Thule Subterra iPad Air スリーブケース : 保証期間25年のiPad用ケース。セカンドバッグ的な使い方もでき、まさかの落下でも安心できそうなケース。

  • 2015/1/3
  • Thule Subterra iPad Air スリーブケース : 保証期間25年のiPad用ケース。セカンドバッグ的な使い方もでき、まさかの落下でも安心できそうなケース。 はコメントを受け付けていません。
Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース

 iPhone 6を元旦に落下させ、強化ガラスを割るということが起きましたが、それを予知していたわけではなく、年末にiPad Air 2用として、以前、比較的に安い強化ガラス保護フィルムと、カバー付きのiPad Air 2用ケースをレビューしました。
iPad Air 2用強化ガラス保護フィルム(1,600円)レビュー
ShineZoneのApple iPad Air 2専用強化ガラスフィルム購入。値段の割に良かったです。
iPad Air 2用カバー付きケース(1,680円)レビュー
iPad Air 2買う気は無かった状況から一転して購入からの~安い専用保護ケースレビュー

 これでは心もとないということもバッグに入れてて少し感じたので、バッグにいれるためのバッグ。としてだけでなく、ちょっと出かける時に持ち出せる落としても安心なバッグを探していてたどり着いたのが、このThule (スーリー)のスリーブケースSubterra (サブテラ)でした。Thule (スーリー)といえば、アウトドア関連で有名で保証期間25年という自信も持って製品を出している会社なので安心して使えると思いました。またiPad Air 2だけでなくiPhone 6やその他バッテリーなどの小物を入れて持ち出すときにも使えるかなと思って発売されたタイミングで購入しました。

Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース CS5044 TSSE-2136 GRAY
Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース CS5044 TSSE-2136 GRAY
メーカー:Thule
発売日:2014/11/26
参考価格:¥5,940
価格:¥5,940


 もうすでに年末に届いてからiPad Air 2を持ち出すときや、iPhoneとバッテリーだけ持って出るときなどに使っていますが、適度な硬さと柔らかさというか、これなら手から落ちて地面に落ちても中身は安心かなと思わせるバッグになっています。

 チャックの部分にはフックのような柔らかい素材のものが付いていて、穴に通すことはできますが、引っかけたりすることはできません。ここにカラビナなどがあるとベルトなどに固定させることができます。2つあるので、安定度も高いと思います。私はまだベルトに固定はしていませんが、そのままセカンドバッグみたいに脇に挟んで持ち歩くかカバンに入れて持ち歩いています。

Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース

 このスリーブケースのiPad Air 2を入れるところは、ジッパーで全部開いてしまうわけではなく、上面がU字型に開くようになっているポケットタイプになります。なので入れやすいですし、取り出しやすい構造になっています。全部開いてしまうと逆に入れにくいのでこの形はとても気に入りました。
 そしてなによりうれしいのが、iPad Air 2にケースとカバーを付けた状態でもスッと入るところ。Smart Coverを装着したiPad Airの収納に対応しているとのこと。

Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース
Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース

製品の特長としては以下のようなことがあげられます。
・iPad Air® + Smart Cover®にフィット (iPad Air 2も問題無かったです)
・プラッシュ裏地付きで、iPad®を傷つけることなくスムーズに出し入れ可能
・エッジを包むフォーム素材のパッドが保護性能をさらに強化、ハードウェアの側面や角をしっかりとガード
・すばやく開閉できる使いやすいジッパープル
・摩耗に強く防水加工を施したツートン・オックスフォード素材
・Thuleロゴには反射素材を使用
Thule Subterra iPad Air®用スリーブ – Thule

 アクセサリーを収納できるジッパー式のポケットがあります。スライダー部分にはちゃんと紐が付いていて開けやすくなっています。

Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース

 ここにどれぐらい入るのかはすでに確認済みですが、iPad Air 2を入れた状態で試してみます。iPhone 6は余裕で入ります。

Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース

 ただ、あまりiPad Air 2を入れて、iPhone 6を入れることは無いので、実際に使用しているときに入れるもので試してみます。以前紹介したWiMAX 2+のモバイルルータ NAD11とiPad Air 2充電できるモバイルバッテリーRAVPower第三世代 Deluxe 15,000mAhを入れてみます。各々の製品の紹介レビューはこちらになります。
BIGLOBE WiMAX 2+に加入。モバイルルータはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11のレッドにしました。
RAVPower モバイルバッテリー : 自動的に機器を検知、機器に適した電流を流すiSmart機能搭載の15,000mAhの大容量バッテリー

Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース
Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース

 モバイルルータのNAD11が薄いので、そのスペースにケーブルも入れることができます。そしてジッパーを閉じるとこのようになります。

Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース

 閉めることには問題ないですが、見た目はちょっとパンパンに見えます。引きで見るとこのようになります。

Thule Subterra iPad Air Sleeve (サブテラ) iPad用スリーブケース

 ただこれで何度か外に持ち出していますが、不満はありませんでした。むしろいろんなものが取り出しやすいので使いやすかったです。
 普段はケーブルとモバイルルータを入れておいてそのまま持ち出すか、カバンに入れるかという形で使っています。ちょっと高い買い物でしたが25年保証ですし、他の用途でも使えるので買って良かったです。

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1. CP+の余韻も残っている中(撮りためた写真が多いという意味で)、一番の成果はMomentのiPho…
  2. 天気にも恵まれた2月25日土曜日。明日まで開催のBankART Studio NYKで行われている…
  3. やっと週末が来たということで、待ちに待ったCP+に行ってきます。今回はフォトウォークなどする予定は…
  4.  2月23日からパシフィコ横浜で行われているCP+(シーピープラス)2017。昨年は行けず、今年はな…
  5.  cheeroの商品と言えばモバイルバッテリーで有名ですが、このcheeroの商品の中でも個人的に気…
  6.  先日、会社で自分のブログを検索してみたところ、気になる文字がありました。  確か以前のWordP…
  7.  もう病気か?と思われるくらい同じ形のケースを色違いで購入しております。ただ安いのでそこまで出費が・…
  8.  この時期にサクラ?と思われる方もいるかもしれませんが、神奈川県 松田町の松田山ハーブガーデンに少し…
  9.  iPhoneやiPadで起動時に表示する壁紙、MacやPCで常にデスクトップを飾る壁紙、その時の気…
  10. 以前紹介した手帳に磁力の力ではさめる筆箱、ペンケースのペンサム(PENSAM)に新しい形のものが2種…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る