフタイマー時の音とライトの指定ができます。機能的にはすでに申し分ないですが、まだまだアップデートする予定なので今後も楽しみなアプリです。

MCPro そしてここでは開発者さんから聞いた情報です。このアプリを使う場合に参考にしてみてください。
 コントラストを上げて彩度を10%ぐらいまで下げると、銀残し効果のような写真になります。
 コントラストを下げて彩度は少し下げて寒色にすると市橋織江さんの写真のようになるとのこと。ぜひこのアプリを使っている方は試してみてはいかがでしょう。
 私の左の写真もMCProの銀残しをやってみました。いろんなものをこれで撮って見たところとても面白い写真が撮れました。