Feedly : Google Readerに代わるRSSリーダー。使ってみるととても便利で私にとっては正解でした。

Feedly Google Readerが今年7月1日に廃止ということで、廃止になる1ヶ月前に次のRSSリーダーをどうするか考えていました。順番にいろいろ試してみようかなとまず最初にFeedlyを試したらこれが便利で使いやすくそのまま使い始めてしまいました。どこが良かったかと言うと、Google Readerからの移行が簡単というのがあります。またiPhoneアプリも見やすく分かりやすい。連携もOK。そしてWebブラウザのChromeの拡張機能にもFeedlyがあり、これも便利ということで決めました。

Google Reader廃止の記事はこちらが分かりやすいです。
「Google Reader」終了 7月1日に ユーザー減少で – ITmedia ニュース

またこれを機にこのfavLifeのRSSフィードも変更しました。Feedburnerの先行きが不透明なのでついでに変えました。もしRSSリーダーで読んでいる方がいましたら下記に変更してもらえると幸いです。
http://www.favlife.com/feed

Feedlyのサポートサイトは下記になります。
feedly: your news. delivered.
App Storeではニュースカテゴリにあります。
Feedly: Your Google Reader, Youtube, Google News, RSS News Reader [iTunes]

 このアプリはiPhone/iPadの両方に対応するユニバーサルアプリになっています。

まずはGoogle ReaderからFeedlyの移行ですが、とても簡単です。アプリからでもWebサイトからでも可能です。現時点で300万人以上の人がGoogle ReaderからFeedlyに移行しているそうで簡単なところが良いのでしょう。また中身も良ければ尚更です。
 移行できるWebサイトは下記になります。アプリからはGoogle Readerのアカウントとパスワードを入れることで簡単に移行できます。
welcome to feedly

 またWebブラウザChromeの拡張機能は下記からダウンロードできます。
Chrome ウェブストア – Feedly – Your News, RSS, Google Reader
 これを入れるとChromeでいろんなWebサイトを開くとブラウザの右下のところにボタンが出てきます。これをクリックすると簡単にFeedlyに保存したり他のSNSに投稿することが可能になりとても便利になります。

Feedly

 話をアプリの方に戻します。
Feedly iPhone/iPadアプリもGoogle Readerのアカウントでアクセスできるようにすれば簡単にデータがFeedlyに移行されます。
 カテゴリを作っていてもそのままのカテゴリで移行できるので安心です。
 画面はこれから流行るかもしれないフラットなデザインです。カテゴリ毎に未読数も表示されています。
 このカテゴリは普段読むときは左側に隠れていて、自分で画面の左上をタップすることで表示できます。
 またコンテンツ(フィード)の追加もURLを入力することで、この画面から行うことができます。

 メインの画面では上下にスワイプすることで次々めくる事ができますし、左右のスワイプでは同じサイトの記事を見ることができます。片手で操作できるというところが便利です。また画面の上にあるボタンはここではTwitterとPocketが表示されていますが、一番右の・・・をタップすることで他のサービスを呼び出すこともできますし、またここのボタンの設定を変更することも可能です。また文章だけを選択するとポップアップでメニューが表示され、他の共有サービスに文章だけ送る事が出来ます。

Feedly Feedly

 連携するサービスとしては、あとで読む的な保存サービスとしてFeedly, Pocket, Instapaperが対応しています。共有サービスとしてはTwitter, Facebook, Google+, Email, Buffer, Browserがあります。ブラウザに関してはSafariとChromeどちらで開くかという指定までできます。

 また細かいところではテーマは2種類(昼と夜)があります。黒が好きな方がいると思います。アプリではテーマは2種類しかありませんがWebサイトは数種類あります。

Feedly Feedly

 RSSフィードの表示に関しては、各メディアによっては続きと読むとかで、途中で切れていたりしますが、タップすることでブラウザを起動せずにこのアプリ内でWebサイトを見ることができます。

 Google Readerを読んでいた頃はiPhoneアプリではReeder – Silvio Rizziが有名で、Reeder自体もGoogle Readerから切り離しできるようになっていて読みやすかったですが、Feedlyもそれに匹敵するくらい良いアプリだと思いました。Reeder 2 [iTunes]も登場しています。

Feedly そして設定も非常に多くあります。設定は画面左のカテゴリの下にあるAdvanced Settingsをタップします。

 最初に開くカテゴリのページの設定や自動で既読にするスイッチがあります。そして便利なものがお気に入りの記事を保存する機能で私はPocketを使用していますが、Pocketに保存してそこから洗練されている記事をEvernoteに保存ということも行っています。
 そしてお気に入りの記事をTwitterや他のSNSに送る設定。Favorite Saving/Sharing Toolは設定しておくと、メインの画面の右上に表示されているので選ぶ必要がなくなります。Fovorite Browserはアプリで使用している気に入ったWebブラウザをChromeとSafariからどちらか選ぶことができます。
 Look and FeelとGesturesでは見た目と操作性になります。テーマも変えることができますし、フォントも変更できます。また画面を引っ張って閉じたり長押しで保存などいろいろ設定できます。

Feedly Feedly

 他にも共有する時のタグやTwitterはiOSのものを使うかFeedlyを使うか共有する際のテンプレートも指定できます。そして後で読むサービスのユーザーとパスワードの指定、URL短縮サービスのBit.lyのユーザーとAPIキー、Emailで共有する際のCCやBCC設定ができます。私にとってはEvernoteに直接保存できないのは残念ですが、Pocketで保存して更に保存するかを決めることができるので良いかなと思いました。

Feedly Feedly

 Reederだとあまり毎日は読まなかったのですがFeedlyにしたら人気のあった記事だけ読めたりできるので時間の無い時はそれだけ読んだりしています。なかなか便利で1ページ目に置きました。

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  2.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  3.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  4.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  5.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  6. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  7. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  8.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  9.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…
  10.  私の住んでいるところは今月末から桜がお目見えします。今からすごく楽しみで、iPhoneもいろんなア…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る