LINEで送る
Pocket

トイカメラ - TiltShiftGen2 まさかこのiOS 7リリースのタイミングで!カメラ機能も大幅に良くなったタイミングで!この忙しい期末のタイミングで!出てくるとは思ってなかったです。しかし、カメラアプリが好きな人にとっては嬉しいものです。ある意味私自身はこのアプリを使ってみてiPhoneのカメラに挑戦していると感じました。なぜか?と言われるとiOS 7のカメラにはフィルタが8種類付きました。しかもリアルタイムフィルタです。そしてこのアプリでは9種類のエフェクトが付いています。しかもリアルタイムエフェクトが付いています。エフェクトもiPhoneのカメラとは違う、少し尖った感じのエフェクトが入っています。iPhoneのカメラを補間するというよりも対抗してるという感じを受けました。こういうアプリは大好物です。私がiPhoneでカメラにのめり込んだのも同じ開発者のアプリ ToyCamera [iTunes]でした。最初はランダムなエフェクトで撮ったタイミングでも気に入らないエフェクトだったりして結構使いづらかった。しかしそこで満足行く写真が撮れたときの感動がとても自分にとっては良かったなと思っています。

サポートサイトは下記になります。
Art & Mobile | for Good mobile applications
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
トイカメラ – TiltShiftGen2 [iTunes]

 なおアプリ自体はiOS 7専用となっており、iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み。となっています。

 アプリを初めて起動すると説明が入ります。シンプルな内容でもしっかりした写真でワクワクします。TSG2、トーキョーゲームショーではありません。

TSG2 TSG2 TSG2 TSG2

TSG2 そしてiOS 7でもiOS 6同様に注意点があります。最初にアプリを起動した時に写真アルバムにアクセスするときには、このメッセージが表示されます。これは必ずOKを押して許可してください。許可しないと保存できません。また詳しいところは過去に記事を書いていますので参考にしてもらえると幸いです。
iPhoneのカメラアプリで撮影してもカメラロールに保存できない時の対処方法

TGS2 操作に関しては、前作のTiltShift Generator [iTunes]に似ています。使っていた人は迷わないでしょう。画面の下のメニューを左から右に選択してくような感じで加工していくのが一番楽だと思います。
 画面下の一番左にはカメラとアルバムからの取込があります。カメラの機能に関しては後述します。
 そして選んだ写真を加工していきますが、まずはぼかしです。単に単焦点レンズで撮ったようなボケからミニチュア風写真に仕上げるチルトシフトの加工もここで行えます。円形、楕円形、線形、なしから選択できます。写真上に枠が表示されるので2本指で大きくしたり小さくしたり、そして画面の右下にあるスライダーを操作してぼかしの範囲を決めることができます。
 ただかならずこのぼかしは使う必要はありません。

 そして尖った印象を受けたエフェクトですが、iPhoneのカメラのエフェクトには無いエフェクトです。どれも個性があるような感じです。ただ他のアプリを使っていてエフェクトの数が少ないと思った方、次があります。エフェクトに加えて色調を変更できます。

TSG2 TSG2

TSG2 色調では、鮮やかさ、明るさ、強弱、周辺減光とトイカメラの機能では欲しい要素が入っていますし、ミニチュア風の写真を作りたい場合は、ここで鮮やかさを強調すると結構作りやすくなります。
 私自身、TiltShift Generator [iTunes]の時は、この色調の変更が好きで、この部分だけ使うためにアプリを使うということもありました。今回もまた同じように使うことがあると思います。

TSG2 設定は画面右下の完成ボタンをタップするとその上に設定アイコンが表示されます。
 設定画面では、画像の保存サイズを指定できます。
 保存サイズは640×480の軽いものからオリジナルサイズまでサポートしています。オリジナルサイズサポートはやはり嬉しいです。
 そして効果音。なにげにカチって音が好きです。
 そして前回作業をしていたときの状態に戻してくれる復元機能もあります。

 そして最後にカメラの機能ですが、リアルタイムエフェクトが付いています。そしてマシカク写真に切り替えるアイコンもありiPhoneのカメラにも同様の機能があるだけに対抗している感じがしました。また全体的にはフラットになってiOS 7に違和感なく馴染んでて使いやすいです。

TSG2 TSG2

 ちょっと普通の写真に飽きた方はトイカメラというちょっと変わったエフェクトの写真を作ったり撮ったりしてみてはいかがでしょう。