LINEで送る
Pocket

Vine 昨年からUstreamやYouTubeを見るようになり(テレビは見なくなりましたが)、今年はInstagramでは写真動画をiPhoneで作って投稿したり、Vineでは6秒という短い時間でも見れるのでハマって見ていたりします。特にVineの6秒動画は短いだけに余韻が残って、思い出し笑いや、そこでのフレーズが耳に残っていたりして見終わった後も楽しめます。Vineを見ていると6秒というのが計算されたかのような感じを受けてしまいます。

サポートサイトは下記になります。
Vine
App Storeではソーシャルネットワーキングカテゴリーにあります。
Vine – Vine Labs, Inc.

 昨年のベストがYouTubeで見れます。元は6秒の動画が入れ替わりなのでテンポが早く意味すら分からないものもありますが面白いものも混じっています。

 Vineのアプリでも投稿はできるのですが、編集したものを送るには別のアプリが必要ということで、早く公式アプリの方も対応して欲しいところなのですが、私はVineは撮るよりも見る方中心で、特にこれから紹介するMarcus Johns のファン?でとにかくハマって遡りながら見ています。ここでは私が面白いと思った彼の作品のほんの一部を紹介します。

音は画面の左上のアイコンをクリックすると出ます。

 まだまだVineの中では面白い人がたくさんいます。日本ではまだまだ知名度が低く日本人も少ないですが今からやれば世界で有名な人になれるかも!