UP by JawboneがiPhoneと同期できなくなったときにやってみる価値のある事

UP by Jawbone UP by Jawboneが届いてからずっと毎日、食事、通勤時の万歩計、運動管理、睡眠管理などを行っています。
 これも記録できる楽しみもありますが、他の人との情報共有にも楽しみがあるのかなと思います。他の人が食べた食べ物の写真を見て、今夜これにしようとかいうことも楽しみの一つになっていたりもします。
 そんなUP by Jawboneですが、昨日からiPhoneとの同期が失敗するようになりました(かなりのショック)。そこで自分の調べたことをここに記録しておきたいと思います。まずサポートですが、売れているはずなんですが、電話は土日祝日やってません。保証書にはメールアドレスも書かれていました。とりあえずメールは送りますが、毎日使っているのでどうしようかとまずはネットでJawboneのサイトから情報を調べます。

 まず自分のUP by Jawboneで起きたことですが、以下の3点です。
● 前触れもなくアプリを起動して、UP by JawboneをiPhoneのイヤフォン端子に挿して同期したときに、同期でエラーになった。
● その後アプリを起動して、UP by Jawboneの接続を行っても「リストバンドの検出中」と表示されしばらく経つとその表示が消え何事も無かったかのような状況になる。以後この現象がずっと続きました。
● リストバンドの検出中で時々、Siriが起動する。

 とりあえずやったことは充電です。たまたまなのか充電をしてから同期を行ったら同期ができました(1度だけ)。iPhoneの再起動でも同期ができました(これも1度だけ)、その後はiPhoneと接続しても「リストバンドの検出中」が表示⇒消えるの状態。同期ができなくて正直この時はiPhoneとの接触不良なのかUP by Jawboneが故障したのか不安でした。パワーサポートのバンパーも外して試しましたが同じ結果でした。

早速サポートに連絡×
 サポートは土日祝日は休みということで、メールだけしてみましたが、毎日使っているUP by Jawboneなので結局調べることにしました。

フォーラムで調べる
 まずはフォーラム(全部外国語)で検索して調べました。
 しかしここで同期できない場合の対処方法を見つけました。以下要約です。私はiPhoneを使っているのでiPhoneでの使用に限定していますがiPod touchなどのiOSデバイスに置き換えることができます。
原文: Band Won’t Sync (iOS)
もしあなたのUPがiPhoneのアプリと同期できなければ以下のことをやってみてください。
1. インターネット接続できているか確認
 アプリはあなたのデータと同期するためにインターネット接続が必要です。
2. iPhoneのボリュームをチェック
 iPhoneの設定からミュージック(又はiPod)をタップし音量制限をタップします。音量制限していないかチェックします。していたら外してボリュームを上げます。
3. バンドをチェック
 UP by Jawbone本体をねじったり、まっすぐにしたりせずにiPhoneの接続で抜き差ししてみてください。
4. ヘッドフォンジャックをテスト
 ヘッドフォンをiPhoneのヘッドフォンジャックに挿して音楽を聴いてみてください。もしヘッドフォンジャックを綺麗にしたいのであればAppleサポートに連絡を。
5. アプリの終了と再起動
 オーディオを使用するアプリは時々UP by Jawboneとの同期を邪魔します。オーディオが使用されていないか、iPhoneのボイスメモを起動して確認できます。UP by Jawboneを挿してVU(ダイヤル)の値が変化するか確認してください。
 もしダイヤルの値が変わるのであれば手動でアプリを終了していきます。
 ・ホームボタンをダブルタップして、下に表示されるアイコンにマイナスのアイコンが表示されるまでアイコンを押し続けます。そしてマイナスのアイコンが表示されたら、マイナスをタップしてアプリを終了していきます。アプリの終了が終わったらUP by Jawboneのアプリを起動します。
6. iPhoneの再起動
 iPhoneの再起動を行った後に、UP by Jawboneのアプリを起動し、挿して同期します。
7.ソフトリセット
 問題がまだ起きている場合はデータはそのまま残してリセットするソフトリセットを試してみてください。

 ここまででもダメな場合
 私の場合、上記の6.まで行ってダメだったのでソフトリセットをすることにしました。記録しているデータは残ったままリセットできるようです。他に工場出荷時に戻すハードリセットもあります。

ソフトリセット方法
原文:Reset Your UP Band
1. まずUP by Jawboneに付属のUSBケーブルをPC/MacなどのUSBポートに挿します。
2. そしてUP by Jawboneはモードボタンを押した状態(押し続ける)にします。
3. モードボタンは押したままUSBケーブルにUP by Jawboneを接続します。
4. UP by Jawbone本体のLEDが黄色と赤色の点滅になったらボタンを押し続けるのをやめます。
5. アプリとUP by Jawboneを同期します。

これをやってみたところ、私のUP by Jawboneは同期できるようになりました。一安心です。

また原文にはハードリセット(工場出荷時に戻す)方法も載っています。あまり使う事はないと思いますが記録しておきます。
ハードリセット方法
1. 充電されているのを確認してください。
2. モードボタンを10回押します。
3. 10回目は押したままにして、LEDが赤く光るまで10秒間押し続けます。
4. 初めて使う時と同じように同期します。

 とりあえず同期できるようになって良かったです。実際に自分が勝手に思い込んでiPhoneを再起動したり充電したりして直っていたのは偶然だったかもしれません。ソフトリセット方法を知ったのでまた何かあったときに使えそうです。

【正規代理店品】 UP by Jawbone ライフログ リストバンド スモール オニキス ALP-UPS-OX
【正規代理店品】 UP by Jawbone ライフログ リストバンド スモール オニキス ALP-UPS-OX
メーカー:Jawbone UP
参考価格:¥13,800
価格:¥12,544
OFF : ¥1,256 (9%)

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る