Picsee : 手間をかけずに気の合う仲間達とだけ写真を共有できるアプリ。登録は簡単。利用は無料。保存容量は無制限。

Picsee

 新しい形の写真共有サービスが始まりました。と言っても現段階ではiPhoneのみですが、Androidでも2015年春ごろにリリースされるそうです。このサービスどんな写真共有サービスかというと、アプリで撮った写真、動画(最大10秒)がその場で許可している人達と共有ができるというアプリ。更にその写真に対してメッセージのやり取りや、お気に入りにしたりもすることができたり。仲間だけで写真を共有。
 アプリの中のカメラロールが友人・家族・恋人などと指定したグループ毎に自動で共有できると思ってもらえると早いと思います。iCloudでも共有は可能ですが、共有という指定をしなくてはいけません。InstagramやFlickrなどにわざわざアップしなくても撮ったそばから仲間の撮った写真と自分の撮った写真両方を見ることが出来ます。
 以前似たサービスでAdobeのGroupPixというアプリで写真共有ができるサービスがありました(その前にもいろいろありました)。これは今年12月にサービスが終了し、それまではEyeEmのMeetup時の写真など参加したみんなで見てたりしていましたが、アップロードする手間がありました。それが無くなったタイミングでこのサービスが登場し、しかもGrouPixよりもお手軽で無料ということでフォトウォークなどのイベントで公の場に出したくないような写真をみんなで見る時に使えそうです。
サポートサイトは下記になります。
Picsee.言葉よりも速く、たくさん伝わる



 iPhoneのカメラロールは個人の閉じた世界であり、Instagramなどは不特定多数の方へのオープンにした世界。その中間にPicseeはあって、不特定多数の人に見せる必要がないけど手段がなかった仲間とその時間を共有できる写真共有サービスで、より楽しく使えるアプリ(サービス)だと感じました。

Picsee このサービスを使うのに必要なのは、アプリをダウンロードして、Facebookのアカウントでログインして完了。電話番号などの登録は不要です。1度ログインしたらログアウトはありません。ただログアウトが無いと、気になるのは、iPhoneを交換したらどうするの?ということがありますが、ここはアプリ内で引き継ぎ登録としてFacebook登録やメールアドレス登録で引き継ぎができるようになっています。
 アプリが使えるようになったら、グループを自分で作って知り合いを招待することで、そのグループの中で知り合いと写真を共有することができます。共有する写真は、iPhoneのカメラロールではなく、アプリの中のカメラロールなので、iPhoneの標準カメラで撮影した本当に誰にも見せたくない写真は共有されることはありません。
アプリの中のグループのカメラロールが共有できると、撮った写真をお気に入りにしたり、その写真でチャットをすることもできます。さらに気に行った写真は自分のカメラロールに保存することもできますし、iPhoneのカメラロールにある写真をアップロードしてこのアプリのグループに投稿することもできます。

Picsee Picsee

 このアプリのカメラからグループを選択して撮影するとすぐにそのグループに共有されます。カメラ機能にはエフェクトやスタンプなど楽しめる機能はありませんが、無音撮影(サイズは小さくなります)やムービー(最大10秒)撮影、撮って加工したりした写真をこのグループにアップロードすることも可能です。このアプリのカメラで撮影した写真を、設定からiPhoneのカメラロールに同時に保存することもできます。

Picsee Picsee

Picsee 左のスクリーンショットで、各グループごとにカメラアイコンが付いてるのが分かりますが、ここをタップするとこのグループに写真を共有するということになります。さらにグループを間違えて作ったとか、削除したいというときは、このグループのところを左にスライドさせることで「設定」が表示され、このグループの削除(自分で作ったグループの場合)や脱退、メンバーの追加ができます。このグループの背景も変更可能です。

Picsee グループに知り合いを招待したい場合、実際に近くにいれば、QRコードで招待させることができますし、グループIDで追加してもらうこともできます。他にも遠く離れた人達にも参加できるようにFacebook Messangerやメール、SMS、URLで招待することが可能です。
 例えは、EyeEm Meetupのようなフォトウォークを行ったときに、集まった人だけで見れるカメラロールを作ってその場でグループに参加してもらったり、いろんな場所で一斉に行われるイベントをPicseeのカメラロールで共有したりすることが可能です。
 また他にも面白い使い方ができると思います。これを書いてるときに私も一つ浮かんで、これはやってみようと思うことがありました。アイデア次第で面白い使い方ができるのもこのアプリ(サービス)の良いところだと思います。

 アプリの中のグループのカメラロールの中では一括して選択して削除操作などもできますし、他のグループへ写真をコピーしたりすることもできます。追加されたら通知という機能もあります。

Picsee Picsee

 このアプリを使ってみて思ったのは、カメラ機能については、機能をアプリに追加していくのではなく、できるところは他のアプリに任せて(例えば加工や落書きなどを付加した写真)、最終的にこのアプリにアップロードできればいいというところのシンプルさ。普通に撮るとiPhoneのカメラロールにフルサイズで保存されるところも後々作品として仕上げるような写真の時にも使える便利さ。そして何より全く関係ない人に見られることが無いプライベートや写真共有というところで気に入りました。EyeEm Meetupやフォトウォーク、知人との集まりなどでこのアプリは非常に使い勝手の良いアプリになりそうです。まだ残念ながらiPhoneだけしか対応していませんが、Androidも多いのでぜひ早く対応して欲しいなと思いました。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  更新もかなりのご無沙汰になりました。仕事も大忙しの中、写真を撮りに行く余裕は無いものの、通勤の行き…
  2.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  3.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  4.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  5.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  6.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  7.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  8.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  9.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  10. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る