LINEで送る
Pocket

本日 日本時間3月18日午前2時からiPhone 3.0に関するイベントが開催されました。これは開発者向けの内容となりますが、3.0でどんな機能が含まれてくるのかiPhoneを持っている人には気になるところです。

2009031801

CNET Japan 日本語で見れます。
アップル、「iPhone 3.0」イベントを開催–発表内容をライブカバレッジ – CNET Japan
macwebcaster.com こちらではリアルタイムに同時通訳
本日の夜にはQuickTime ムービーに対応した同時通訳音声をアップする予定だそうです。
macwebcaster.com

engadget 英語ですが画像付きで見れます。
Live from Apple’s iPhone OS 3.0 preview event

Apple.com 動画が公開されています。
Apple – QuickTime – iPhone OS 3.0 Preview Presentation

iPhone OS 3.0のスクリーンショット
Engadget Japanese iPhone OS 3.0 screenshot

【今回の3.0はメジャーアップデートの内容】
・新しいSDKは1000個の新しいAPIを含んでいる。
・新しいビジネスモデルの採用。iTunes Storeを経由するが、アプリ内での購入が可能に。
 たとえばゲームの続きを購入可能にしたり、観光案内アプリの基本部分と都市別部分を別々に販売可能。
・Peer to Peer 接続。Bluetoothで識別し接続することが可能。
・iPhoneとアクセサリーが通信可能。
 外部スピーカーのイコライザーをiPhoneから制御したり、iPhoneのディスプレイからFMトランスミッターの制御が可能。
・地図APIを公開。開発者が開発するアプリに地図機能を内蔵することが可能。
・Push Notification サードパーティのサーバーがAppleを経由してiPhoneへPush Notificationを送る方法を採用。Push時には音が鳴りテキストで表示。iPhoneを展開する80カ国でこの機能が可能なように準備した。プッシュが来るのは嬉しいな?とくにこの写真を見ると通知文を見てそのまま返信できそうですね。

2009031802

・オーディオとビデオをHTTP経由でストリーミング可能。Firewall越えも可能。VoIP APIも搭載。AOL, MSN, Facebook IM アクセスをサポート。
・コピー&ペースト機能 やった?きた?(笑)
 本体を振るとアンドゥが可能。これもAPIでサポート。

2009031803

・Safari以外のメール、メモなどが横向きキーボードをサポート
・SMSが個別メッセージの転送と削除が可能に
・MMSサポート
・新しくボイスメモアプリ登場。音声をメールに添付して送ることが可能に
・カレンダーがCalDAVサポート
・検索範囲がシステム内のメモ・メール・カレンダー・iPodで検索可能(Spotlight)
・メモはMacとWinでiTunesを経由して同期可能に
・iPod nanoで採用されていたシャッフル機能がiPhoneとiPod Touchにも搭載
・Safarはフィッシング対策やログイン状態を保持したままにする機能を搭載
・YouTubeアプリでは自身のアカウントにログイン可能
・ステレオBluetooth
ディベロッパー用ベータは本日公開。

そしてiPhone OS 3.0は夏に配布予定。iPhone 3Gユーザーは無料アップグレード、iPod Touchユーザーは9.95ドルでアップグレード可能。

最後のQ&AでFlashのサポートに関しては、H.264があるからFlashの必要性は無いと言及。やはりセキュリティの面で不安要素を無くしたいという感じがしました。P2Pで音楽ファイルのストリーミングができたりと機能アップは嬉しい限りです。
新機種の発表は無かったですが、内容はてんこ盛りで大満足でした。で寝ます(笑)