iPhone 6 World Gallery : iPhone 6で撮影(Shot on iPhone 6)の広告を原宿まで見に行ってきました。感動!

Shot on iPhone6

 今週3月2日にAppleのサイトで、ワールドギャラリー iPhone 6で撮影が公開され(海外ではShot on iPhone 6)、私のTwitterアカウントの方では、自分でも宣伝をしたせいか、その日から海外の方々から東京タワーの写真の目撃情報が毎日飛んできて、モントリオール、シンガポール、シカゴ等、まだ行ったことのない場所で展示されている写真を見て喜んでいました(おかげで寝不足)。ただ目の前で見ないと実感が湧かないということで、やっと休みになったので、都内で広告のある(展示されている)場所に行ってきました。場所は明治神宮前駅の近くで東急表参道原宿店のちょうど道路を挟んで反対側、明治通り沿いになります。

 海外の写真を見てるとビルの屋上にあったりもありましたが、日本だとそんな規模は無いだろうと、せいぜい部屋に飾れるくらいのポスターサイズかなと思っていたんですが、大間違いでした。デカッ!って感じで、シンガポールの写真の同じくらいの大きさ。高さ2メートルくらい。今までこんなに引き伸ばされたiPhoneの写真は見たことがないです。しかも上には照明も付いてて夜にはライトアップするみたい。夜にも来たいと思いました。Shot on iPhone 6
 ただ、残念なことに、ここに写真家らしい人とモデルらしい人が居てポートレート写真を撮っているようで、空気を読んでくれないというか写真を撮ろうとしても避けてくれないので、仕方なく写真の中に入れました。iPhoneの写真を背景にちゃんとしたカメラでポートレート撮影って変な感じですが、海外の人への写真も撮って、帰りは少し引きで道路挟んで撮っていたら、iPhoneの広告写真をスマホ(iPhoneかも)で撮っている人や、中学生っぽい子達が集まって見てるのを見て、非常にうれしかったです。

Shot on iPhone 6

 一応、海外向けに動画も撮る事に。編集一切なしです。

 私が聞いた展示場所は、もう一つあり、渋谷駅。歩いて行くことにしていましたが、やはりお礼をしないとということで、Apple Store 表参道店へ。ちょうどMacBook Airのケースを買おうと思っていたこともあり、寄ってみました。

Apple Store 表参道店

 ケースを物色してると、やっぱり寄って来てくれる気さくなスタッフ。こういうのが実は嬉しかったりします。ちょっと目を付けてたMacBook Air用のケースを見てみると、サイトで見るよりもかっこよかったので購入。

Acme Made 13" Skinny Sleeve for MacBook Pro/MacBook Air
Acme Made 13″ Skinny Sleeve for MacBook Pro/MacBook Air

 店員さんに、このケースMacBook AirにSpeckのケースを付けているけど入りますか?と聞いたら、もしかしたら入らないかもという話で、実際にAppleのサイトでも入らないようなことが書いてあったので、Speckのケースは、使うときだけ付けようと思い購入しました。このスリーヴケースかなり気に入りました。

Acme Made 13" Skinny Sleeve for MacBook Pro/MacBook Air

 そして会計の際に、ちらっとスタッフに、iPhone 6で撮った写真のことを話して、東京タワーの写真とかどうですかね?とか聞いて(いやらしい奴です)結果的に自分の写真です。ありがとうございますと言ったら、スタッフがまたスタッフを呼んで、そこでがっちり握手。握手ってなんか力が湧いてくるというか、言葉よりもズシンと来ますね。嬉しかったです。自分の撮った写真をApple Storeのスタッフが覚えててくれてると思うと嬉しいことこの上無いです。

東横線・渋谷スーパーボード その後、渋谷駅に広告があるかどうか見に行ってみました。東急東横線だそうで、地下4階。はっきり迷った事が自覚できました。ここでの展示は1度改札を入って、地下4階の東横線と田園都市線をつなぐコンコースに行かないと出会えないということで、場所を駅員さんに教えてもらい、行ってみましたが、まだテレビ番組の広告でした。
東横線・渋谷スーパーボード
 この場所のフラットプレートに貼られるそうですが、おそらく、もう一度行けと言われたら、また迷う恐れがあります。展示されたら見に行きたいところです。しかし人が多くて、こんなところに貼ったら目立ちすぎと思いました(広告だから当たり前ですね)。

 実際、目の前で大きな自分の撮った写真を見るという事はもう無いかもしれないので、しっかりと写真を撮ってきました。もしかしたらまた撮りにいくかもしれませんが、iPhone 6の写真がここまで引き延ばしても見せれる写真だということに驚きでした。普段見れない風景の写真もあるので見ていて本当にギャラリーにいるようで楽しいと思います。お近くの方はぜひ見てみてください。

Shot on iPhone 6

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 今回のこのシリーズは2017年の写真になります。(つまり今年最初のこのシリーズになります。)今年に…
  2.  ライトニングケーブルってカバンの中に入れておくとグチャグチャになることってよくあります。輪ゴムなど…
  3. iPhoneで写真を撮る時に、固定してしっかり撮るスタイルもあります。例えば花火など手持ちで撮ると…
  4. CP+の余韻も残っている中(撮りためた写真が多いという意味で)、一番の成果はMomentのiPho…
  5. 天気にも恵まれた2月25日土曜日。明日まで開催のBankART Studio NYKで行われている…
  6. やっと週末が来たということで、待ちに待ったCP+に行ってきます。今回はフォトウォークなどする予定は…
  7.  2月23日からパシフィコ横浜で行われているCP+(シーピープラス)2017。昨年は行けず、今年はな…
  8.  cheeroの商品と言えばモバイルバッテリーで有名ですが、このcheeroの商品の中でも個人的に気…
  9.  先日、会社で自分のブログを検索してみたところ、気になる文字がありました。  確か以前のWordP…
  10.  もう病気か?と思われるくらい同じ形のケースを色違いで購入しております。ただ安いのでそこまで出費が・…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る