LINEで送る
Pocket

Agenda Calendar 4 開発者(会社)はアプリを1度出してしまうと、どんなにすごいバージョンアップをしても最初の払った値段だけしか回収できないのがツライところです。使用者からしてみればとてもうれしいシステムですが、開発者は開発費を回収するには、ユーザーを増やしていくか、全く新しく作り直したら別アプリとして出すしか無いんですよね。ということで以前紹介したことのあるAgenda Calendarの新しいバージョンの紹介です。今回は250円⇒85円の値下げになった時点での紹介になります。過去に値上がりもあるので欲しかったアプリだった人はお早目に。

サポートサイトは下記になります。
Agenda – iPhone Calendar Application
App Storeでは仕事効率化カテゴリにあります。
Agenda Calendar 4 – savvy apps, llc

紹介ムービーも公開されています。

 このブログで以前のバージョンを紹介した記事は以下になります。
Agenda Calendar : 完成されたUI。縦横フリックで切り替え操作が気持ちいいiPhoneカレンダーアプリ


Agenda Calendar Agenda Calendarの良いところは、やはりユーザーインターフェースとシンプルなデザイン。
 バージョン4では、更に過去のバージョンを研究し必要と思われる全ての機能を実装したそうです。

 特徴としては以下のような機能が新しく盛り込まれています。
・ 位置情報が付加されたエンドレスなスクロールリスト表示
・ イベントフライアウトでイベントの詳細を瞬時に表示
・ 月表示でイベントごとにドットのインディケーターを表示
・ 月表示から日表示の切り替えで詳細を表示
・ 6ヶ月先を表示して将来のプランニングが可能

 操作方法などは紹介ムービーで確認できるので省略しますが、基本的にはジェスチャーを使って操作するアプリです。すべての表示モードで、右・左・上・下にスワイプして使用します。ちょっとしたところですごく便利になっています。
 月表示と1日表示が簡単に変えられるところ、そして私自身がこれは良いと思ったところは、他のアプリとの連携。
・ Apple のリマインダーをサポート
・イベント出席者に E メールまたは SMS を送信可能
・イベント作成時に仮のイベントを選択可能
Clear, Drafts, Due, OmniFocus, Scratch, Things と Todo などのアプリ にイベントを送信可能
・Google Maps や Chrome などをデフォルト設定可能
 ここらへんが他のカレンダーアプリに無かった機能だと思います。

Agenda Calendar 4 Agenda Calendar 4

 App Storeのコメントでは、バージョンアップで名前が変わっただけで新たに購入費用が発生して怒る人も見かけますが、例えば、リンゴを買って更においしくなったリンゴを無料でくれるというのは滅多にないことで、開発者も時間をかけて作っているモノなので、なにか改善されれば良いなと思います。ただそれを悪用する開発者も出てくるので、今のところはアップデートをアプリ内課金で行うなどが良いのかもしれませんね。

ビックカメラ.com