ProCamera 8 + HDR : 機能満載の万能カメラアプリ。マニュアル操作も搭載。これ一つあればいろんな写真が撮影できます。動画も撮れます。

ProCamera7 このカメラアプリは、Camera+ [iTunes]の影に隠れて、あまり目立たないまでも、コツコツと機能を積み重ねてきたアプリという印象が強いです。ただ知っている人もいらっしゃると思いますが、海外では有名なカメラアプリになり、コンテストの協賛なども行っています。iOS 8対応ではマニュアル撮影もサポート。これが非常に使いやすくできています。フィルターなども多数用意されていますが、このアプリは撮影に使って欲しいカメラアプリで、撮る人の立場を考えてくれているカメラアプリです。

サポートサイトは下記になります。
ProCamera – Simply excellent photos on your iPhone – Home
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
ProCamera 8 + HDR – Cocologics

 現時点(2014年12月10日20:30時点)では通常400円300円のセールを行っています。またiPad版も同じくセール。こちらは800円300円となっています。


ProCamera HD
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ?\300




 さらにもう一つ。EyeEmと一緒にフォトコンテストも開催されています。募集期間は2015年1月15日まで。受賞者への通知は2015年2月5日に行われます。詳しい内容に関しては下記のリンクを参照ください。日本語で記載されています。
2014年ベストショット大賞 ? 提供: ProCamera & EyeEm

EyeEm

 なお投稿はEyeEmに行うのでEyeEmアプリが必要になります。


EyeEm – 無料カメラ&フォトフィルター&写真コミュニティ
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料



ProCamera 操作方法については、まずファインダーのフォーカスと露出は2本指を使う必要はありません。枠が表示されたらドラッグして移動。最初に移動するのはフォーカスになります。フォーカスと露出が離れたらそれぞれ指定して撮影することができます。
 このとき、フォーカス、露出の部分を指で長押しするとロックさせることができます。なお2本指はズームのときにピンチアウト操作で使うことができます、
 画面の下には一番左のサムネイルをタップすると写真アルバムを呼び出し、そこから編集することができます。その右にある左右の矢印は、タップするとカメラを切り替えることができます。ビデオ、普通のカメラ、HDR、ナイトカメラ、QRコードを読むカメラに切り替えることができます。但しHDRに関してはアプリ内課金で有料になっていますが、このブログでも紹介したことのあるHDRのアプリのvividHDRがアプリ内で使うことができます。
 このvividHDRのアプリはいろんなHDRアプリの中でもかなり良い出来のカメラアプリです。それが内部で使えます。
 そして中央がシャッターボタンで、その右は手ブレ防止で、タップするとシャッターが切れますが、手ブレしているときにはシャッターが切れません。止まったときに撮影されます。この手ブレ防止かセルフタイマーをこの位置に持ってくることが可能になっています。
 そして一番右はカメラの設定になります。高速連写や、グリッド表示、ヒストグラム、セルフタイマーなどなどいろいろな機能が詰まっています。

ProCamera ProCamera ProCamera

 設定も使いやすいようにいろいろ変更するオプションが多くあります。ボリュームボタンをシャッターとして使うか使わないか位置情報を保存するかどうかなども設定できますし、露出優先にするとか、手動フォーカスの設定、自分撮りには便利なセルフタイマーもLEDを点滅させて知らせる機能、フォーカスロックの指定なども可能です。

ProCamera ProCamera ProCamera

 そして撮影時のマニュアル撮影方法も、実に簡単にできています。画面上部にある3か所の部分(左からシャッタースピード、露出補正、ISO感度)をタップすると、シャッターボタンの上にスライダーが表示され、そこを左右にスライドさせて調整できます。

ProCamera ProCamera ProCamera

 このカメラアプリの中の写真アルバムを開く(画面左下のサムネイルをタップする)と編集ができます。編集では、ワンタッチで変更できるフィルター(一部アプリ内課金のものもあります)、写真の回転やトリミングに微調整ができます。トリミングに関しては、縦横比率を変えたいとき(例えば3:4を4:3にしたいときなど)はもう一度タップすると変更できます。微調整に関しては、写真内をスライドさせることで変更できます。

ProCamera ProCamera ProCamera

 海外でも使っている人が多いこのカメラアプリで世界にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る