View Source ? HTML, JavaScript and CSS : iOS 8 のSafariで見ているWebページのソースコードをすぐ見せてくれるSafariのエクステンション。対応しているアプリを使うとSafariがどんどん便利に。

View Source iOS 8で便利になったところはいろいろ紹介していますが、Safariもかなり使えるものになったのではないでしょうか?Safariで見ているページをTwitterやFacebookに投稿だけでなく、インストールしているアプリにも投稿できるようになりました。Evernote [iTunes]Pocket [iTunes]など後で見る系がアクティビティとして登録できるようになりました。そしてもう一つSafariのアクティビティでは2行目にもあります。このSafariのエクステンションは、対応しているアプリを入れるとSafariがさらにパワーアップします。今回は、このエクステンションに対応した「Safariで見ているWebサイトのページのソースコードが簡単に見ることができる」アプリの紹介です。自分のサイトのチェックなどにも使えると思いますし、他の綺麗なサイトのソースコードなども見ることができます。

サポートサイトは下記になります。
View Source – HTML, JavaScript and CSS | Steal my Code
App Storeではユーティリティカテゴリーにあります。
View Source ? HTML, JavaScript and CSS – Paul Hudson

以下は紹介ムービーになります。


View Source アプリ自体は非常にシンプルです。アプリを起動するとブラウザのような画面が表示されますが、ここにURLを打ち込むとWebページではなくソースコードを見ることができます。ただこれだけでは面白くありません。ただのサンプルコードを実行しているかのようなものです。

 それでは本来の使い方を行うために、最初に設定を行う必要があるので紹介します。アプリをダウンロードした後の設定になります。
View Source まずSafariの一番下のメニューの中央のアイコンをタップするとAirDropやメッセージ、メールTwitterやFacebookなどのアイコンが表示される画面が出ています。ちなみに1行目には一番右にいくと「その他」というアイコンがあるのでそこをタップすると、インストールしているアプリでこのエクステンションに対応しているアプリは表示させることができます。私のiPhoneでは、Evernote [iTunes]Pocket [iTunes]LinkedIn [iTunes]Flipboard [iTunes]Tumblr [iTunes]OmniFocus 2 for iPhone [iTunes]が登録できるようになっています。
 しかし今回のメインは2行目の方です。こちらも一番右に行くと「その他」があります。

 
 ここで、エクステンションにチェックを入れると上と同じようにアイコンが表示されて使えるようになります。

View Source View Source

 ちなみに(また脱線してしまいますが)ここにあるアプリで1Password [iTunes]は、このアプリに登録されているログインが必要なサイトであれば、Safariで呼び出した後エクステンションで呼び出すと。マスターキーワードを入力するとログインIDとパスワードが自動で入力されます。コウビルド英英和辞典(米語版) [iTunes]とウィズダム2 (ウィズダム英和・和英辞典 2 [iTunes])はSaariで単語を選択している状態でエクステンションを呼び出すとその意味をアプリで表示してくれます。Screenshot(Awesome Screenshot for Safari [iTunes]はWebサイトのスクリーンショットを撮る事ができるアプリです。このどれもが呼び出せるとともに、終わったら、Safariの画面に戻れます。これが便利です。

 そして本題に戻ります。2行目にアイコンが表示されるので、これをタップするとSafariの画面が切り替わります。

View Source View Source

 さらにこのアプリでは、テキストコピーも可能ですし、メールで送る事もできます。そしてテーマ選択で色も変えることができます。

View Source View Source

 そして画面左上のDoneをタップするとまたSafariに戻るので非常に使い勝手が良いです。

 こんなエクステンションもApp Storeで検索すると出てきます。前回のWidgetは検索キーワード自体翌日即パクられたので、その方には教えたくないところですが、「Extension」(Extentionでは無いので注意)で検索すると出てきます。ただ前回のWidgetと被るアプリもあります。
 Safariも超絶便利になったのが嬉しいですね!

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る