LINEで送る
Pocket

Camera 寒くなったと思ったら暑くなったりと、まわりでかなり風邪をひいている方が増えてきました。もう通勤時にはマスク着用です。いい加減季節通りに涼しくなって欲しいと思う今日この頃です。今回の写真はまだiPhoneケース展に行った時の写真も1枚しかありませんが、写真は相当撮ってます。ゆっくり加工していきたいと思っていますが、最近またiPhoneでの写真撮影が楽しくなってきました。秋の景色もどこかに(時間があれば)撮りに行きたいと思っています。

 最初はそのiPhoneケース展の中でiPhone 5sで撮った写真です。初代のiPhoneが被写体です。背景のボケは自然とできたものとアプリの影響です。使用アプリはCameraBag 2 [iTunes]。やっぱり初代iPhoneということもあり、少しセピア色に仕上げました。アプリの方もフィルターがどんどん追加されるので楽しみなアプリの一つです。
CameraBag 2 : 前作を超えるセンスのあるフィルターの数々を備えたiPhoneカメラアプリ。フィルターは追加で無料ダウンロード可能。

1st iPhone

 次は、駅での写真です。これもiPhone 5sで撮影しました。偶然というか、地面を撮っていて(癖になっている方も多いかもしれないですが)シャッターボタンを押しっぱなしにしてまして、バーストモードで撮れてしまった写真の中の一枚です。丁度靴の部分にフォーカスが合って他はブレてくれるというラッキーな写真になりました。ボカシ部分に関してアプリは使用していません。使用アプリは写真共有アプリ(サイト)のEyeEm [iTunes]です。本当にこのアプリ世界対応をしていて、日本語版もしっかりFacebookで有志が集まって日本語の修正をしています。フィルターも厳選されていて良いのでアップロードする時に使っています。
EyeEm : モバイルフォトグラファーのための写真共有SNSアプリ。フォローしなくても多くの人に投稿した写真を見せれるシステムになりました。

Step

 次は、iPhone 5で撮っていた写真を使っています。撮影アプリはMPro [iTunes]で撮っています。そして2枚の別どり写真をJuxtaposer [iTunes]を使って合成し、更にSnapseed [iTunes]でモノクロのエフェクトをかけています。合成は根気のいる作業ですが、人の形だと意外と楽です。
MPro : 高品質なモノクロ写真が撮れるiPhoneカメラアプリが登場!リアルタイムプレビューに高画質保存。モノクロ好きには超オススメです。
iPhoneで画像加工 ペタペタ写真が貼れるJuxtaposer
Snapseed : 斬新で直感的な操作性、写真を更に引き立たせたい時にオススメのiPhone写真アプリ

Under world

 お次の写真は、上の写真と同じ方法ですが、上の写真では位置を変えた2枚の写真でしたが、こちらは大きさを変えた写真です。人が小さくなっているのが分かると思います。撮影アプリはMPro [iTunes]で撮っています。そして2枚の別どり写真を、こちらもJuxtaposer [iTunes]を使って合成し、更にSnapseed [iTunes]でモノクロのエフェクトをかけています。そしてアクセントとしてLensLight [iTunes]を使っています。

Small world

 そして、お次も同じアプリの組み合わせです。この写真自体は、壁側は普通の店舗だったのですが、地面と歩いている人だけ残して、あとはごっそり消して、模様のある写真を入れてみました。撮影アプリはMPro [iTunes]で撮っています。そして2枚の別どり写真を、こちらもJuxtaposer [iTunes]を使って合成し、更にSnapseed [iTunes]でモノクロのエフェクトをかけています。

Street photography

 Juxtaposer [iTunes]を使った写真は海外でもよく見かけますが、アイデア次第で面白い写真が出来上がります。
 今回は撮るよりも加工に時間のかかった写真の紹介でした。