ステッカー・ファインド(Stick-N-Find) : 無くしそうなものに付けておけばiPhoneから見つけることができる便利な小型発信機。

 ここのところ会社では置き引きにあう被害を良く聞きます。気付いたらカバン丸ごと無くなってたということもあるくらい日本でもそういうことが頻繁に起きるようになったのかと残念に思いますが、やっぱりここは自己防衛しかありません。自分は置き引きには合わないと思っていてもいつ起こるか分からないので、今回紹介するステッカー・ファインド(Stick-N-Find)を購入しました。今はカバンの中と家の鍵に付けています。
 ペットを飼っている人などはペットがどこにいるか分かるように付けておくのも良いですね。あとよく家の中で無くすリモコンに付けたり、広い駐車場にとめてて見失った車の中に置いておくのも良いかもしれません。また普段カバンを持たない人は財布の中に入れておくのも良いかもしれません。アイデア次第で使い方はいろいろあります。2個セットですが2個じゃ足りないかも。

 ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)の紹介ムービーもあります。


 このステッカー・ファインド(Stick-N-Find)の特徴としてはとにかく小さい。薄い。そして電池で動作して1年(1日30分の利用)もつということで私は気に入りました。またAppBank Storeでは8月25日まで特別価格として通常6,800円が5,980円(送料無料)だったのも後押ししてくれました。色は黒しか販売していませんが、本家を見るとカラーバリエーションが増えてるため今後増えるかもしれませんね。


[AppBank Store] ステッカー・ファインド(Stick-N-Find) 黒 2個パック

 
 ステッカー・ファインド(Stick-N-Find) は2個セットで販売されていて、一緒にぶら下げたりするのに使えるアタッチメントも付いています。これは両面テープがすでに貼ってあるのですぐ使えます。

 そして届いたのがこちらです。

ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)

 中はこのようになっています。

ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)

 ペットボトルのキャップと比較してみました。やっぱり薄い。これから財布にも入ります。

ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)
ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)

 本体中身も開けることができます。電池はCR2016です。これなら自分で電池を買ってきて交換できます。なにより1年電池がもつのが良いと思いました。重さは4.5グラム。本体とiPhoneの通信範囲は150フィート(45メートル)と書いています。

ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)

 そしてアプリはApp Storeで無料で公開しています。
StickNFind
StickNFind – SSI America
 ステッカー・ファインド(Stick-N-Find) 本体とiPhoneとはBluetoothで通信を行います。機能としては、レーダー、ある範囲を超えるとアラーム、本体を探す時にアラームの機能があります。それと温度もアプリから見ることができます。日本語でも表示できますが、注意点があります


 本体をiPhoneアプリに最初に登録する際にステッカー・ファインド(Stick-N-Find)1つずつに名前を付けることができます。この時、日本語で登録を行うと失敗するので英語で登録してください。

StickNFind StickNFind

StickNFind スパイ映画に出てくるような画面ですが、これがレーダー画面になります。2個とも表示できますし、1つをタップすると右側に温度と電池容量が表示されます。そして左側の%表示はシグナルの強さになります。強ければ近くにあることを意味しています。メートル表示はありませんがラジオフィート表示はできます。
 レーダーの範囲は手動でも自動でも設定できます。画面上にある鳴らすは、ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)本体の音を鳴らすことができます。また鳴らすと同時にランプが点灯します。暗いところでは探すのに便利です。

 ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)のファームウェアもアプリからデータを送信してアップデートします。先日、アプリの更新があり、起動するとファームウェアの更新も一緒に行われました。その時は近くに置いておく必要があります。
 またレーダー画面の中央少し下の名前のところをタップするとまとめて見ることができます。最近見てないステッカー・ファインド(Stick-N-Find)を見ることもできます。

StickNFind StickNFind

リーシュはステッカー・ファインド(Stick-N-Find)とiPhoneの距離が離れた時にアラームを鳴らすことができる機能で、iPhoneだけ、ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)だけ、両方鳴らすことができます。

StickNFind StickNFind

StickNFind 探知アラートの機能は、最後に見つけたステッカー・ファインド(Stick-N-Find)の情報を見ることもできますし、まず目的はステッカー・ファインド(Stick-N-Find)を見つけることなので、監視をON状態にして探すことができます。見つかった時にはアラーム表示をiPhone側もステッカー・ファインド(Stick-N-Find)側もしてくれます。

StickNFind あと設定画面では日本語表示の設定や温度の単位、レーダーの単位が設定できます。レーダーの設定は、シグナルの強さとラジオフィートの2つしかありません。

 このアプリの要望としては、レーダーの方角が分かればもっと分かりやすいかなと思いました。方向があるとより早く見つけることができるかなと思いました。
 他には非常に満足で、探す時にしか使わないですが、いざというときに使えるなと思いました。
 あとは・・・ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)あと2個くらい欲しいなと思いました。違う色が発売されたらまた買いそうな気がします。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る