LINEで送る
Pocket

HarrisShutter iPhoneアプリの中でHarrisカメラで検索するといろんな種類のカメラアプリが出てきますが、私が気に入ったのはこのアプリ。開発元がmisskiwiということで、今までこのブログでも紹介してきた特徴のあるカメラアプリ(SquaraB&W LabClassicTOYClassicINSTA等々)を開発しているのでサンプル画像を見て安心して購入できました。
 ライブプレビューは3色(枚)の写真を撮る時に2枚目以降、既に撮影した写真がファインダーに残っている機能で、重ね合わせたい時に合わせる所を自分で作っておくと、三脚を使わずに撮影できます。ライブフィルターは、このアプリにはフィルターが10種類入っておりそのフィルターを選択するとフィルターがかかった状態そのままにファインダーに表示される機能になります。

サポートサイトは下記になります。
HarrisShutter
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
HarrisShutter – misskiwi

HarrisShutter HarrisShutter HarrisShutter

HarrisShutter このアプリには写真を取り込む機能はありませんが、撮る際に便利なグリッド表示や、タイマー撮影、そしてライブプレビューが備わっています。このアプリは位置情報を記録することもできるので最初にアプリを起動した時に位置情報はいらない場合は使わないようにできます。また写真のサイズはインカメラ・アウトカメラ各々フルサイズで保存できます。
 撮影画面では、画面の上にフラッシュのオン/オフ、タイマー(マニュアル/1,2,3,4,5秒)、カメラの切替スイッチがあり、画面下には中央にシャッターボタン、その右には設定ボタンがあり、画面下の左側はギャラリーの呼び出し画面、右側はライブフィルターの設定になります。
 ギャラリーでは撮った写真をカメラロールとは別に管理していて、フィルターをかけなおしたり、明るさを変更したり、写真を回転させたり、削除、FacebookやTwitterへの投稿の機能があります。

HarrisShutter ライブプレビューをわかりやすくした画面です。1枚目はそのまま普通に写真が撮れますが2枚目以降はそれ以前の写真が薄く表示されます。
 まったくバラバラな写真を撮っても良いですが、写真をどこか合わせたい時には、三脚を使わなくてもこのライブプレビューを見ながら合わせて撮る事ができます。3枚撮る事で写真が出来上がります。この撮影はマニュアルでシャッターボタンを押すごとに写真を撮ることもできますしタイマー撮影で撮る事もできます。
 アイデア次第でおもしろい写真ができあがります。

HarrisShutter HarrisShutter

HarrisShutter ライブフィルターの機能は、写真を撮る際に画面下に一番右にあるボタンをタップするとファインダー下にフィルターを選択できるアイコンが出てきて変更するとすぐにファインダーのフィルターも変わる機能です。写真を撮る時のイメージをそのまま表示してくれるので分かりやすいですし、便利です。
 またこのフィルターで失敗したと思ってもギャラリーに保存されていると後からフィルターは変更できるので気にせず、まず撮って楽しむという方法もできます。

HarrisShutter 撮った後はギャラリーの画面でフィルターを再度かけなおしたり、明るさを調整したり、写真を回転(90度ずつ)させることが画面下のアイコンからできます。
 ギャラリーから写真を削除したい場合は、画面上のゴミ箱アイコンで削除、FacebookやTwitter、メール、カメラロールに保存などは画面上の一番右のアイコンをタップすることでできます。
 また写真は1枚しか表示されませんが、横にスライドさせることで、過去の写真も表示して同じようにフィルターをかけなおしたりと同じことができます。あまり溜めすぎるとアプリのデータが大きくなるので注意です。

HarrisShutter HarrisShutter

HarrisShutter シャッターボタンのすぐ右にある設定ボタンをタップすると表示される画面です。グリッド表示はオンにしておいた方が良いと思います。またInstagramなど使う場合はマシカクに設定したりするのも良いかもしれません。また自動保存はオンにしておくと撮影したときに自動でカメラロールに保存されます。ギャラリーにも保存されますが、万が一が怖いという場合はオンにしておくと良いかもしれません。
 このアプリ自体やはり開発元がカメラアプリを熟知しているのか非常に安定して動作しているので撮っていて楽しくなります。
また面白いアイデアがあったらその場で使ってみたいして遊んでみたいと思います。