私の使っているiPhone 6 のバッテリー容量や通信量の状態が分かるアプリをご紹介。

iPhone 4 私のiPhone 6 128GBモデル。絶賛絶不調で、先日朝、Ustreamアプリで放送を見ていたら突然ブルー画面になり、再起動。初めての体験でした。全面ブルーの画面に真ん中に横線一本。その後しばらくしてリンゴマークの起動画面。今までは強制リセットなどは多々ありましたが、今回のケースはiPhone 3G以来初めての事。焦りましたが無事復活しました。ただ、iOS 8.1で128GBモデルはなんかヤバそうというニュースが海外でも流れているので、次の8.1.1?あたりで直らなかったらApple Storeに行こうと思っています。
 こういう記事を書きましたが、これはほんの序章に過ぎず、今はホーム画面1ページ目にメモを置き、すぐ起きた現象を書けるようにしています。ただそれ以上にiPhoneは使っていて便利なので、使い続けます。
iOS 8.1にしてもバグは当然あります。私が遭遇しているバグ4つを紹介。Appleサポートにも問い合わせてみました。

 ということで、上の記事にもありますが、強制リセット以外でも問題はあったりで、今の私の抱えてる問題は2つ。バッテリーの減りが激しい事。そして気付いたら3日で1GB制限や1ヶ月7GB制限問題で、先月はApp Storeアプリだけで3.3GB使ってました。モバイルデータ通信はOFFにしていたのですが、Wi-Fi時に復元開始して、外に持ち出したのが原因かもしれません。

 今回はバッテリーと通信量に限定したユーティリティアプリの紹介です。

バッテリー容量

 ちまたでは、バッテリー消費を抑える方法というのでiPhoneの機能を止めて消費を抑えるという方法が出ていますが、個人的にはそんなことやってたら不便と思うようになったので、あまり参考にしません。それに困ったときにはモバイルバッテリーあるし、iPhoneの機能は思う存分使いたい。それよりもどんな操作をしたら減ったのかとう方を知っておきたいのでアプリで確認だけすることにしています。ただここらへんをチェックするアプリを入れすぎると本末転倒になってしまうので、1つか2つ多くて3つ程度にとどめています。

 最近のオススメバッテリーはこちら。ボタンの位置が変わって使いやすくなりました。ただ普段の通勤は以前紹介したこのハーモニカタイプをカバンに入れています。

Anker Astro E4 第2世代 13000mAh モバイルバッテリー 2ポート 急速充電可能 【5V/2A電源アダプタ付属】 iPhone6/6plus/5s/5c/5/iPod/iPad/iPad Air, Air2/iPad mini, mini2, mini3/Xperia/GALAXY/3DS/PSVita/ウォークマン等対応【PowerIQ搭載】

 そしてバッテリーの容量チェックはこのアプリを使っています。


バッテリーウィジェットを統計
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ?\200

 これの良いところは、シンプルなところ。使用可能時間がすぐ分かるというところです。さらに横にスライドさせてグラフのページに行くと、バッテリーが1%減る放電スピードやフル充電からの持続時間の平均を出してくれます。フル充電にかかる時間も表示してくれるのはうれしい。さらにウィジェットにも対応したグラフ表示で、現在からの推測で何時まで使えるか分かるところです。それよりもバッテリー消耗が激しければ、それまでに使っていたアプリが消費したのかと特定できます。

バッテリーウィジェットを統計 バッテリーウィジェットを統計

バッテリーウィジェットを統計 そしてこのアプリのウィジェット表示はこのようにグラフも付いて表示されます。
 ぱっと見て何時までなら大丈夫ということが分かります。
 リフレッシュと書かれているボタンをタップするとグラフが更新されます。

 ちなみにこのアプリの下に表示しているウィジェットは以前紹介したシステム情報全般をウィジェットに表示してくれるアプリです。こちらは予想ではなくiPhoneでこれだけ湯量が残っていたらできることが一目で分かるようになっています。ただ実際には異なっているのが分かります。

通信量

 バッテリーの容量に関しては、モバイルバッテリーで対応できるので、それほど深刻ではありませんが、通信量は以前3日で1GB制限を喰らって書いた記事でもお分かりのようにお客様満足度1位のソフトバンクでは、ほぼネットが使い物にならないくらいの制限で怒りすら覚えたのでかなり深刻です。制限で使い物にならない仕打ちをすれば、そりゃ制限かかってない人からは満足度1位も取れるでしょ。アプリはウィジェットも含め3つでチェックしています。

 今月の使用量がグラフで一目で分かります。とくにモバイル時には7GB制限をセットでき、今日の使用量、予測使用量も分かります。Wi-Fiの方も分かるのでiPhoneでだいたい月どのくらいのデータを使用しているのかも丸わかりです。

My Data Manager My Data Manager

 グラフ表示もモバイル、Wi-Fi、ローミングで分かれて表示でき、マップ表示では場所ごとに表示され、ポイントをタップすると、そのポイントでどのくらい使ったかも分かります。

My Data Manager My Data Manager

 
 そしてもう一つは3日間での1GB制限対策として使っています。


通信量チェッカー
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

 こちらはモバイルデータ通信量のみを取得しWi-Fiの通信量は記録されません。ただ重要な、直近3日間の通信量が表示できるので、役立っています。表示の細かいPROモードとシンプルモードがあり、グラフ表示や表形式の毎日の通信量も見ることができます。

通信量チェッカー 通信量チェッカー

 設定ではキャリアの指定、請求の締日の設定もでき、更にアドバイスもくれます。

通信量チェッカー 通信量チェッカー

 ただこれらのアプリではウィジェット表示がないため、ウィジェット表示ができるこのアプリも使っています。


Data Widget
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ?\200

 こちらはモバイルデータだけの表示で、アプリの画面自体はとてもシンプル。しかし分かりやすい。使用量と現在の日のグラフで自分のモバイルデータ使用量のペースがわかります。ウィジェット表示も一目で分かって気に入っています。設定項目は、月・日・週での通信量表示切替や、開始日(1~31日)、制限量、アラームの指定もできます。

Data Widget Data Widget

 本当はこういう通信量のチェックをしないで済むような環境があればいいんですが、制限ばかり設けるようになって、速さばかり気に向かっているような。それよりも気にしなくていい速度もそこまで速くなくていい無制限がいいですね。

 通信量アプリに関してはこのようなかわいい女性向けなアプリもあります。


STOP通信制限!通信量チェッカーで通信料節約! for wifi & 3G LTE
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  2.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  3.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  4.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  5.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  6.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  7. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  8. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  9.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  10.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る