LINEで送る
Pocket

Analog Camera 以前少し紹介したClearの開発元が開発したカメラアプリAnalog Cameraがリリースされました。ムービーと同じように斬新な操作性、そして次世代を思わせるフラットなデザイン。褒めちぎりたいところですが、どうも実際に触ってみるとClearの時と同じように、すごい!で終わってしまいそうな感じがしました。ただClearはリリース当初からちょっとした買い物メモや忘れないためのメモとして使えています。カメラアプリ自体、新しいものが出てもイマイチハマれないところがあり、このアプリもちょっとした時にメモ代わりなどに使うと効果があるのかもしれません。

サポートサイトは下記になります。
Analog Camera ? Realmac Software
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
Analog Camera – Realmac Software

以前紹介したムービーです。片手で簡単に操作できるところはよく出来ていると思います。

個人的には、Mac版のAnalog – Realmac Software [iTunes]くらいのエフェクトが揃って機能があると良かったかなと思いますが、ここは簡単さを追求しているアプリと捉えました。

Analog Camera アプリを初めて起動すると、動画で説明が表示されます。これも斬新な紹介かもしれません。見ればその操作にすぐ慣れるようになっています。
 実際に今までのカメラアプリとはちょっと異なるインターフェースですが動画を見ることで、こういう操作ができるんだということが分かります。そしてそこまで複雑な操作もありません。

Analog Camera 写真はマシカク写真になります(正確に真四角ではないですが)。ファインダーの上にはカメラロールとフォトストリームを表示している部分があり、ここを下に引っ張るとカメラロールまたはフォトストリームが表示できます。
 そして画面下にはシャッターボタンがあり、これはカメラロールやフォトストリームを表示しているときにはシャッターボタンではなく、この画面に戻るボタンになります。
 ここらへんはシンプルでできるだけボタンを少なくするようになっています。
 そしてこのカメラアプリは単に撮った写真をエフェクトをかけて保存、共有サイトに投稿だけでなく、今まで撮った写真も選んでエフェクトをかけて保存、共有サイトに投稿ができます。このアプリでは共有サイトはFacebookとTwitterになります。iOS標準の機能を使っているところがシンプルです。

 上のサムネイルを下にひっぱるとカメラロールが表示されますが、左右のスワイプ操作でカメラロールとフォトストリームの切替ができます(画面の下に切り替えたら文字が変わります)。

Analog Camera Analog Camera

Analog Camera 写真を撮ったりカメラロールやフォトストリームから写真を選ぶとこの画面になります。上部9つのマトリックスは指でスライドさせるとそのエフェクトの写真が少し大きく見れます。またタップするとマトリックスの部分全面に見れ、再度タップすると元に戻ります。
 ここでエフェクトを選んだら、下半分にある操作画面で操作します。だいたいわかりますが、左から保存、メール、他のアプリとの連携、そして次の段はFacebookとTwitterへの送信になります。
 他のアプリとの連携があるということは、このアプリではここまでしかしませんよというメッセージなのかもしれませんが非常にシンプルです。
 この画面を抜けたい時はまた上部から下にひっぱるとカメラロールやフォトストリーム表示の画面に戻るので、画面下のカメラアイコンをタップすると撮影モードに戻ります。

 シンプルなカメラアプリとしては操作性など新しい面があるものの、エフェクトはもう少し変わったものがあるといいかなと思いました。ただちょっと撮ってFacebookやTwitterにそれぞれに送信するときには便利かもしれませんがアップデートでまた少し調整してくれると良いかなと思いました。