LINEで送る
Pocket

 私のTwitterで使用するiPhoneアプリがTwitterfon→Tweetie→Twittelator PROに変わっていってるのですが、その間に知ったInstapaperというiPhoneアプリ。全くノーマークだったのでこれを知った時には嬉しかったです。InstapaperアプリはSafariでブックマークしたWebページを保存してくれるアプリです。PCではブラウザから、iPhoneからはSafariブックマークレットを使いInstapaerに取込ます。
 そしてそれがWebでも使えるということを検索して知りました。
ウェブ閲覧の ToDo リスト、Instapaper | Lifehacking.jp
 Lifehackingさんところはいつも見てたつもりだったんですが、この時はWebだけの話だったんでSBMあるからいいやでスルーしちゃったかもしれません。これでパソコンからとiPhoneからのあとで読むが一緒というのが嬉しいところです。

Instapaer

サポートサイトは下記になります。
Instapaper on the iPhone and iPod touch
App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
Instapaer Free [iTunes] (無料版)icon
Instapaer PRO [iTunes] (有料版)icon
WebサイトのInstapaerは下記になります。
Instapaper
Free版とPRO版の違いは下の表で分かりますが、とりあえず私はInstapaer Freeで十分そうでした。

Isntapaper

Instapaper このInstapaperを使うには、InstapaperのWebサイトで登録(Register)する必要があります。E-mailアドレスを入力して登録します。パスワードは後からWebサイトの方で設定することができます。アカウントが登録したら使えるようになるのでiPhoneの方のInstapaperの右上にあるSettingボタンでアカウント登録します。


Instapaper そしてこのSettingの Add articlesの中にある Install"Read Later" in SafariをタップするとSafariが起動します。Safariが起動されているWebページを+ボタンをタップして、一旦ブックマークします。


Instapaper そしてブックマークした文字を編集するため、そのブックマークを編集します。ブックマークを開くボタン(本を開いたようなマーク)をタップして左下に表示されている編集を押し、追加したブックマークの編集を行います。URLの部分のhttp://? javascript:の前の文字まで消して修正完了です。


Instapaper あとは、自分が見ているWebページを保存したい場合には、そのInstapaper:Read LaterをSafariのブックマークから呼び出すと、Safariのページが一旦切り替わりSavedの文字が表示されたら完了です。同じWebページを再度同じ事を行うとUpdateと表示されます。
 iPhoneからInstapaperを起動するとWebページが見れます。(表示されない場合は左下の更新ボタンをタップして更新してください)PCからも同じものが見れます。PCからは読んだら消すというオプションもあります。


 ブラウザ自体もInstapaperに内蔵しているので、Safariに切り替わらずに見に行けるのは便利です。

Instapaper Instapaper

Twitterfon→Tweetie→Twittelator PROのレビューはまた後日で。