LINEで送る
Pocket

SmokeFree - 禁煙しよう! 以前禁煙補助アプリの禁煙階級というアプリを紹介しました。それで数か月禁煙が出来ていて健康診断では正常値になり医師から喫煙に関して何も言われなくなって、このまま行けると思っていた矢先に、先輩から喫煙所に誘われ、いつのまにか吸ってしまい、今は1日の本数はかなり減って一桁にはなりましたが、でもまだ食後に吸ってたりします。禁煙外来とかお金かかりそうで、失敗する人も多いということで、アプリ代だけでなんとかまたやってみようと先ほど思って使い始めたアプリの紹介です。

サポートサイトは下記になります。
noidentity – smokefree

App Storeではヘルスケア/フィットネスカテゴリーにあります。iPhone / iPad両方に対応したユニバーサルアプリになっています。
SmokeFree – 禁煙しよう! – noidentity gmbh

 タバコを吸う立場から見ても歩きタバコをしている人を見かけると気分が悪くなります。恐らくタバコを吸わない人にとっては歩きタバコしている人も同じ喫煙者というククリに見られているんだろうなと思ってしまうわけです。でそこを考えるとやっぱり禁煙しようにたどり着きます。

SmokeFree - 禁煙しよう! このアプリで気に入った点は、まずシンプルなデザインで現状が分かりやすいこと。そして気分によって色を変えることができること。タバコを我慢した本数のタイミングで休憩ができることです。
 設定を行うとすぐ禁煙のデータが反映されて、一目でデータが分かるようになっています。そして日本語で表示してくれます。またタバコの本数だけでなく、節約したお金の額も表示されます。
 この円グラフは動いているので、自分が今どの状態をチャレンジしているのかも分かります。

SmokeFree - 禁煙しよう! 最初に設定する画面は、画面の左下の歯車アイコンをタップすると表示されます。禁煙するぞと意気込んでしまって、つい吸ってしまっても落ち込まないように。この画面では、一番下にいまからがあり、タップすると今からまた開始することができます。挫折して落ち込むよりも良いと思います。
1日あたりのタバコの本数、1箱あたちのタバコの本数、1箱のタバコの値段、タール量、開始日が指定できます。

 表示画面は2ページ目があり、右にスライドさせると画面が表示されます。健康回復のステップとしてどういう過程で進んでいるかというのがこれまた円グラフで状態を知ることができます。

SmokeFree - 禁煙しよう! SmokeFree - 禁煙しよう!

SmokeFree - 禁煙しよう! そして実際に使っていて良いなと思ったのは、色を変えることができることで、その時に自分がどんな状態だったのか色を変えてみるのも面白いかなと面白いかなと思いました。強烈に吸いたい時、色を赤に替えてみるとか穏やかな色に替えて落ち着かせるなど。
 また簡単にFacebookやTwitterに現状を報告できるのも良いと思いました。アプリからそのまま現状どのくらい画面していくら節約しているかという情報を投稿できます。

 本当はタバコをやめたいと思っていながら吸ってしまうことは喫煙者ならあると思います。続けるためにアプリを活用してみるのも手かもしれません。私はこのアプリをトップ画面に置きました。タバコが吸いたくなって休憩したときにこのアプリのアイコンを見て吸った気になるというのも良いかなと思いました。

マウスコンピューター/G-Tune