LINEで送る
Pocket

 これを見つけた時に正直、ニンマリしました。iOS 7になってから、カレンダーアイコンは当日の日付と曜日が更新され、時計アイコンもリアルタイムにアナログ時計が動いてくれます。あと欲しいものとしたら、西暦?元号?月?しかし、アプリとして登場できない理由があります。Appleから言わせると似ているものは間違う恐れがあるからダメ。これは良く聞く話です。
 今回ご紹介するのもアプリにはできずにWebアプリとして公開してくれたものを紹介です。
 これが現在の私のホーム画面です。一番左上に平成25年の10月のアイコンがあります。すぐ確認できるので便利です。

Webアプリ

 これはアプリではなく、Webアプリになります。


 
 種明かしはこちらのブログを見てください。
【Webアプリ】 ホーム画面で現在の年や月がわかるアイコンカレンダー(iOS7対応)を公開しました – Gorokuma Diary

 Webアプリの場合、指定したアイコンをホーム画面に置くことができます。その方法を使ってこのカレンダーを実現しています。すばらしい!このページにあるリンクをiOSデバイスからタップして先に進むと設定することができますが、記事の内容を読むといろいろ苦労されていることが分かります。

Webアプリ Webアプリ

 なお、書かれていますが、アイコンメモ [iTunes]の作者さんで、iOS7のSafari周りのバグによって本アイコンをホーム画面に追加すると、それまでに追加したアイコン(Webアプリ)が別のものに置き換わることがあるそうです。(4つ以上追加すると発生するようです)その時は再起動することで直るそうです。

 iOS 7用のページもあり、そこでホーム画面に追加するとアイコンがホーム画面に表示されます。ちなみに文字色の変更もできてしまいます。

Webアプリ Webアプリ

Webアプリ ホーム画面に置かれたアイコンをタップすると設定用のページが開きます。この時、Safariで開いているのでインターネット接続が必要です。
 また元号だけではなく、西暦や、月などの組み合わせていろいろな表示方法が選択できます。アイコンをタップすると、そのアイコンがホーム画面になります。
 なお注意点として自動更新はできないので、月表示しているときは月が変わった時に一度アイコンをタップしてSafariでページを開き直す必要があります。そこだけはWebアプリなので仕方ないですが、それ以上にすばらしいと思います。
 アプリとして出ることは無いと思います。そしてAppleからも出ることはないと思うので、このWebアプリは重宝します。
 作者さんに感謝!