LINEで送る
Pocket

EyeEm 東京はあいにくの雨模様でしたが、EyeEmのメンバーがドイツから2年ぶりに来日ということでMeetupが開催されました。前日にもイベントが朝まで行われていたのですが、EyeEmのメンバー3人お昼過ぎに中目黒にあるImpossible Project Space Tokyoで合流、そして参加者も雨の中多くの方が集まり、私も2年ぶりに彼らに会うことができ、楽しいひとときを楽しみました。

EyeEmを知らない方には何?と思われるかもしれませんが、iPhone / Androidのアプリで提供されている写真投稿SNSサービスで世界展開しています。ただ日本語もアプリではきちんとサポートされているので英語の壁はありません。Flickrよりも敷居は低いので気軽に始めることができます。投稿されている写真を見るとInstagramよりもどちらかと言うとアートよりと感じられるかもしれません。マシカク写真にとらわれない自由な枠で写真が共有できますしEyeEmが主体となってミッションとしてコンテストのようなものも開かれています。
またアプリについてはこのブログでも紹介させていただいています。
EyeEm : アプリから簡単に写真を投稿できる!世界中からアーティストが集まる写真共有SNSアプリ。

アプリは無料でダウンロードしてアカウントを作成して使うことができます。
EyeEm – 写真フィルターカメラ – EYE’EM


EyeEm そんなEyeEmのCEOのFloさんをはじめ、日本語が通じるGenさん。そして今回初めて会うSeverinさんの3人が来日してMeetupを開催してくれました。
 今回は名前が分かるようにネームシールを貼って交流をしながら写真を撮る形でした。説明しているのがSeverinさん。EyeEmのメンバーはイケメンが多いです。

 そして左がGenさん、右がEyeEm CEOのFloさんです。サービスを作っている方々が本当に楽しんでいるというのがEyeEmの良いところだと思っています。

EyeEm

 フォトウォークは普段見慣れた街並みを撮りながら歩いて行くのですが、その過程でのコミュニケーションというのがとても楽しく、言語の壁があってもなんとかなります。今回私はアイテムを持って行ったのですが、Floさんから大笑いされました。iPhoneだけでなくiPadやAndroidにも取り付けられる魚眼レンズです。魚眼レンズと言っても接写も結構できるんですね。顔に近づけると面白い写真が撮れます。そこで変顔写真を撮って大笑いしました。

 ただ雨なので後半はカフェで全員で写真のこと、カメラのことを話したりくつろげる時間でした。写真が好きだとカメラも好きになるんですね。とても楽しい時間です。ここでも魚眼レンズが活躍します。

EyeEm Meetup

 最後は、同じタグで投稿された写真の中からFloさんが選んだ写真を撮った人にEyeEmのTシャツが贈呈というイベントで、私も最後にいただきました。前々から欲しかったので非常にうれしかったです。
 ただ楽しい時間はあっと言う間で、カフェで一応解散ということで終わりました。しかし言葉が通じなくても目を見るだけでなんとなく分かるんですよね。しかし、もう少し英語を勉強したいなと思いました。これは仕事でというわけではなくただ伝えたい/聞きたいというところからです。今回はヒアリングは結構できたなと思っているので次はトークできるように鍛えたいと思います。

Meetup

 しかしせっかくEyeEmを通してつながったので、また近いうちにEyeEmのメンバーが来なくても日本でEyeEm Meetupしたいねということで、春くらいにやりたいですね~。いろんな人に声かけて開催が決まったらまたここで告知したいと思います。