Pocket

iTunesの更新後、起動できなくなった!MSVCR80.DLLがないため?APSDaemon.exe システムエラー?などなど。 iTunes 11.1.4が公開されたというタイミングで、私のWindows 7 PCにも更新通知が届きました。更新はiTunesだけ。深刻な脆弱性を多数修正しているということで早速そのままアップデートをしてみたところ、異常が起きました。まず更新通知からそのままアップデートしたところ、権限がないとかいうエラーで、無視ボタンを押すしか先に進まなくなりました。仕方なく無視ボタンを押して進むとインストールが完了します。

 次にiTunesを起動します。起動時にメッセージ表示で「MSVCR80.DLLがないため、プログラムを開始できません。」ここで普通ならMSVCR80.dllのラインタイムならマイクロソフトからダウンロードできるし、大丈夫。と思いましたが、世に出すもので果たしてそんな単純な事なのかとちょっと検索してみました。
iTunes msvcr80.dllがないためプログラムを開始でませんの解決方法
 アンインストールと再起動がポイントということで、一旦iTunesをアンインストールし、再起動しました。


 再起動直後は今度は違うメッセージが表示されました。

APSDaemon.exe システムエラー
コンピューターに MSVCR80.dll がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。

 しかし共通して言えるのはMSVCR80.dllです。これをマイクロソフトのサイトからダウンロードはとりあえず置いておいて、このAPSDaemon.exeが何か調べたところ、 iCloud関連のようです。確かに私は、iTunesの他iCloud、Apple Software Update、Bonjour、Apple Application Support、Apple Mobile Device Support などApple関連のソフトをインストールしています。そしていろいろ調べたら海外で情報が出ていました。
apsdaemon.exe missing msvcr80.dll and…: Apple Support Communities
 これを見る限りとにかく関連ソフトをアンインストールしてから再起動、そしてiTunesのインストールという回答になって終わっています。

 ついでにWindows Vista、Windows 7、または Windows 8 から iTunes およびその他の必須のソフトウェアコンポーネントを完全にアンインストールする方法というのがAppleに上がっていたので紹介します。
Windows Vista、Windows 7、または Windows 8 で iTunes およびその他のソフトウェアコンポーネントを削除および再インストールする: Apple
 ただデータに関しては削除しない人もいると思いますので、この中にあるフォルダ単位での削除は気を付けた方が良いです。私は残したままにしました。

 これを実行する前に試しにMSVCR80.DLLをマイクロソフトからダウンロードしてインストールしてみましたが結果は同じくダメでした。

とにかく、最初はiTunesだけアンインストールしましたが、今回はこの5つのアンインストールを行います。(最終的には6つ)

  • iTunes
  • Apple Software Update
  • Apple Mobile Device Support
  • Bonjour
  • Apple Application Support (iTunes 9 以降)
  •  そして、Windowsを再起動します。
     次は「APAgent.exeのエラー」が表示されました。これはAirMacに関連するファイルだそうです。はい。使ってます。ということでこれも削除します。そして再起動します。入れている方はアンインストールが必要です。

  • AirMac
  •  再起動をするとエラーが出なくなったので、iTunesをダウンロードします。
    Apple – iTunes – iTunesを今すぐダウンロード

     インストールしたところ無事iTunesもエラー表示されることなく、起動できるようになりました。しかし全部のApple関連のソフトウェア全部に影響あったとは・・・。とりあえず一件落着です。

    HP Directplus オンラインストア