UP by Jawboneの後継 UP24 by Jawbone早速購入レビュー(2)

UP24 by Jawbone

 UP24 by Jawboneレビューの2回目になります。今回は開封からアプリの使用感までレポートしたいと思います。
ます箱ですが、これはUP by Jawboneに比べて小さくなっています。余計なものを省いた感じでシンプルになっていて、中には充電用のUSBケーブルと本体、そして保証書と薄い説明書になります。保証書は壊れても1年間は保証が効くのでかならず取っておきましょう。
 Up by Jawboneは満タンに充電してから10日間はもちましたが、UP24 by JawboneはBluetoothに対応したことから満タンに充電してから7日間もつということで実際にバッテリーのもちは減りました。ただ実際の生活において1週間ごとに週末などで充電することが多いので、ここはあまり気になりません。

UP24

 充電はキャップを外すとイヤフォンの端子と同じ形状の端子が出てくるので、それを付属のUSBケーブルに挿して充電します。ただ本体は無くしてしまいましたがUPのUSBケーブルとUP24のUSBケーブルと比較してみてみるとUP by Jawboneの端子よりも細くなっているようなので以前のものは使えないようです。満充電までの時間は80分になっています。

 セットアップに関しては、まず充電をしてから、iPhoneにアプリをダウンロードして起動します。

UP by Jawbone
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
現在の価格: 無料


 アプリを起動するとUP24を探してくれるので簡単です。以前UPを持っていてアカウントを作っている方は同じメールアドレスで登録すると以前のアカウントがそのまま使えますし以前のデータが残っています。
 なにより無線でここらへんの設定ができるのが非常に便利だと思いました。

 そしてアプリの方ですが、私がUP by Jawboneを無くして使わなくなってしまったアプリもかなり改良されていました。やはりこのアプリの良いところは食事の入力が日本語に対応しているところです。いちいち入力しなくてもチェーン店などの食事のメニューはある程度入っていますしそれを活用できます。

 このUP24に期待するところとしてはUPと共通ですが、運動、睡眠、食事の記録です。あとこれも大事な要素ですが、指定した時刻近辺の眠りが浅い時にバイブレーターで起こしてくれるところです。iPhoneのアプリでも睡眠の浅い時間に起こしてくれるアプリがありますが、ベッドでなければならないとか、ベッドの上にiPhoneを置いておかないといけないなどの制約があります。UPなら腕に付けておくのでその制約はありません。

 実際にアプリでは時系列で縦方向に毎日記録されていき、タップすることでその詳細を見ることができます。睡眠の状態や歩数など毎日どのくらい寝て歩いているかということがすぐ分かります。

UP by Jawbone UP by Jawbone UP by Jawbone

 そしてUP24 by Jawnoneの良いところはBluetoothでiPhoneと通信するので、わざわざ同期する必要もなく、アプリで見たときにすぐ反映されています。

UP by Jawbone UP by Jawboneとは変わっているところはありませんが、毎朝のアラーム設定、仕事中全然動かない時間が1時間を超えるとバイブレーターでお知らせ、あと寝る時間をお知らせするリマインダーを私は使用していますが、とても便利です。生活リズムを作るのにとても便利な機能です。
 生活リズムを守りながらも何か目標を持ってみるのも良いと思います。私は毎日の歩きで10,000歩を課していますが、それをクリアすると気持ちいいです。また睡眠もどれだけよく寝れたかで次の日の調子をチェックできます。
 多分今の私には必要なデバイスでしょう。次はアプリを中心に1週間使った感想を書きたいと思います。

UP24 by JawboneはApple StoreやAmazonでも販売されています。日本で購入される分にはサポートされるようになりました。
UP24 by Jawbone – Apple Store

Jawbone UP24 by JAWBONE - PERSIMMON (SMALL)
Jawbone UP24 by JAWBONE – PERSIMMON (SMALL)
メーカー:ジョウボーン・Jawbone
参考価格:¥17,280
価格:¥17,280
Jawbone UP24 by JAWBONE- ONYX (LARGE)
Jawbone UP24 by JAWBONE- ONYX (LARGE)
メーカー:ジョウボーン・Jawbone
参考価格:¥17,280
価格:¥17,280

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1. CP+の余韻も残っている中(撮りためた写真が多いという意味で)、一番の成果はMomentのiPho…
  2. 天気にも恵まれた2月25日土曜日。明日まで開催のBankART Studio NYKで行われている…
  3. やっと週末が来たということで、待ちに待ったCP+に行ってきます。今回はフォトウォークなどする予定は…
  4.  2月23日からパシフィコ横浜で行われているCP+(シーピープラス)2017。昨年は行けず、今年はな…
  5.  cheeroの商品と言えばモバイルバッテリーで有名ですが、このcheeroの商品の中でも個人的に気…
  6.  先日、会社で自分のブログを検索してみたところ、気になる文字がありました。  確か以前のWordP…
  7.  もう病気か?と思われるくらい同じ形のケースを色違いで購入しております。ただ安いのでそこまで出費が・…
  8.  この時期にサクラ?と思われる方もいるかもしれませんが、神奈川県 松田町の松田山ハーブガーデンに少し…
  9.  iPhoneやiPadで起動時に表示する壁紙、MacやPCで常にデスクトップを飾る壁紙、その時の気…
  10. 以前紹介した手帳に磁力の力ではさめる筆箱、ペンケースのペンサム(PENSAM)に新しい形のものが2種…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る