LINEで送る
Pocket

GlassMov 写真に現在地の地名や天気、時間などを表示して写真として保存できるアプリがありますが、ライフログとして記録するのにとても便利だと思います。そして写真だけではなく動画でもそのようなアプリがあると便利かなと思って見つけたのが今回紹介するアプリです。天気や場所の表示が自動でインターネットから取得して表示し、写真にも動画にも記録することができます。更に音楽を入れてSNSなどに投稿などの機能もあり、マシカクサイズだけでなくHDサイズでも保存ができます。また動画だと時間でカットができたりマシカク動画にも簡単にできるので、Vine [iTunes]Instagram [iTunes]などにも投稿して見ることができると思います。

サポートサイトは下記になります。
Facebook : GlassMov
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。iPhone/iPadに最適化されたユニバーサルアプリになっています。
GlassMov – Photo & Video – iFacies

 この動画はこのアプリで作成したものです。フィルターも入っていますし、音楽も初めから数種類入っておりそこから選ぶだけで自動で音楽をフェードアウトしてくれます。

GlassMov 最初にこのアプリを起動すると、説明画面が実際の画面の上に表示されます。操作自体も簡単で、写真・動画をその場で撮るか、すでに保存している写真・動画から選択することができます。実際にこのアプリはインターネットから天気や現在位置などのデータを取得しますが、データが更新されると音が鳴るところが分かりやすいですし、いたるところで親切な設計になっています。

 写真と動画に関してフィルターや天気などのスキンは双方で同じものを使うことができます。ただ写真は単にエフェクトやスキンを選んで保存、もしくは投稿という操作になります。操作自体も簡単で、写真を表示したら上下左右のスワイプ操作でスキン(天気や居場所)の表示を変更することができます。写真の下にはエフェクトの切替サムネイルがあるので左右にスライドさせて選択するという方法になります。また画面右上にある歯車のアイコンをタップすると、サイズの変更(マシカクがそれ以外かの指定)やスキン自体のアルファ値やフィルターのかかり具合も調整できます。終わったら右上のNEXTをタップして保存、もしくは共有することが可能です。

GlassMov GlassMov GlassMov

GlassMov 動画の場合は、ワンクッションあり、動画のカット指定ができます。どこからどこまでの動画を使用するか、時間も幅を調整して選択することができます。
 あとの操作は、写真とほぼ同じで、動画なので書き出しに少し時間がかかる程度のものになります。
 音楽の指定はこのアプリに初めから入っている曲だけでなくiPodに入っている曲からも指定することができます。音を指定しないこともできます。

GlassMov GlassMov GlassMov

 実際にマシカクで作った動画がこれになります。

GlassMov そしてこれは写真にも動画にも共通しますが、スキン(天気や居場所)の文字は表示色を変えたり、テキスト文字を変えたり、場所をドラッグで移動したりすることができます。ここらへん自分でカスタマイズできるところが良いと思いました。
 テキスト文字に関しては右寄り、左寄り、中央の指定もできます。
 なお写真や動画は最初の画面にタイル状に並べられていつでも簡単に呼び出すことができます。全体的な設定は、最初に表示される画面の左上をタップして表示されるところに、デフォルト値の設定を行う設定があります。どのカメラ(イン・アウト)を使うか、音楽はミュートか、オリジナルは保存するかなど簡単な英語の単語で書かれているので分かりやすいです。またスキンの気温の単位(℃/?)、場所は英語オンリーかどうかなどの指定ができます。
 それと動画のクオリティはLow/Mid/Highの3種類から、写真のクオリティは1024/1600/2400の指定が可能です。

 意外といろんな指定ができるので、あまり凝ったライフログ的な写真や動画は必要なく簡単なものをささっと作って保存したりこのアプリから投稿したりするのには便利だと思いました。下の動画もほんと数分で出来てしまいます。

 RoadMovies [iTunes]とはまた違った記録の方法として活用しようかなと思います。