LINEで送る
Pocket

CameraBag 2 前作のCameraBagは古いアプリながらチョコチョコと更新して行ってくれてフィルターも面白いものを提供してくれました。そのCameraBagの続編の紹介です。前作と比較するとかなり操作方法が増え、より自由度が増えたアプリになっています。しかし操作方法が増えると複雑になるところですが、綺麗に操作がまとまっているので使いやすいアプリになっています。そしてなによりうれしいのが、追加でフィルターをネットからダウンロードできるところ。全部入れると多すぎて分からなくなりますが、そこは自分のセンスで使うようにそのフィルターを使ったサムネイルを一緒に載せてくれています。

サポートサイトは下記になります。
CameraBag Mobile – Award-Winning Photo Editing Software for iOS | Nevercenter
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
CameraBag 2 – Nevercenter Ltd. Co.[iTunes]

 iPad版は別にCameraBag 2 HD [iTunes]があります。Mac版CameraBag 2 [iTunes]もありますが、ここではiPhone版の方で紹介します。

CameraBag 2 注意点としては、カメラアプリは最初に起動するときに写真アルバムへのアクセス(保存で使用する)を許可しないと意図しないエラーが起きるので、必ず写真アルバムのアクセスを許可するようにしてください。またプッシュ通知の指定もあります。これは後から話すフィルターのところですが、新しいフィルターが公開されると通知してくれます。そのための設定です。
 アプリの操作としては、画面下部が操作の部分になります。画面下の左から、写真を撮る/取り込む、アスペクト比を変えるクロップとフレーム変更、中央がフィルター変更、その右はフィルターに付属するスタイルを変更するアイコンになります。そして一番右は保存やSNSへの投稿ができるアイコンになります。
 スタイルに関しては選んだフィルターによってその変更できるパラメータが異なります。露出であったり周辺減光だったりボケだったりでアイコンの上にあるスライダーがそのスタイルのかけ具合を調整する役目になっています(フィルターの強弱ではありません)。

 画面下の左から2番目のアイコンをタップするとCropとフレームメニューが出てきます。Cropは写真のトリミングで、アスペクト比(写真の縦横のサイズ)を変更できます。またフレームの中にもアスペクト比を変えるものがあります。Infinicamで見たようなフレームもあります。

CameraBag 2 CameraBag 2

 画面下の中央をタップするとフィルター一覧が表示されます。センスのあるフィルターが多数あります。そこから選ぶ事もできますし、写真自体を左右にフリックすることで順番にフィルターのかかった写真を見ることができます。またフィルターを選んだ後、写真の右下に更新アイコンが表示されます。そこをタップする度にフィルターは1つでもその中で変わっていきます(タップしていくと元に戻ります)。
 ここで面白いのは、フィルターを一覧で見た時に、一番下に文字が表示されています。オンライン上のスタイルライブラリからもっとダウンロードできるとあります。

CameraBag 2 CameraBag 2

 フィルターの一番下にある文字をタップするとスタイルライブラリの画面を表示します。この時はインターネットに接続している必要があります。ここでは古いフィルターもダウンロードできます。

CameraBag 2 CameraBag 2

 そしてスタイルライブラリの中に欲しいフィルターがあった場合は、タップするとダウンロードしてアプリに反映されます。そこはメッセージが表示されますが、すでに持っているものでも上書きしてくれるのでどれをダウンロードしてないかなどあまり気にせずどんどん入れて行って良いと思います。このスタイルライブラリは更新されるようで、更新された場合プッシュ通知をONにしておくとお知らせしてくれます。

CameraBag 2 CameraBag 2

 画面中央の右にあるのがスタイルで、これはフィルターとは異なる設定です。フィルター毎にスタイルで表示されるパラメータは異なっていて、その中のものを選択すると、画面下にあるスライダーを変更することでいろいろなパターンを変えることができます。ここを変更することで他の人とは違った雰囲気の写真に仕上げることができます。またスライダーはスライドさせると上にサムネイルが表示されるのもすぐ確認できて便利です。

CameraBag 2 CameraBag 2

 そして画面下の一番右にある保存・投稿アイコンですが、アイコンをタップすると出てきます。上から2番目のSave Photoで加工した写真が保存できます。また便利なのがSave Current Style。自分がフィルターを選んでスタイルやフレームを変更した情報を名前を付けて保存できます。そして保存したものはフィルターから呼び出すことができます。フィルターはA-Z順で並んでいるのですぐ見つけることができます。Restore Default Stylesは消したスタイルなどを最初の状態に戻す指定です。Share PhotoではTwitter、Facebook、Instagramに投稿ができますしメールに添付して送信もできます。

CameraBag 2 CameraBag 2

 そして最後に、これも便利な機能でフィルターが多いと感じた人がいるかもしれません。自分の気に行ったものだけあるといいのにと。それはフィルター一覧を表示したときに、不要なフィルターを長押しすると気に入らなかったら選択したフィルターを長押しすると削除やリネームすることができます。保存アイコンをタップしたときに追加した自分だけのスタイルも同じ要領で削除・リネームすることができます。

CameraBag 2 CameraBag 2

 多くのフィルターがあると自分だけのメニューにしたり自分だけのフィルターを作ったりしたくなりますが、その機能もちゃんとあり、以前のCameraBagよりもかなりグレードアップしたアプリになっています。正直、前のアプリは不要になるくらい便利になっています。
もちろん以前のバージョン同様、オリジナルサイズでの保存もできます。