私がiPhoneで写真を撮る時にやっていること ~ iPhoneで綺麗に桜の写真を撮る方法。

iPhoneで撮る方法 桜の時期になりました。最近は桜の下で写真を撮る人も増えてきた気がします。ただiPhoneで撮ってる人は少ない気がします。ということで今回私がiPhoneで桜を撮る時にやってる撮影方法を書きたいと思います。簡単に人に見せたいとき、ちょっと凝りたいとき、などに分けて書いています。アプリや外付けレンズもあったら雰囲気が変わって面白いです。

【天気が良い日】

 天気が良い日は、正直なにも考えなくて良いです。撮りたい桜を見つけたら、画面に入れて、ピントを合わせたいところをタップしてシャッターを切る。余裕があれば、いろんな視点で桜を撮って見ても面白いと思います。下の写真は私が通勤途中に見かける桜で、時間が無いこともあり、撮るのに約1分程度。構えて撮る余裕はありませんが、天気が良いとタップして撮るだけです。

Sakura Sakura

 通勤時ではなく、余裕のある休憩時間や休みの日などは他のアプリやコンバージョンレンズを使ったりしてます。
Sakura ここでは以前紹介したMomentのテレレンズ(2倍の望遠)とアプリもMomentのものを使って撮っています。フォーカスと露出がマニュアルで指定できるので、テレレンズを使ってちょっと高い所にある桜を撮る時に使っています。あとボケが好きというのがあります。Momentのテレレンズとワイドレンズを持っていますが、正直テレレンズなんて使わないだろうと思っていました。ですが、ちょっとアップで撮りたい時など結構あり、桜ではテレレンズ大活躍しています。Momentのアプリ(Moment App)は、レンズが無くても使えます。そしてTIFFで書き出してくれるので綺麗。(1枚30MBになるので容量は注意)
【レビュー記事】
Moment Lens (2) : iPhone 5/5s/6/6 Plusに付け可能な高性能コンバージョンレンズを実際に試してみました(写真編)。


Moment – Photo and Video Camera
カテゴリ: 写真/ビデオ
掲載時の価格: 無料


 ちょっと雰囲気を変えたい時に便利なアプリはこちら。桜をターゲットにしたアプリではないかと思うくらいよく合います。フィルターも春っぽい感じがしますし、自分で調整することも可能です。


Analog Tokyo
カテゴリ: 写真/ビデオ
掲載時の価格: ¥120


Analog Tokyo Analog Tokyo

 このアプリを使った写真です。撮影は時折雨が降るくらいの曇り空だったのですが、ここまで明るくできます。

Sakura Sakura

【天気が悪い日】

 天気が悪いくもりの日は、正直なところ桜がある場所に行っても撮る気が起きないかもしれません。(iPhoneは防水ではないので雨の日は濡らさないように気を付けてください。)
iPhoneのカメラ しかし、iPhoneの標準のカメラアプリでもなんとかする方法はあります。左のスクリーンショットにあるようにiOS 8からタップした後フォーカスの横に太陽のアイコンが表示されますが、ここを指で上下に移動させることで、露出を変えることができます。上に行けば明るく、下に行けば暗くなります。ここを変えれば、暗い桜でも明るく撮れます。ただこの時、タップして太陽のアイコンを上にスライドさせて露出を上げても次に撮る時に戻ってしまいます。

iPhoneのカメラ そんな時どうすれば続けて撮れるか。タップしてフォーカスを合わせていたところをタップではなく、指で長押しすると露出とフォーカスがロックされます(画面の上にAE/AFロックの文字表示)。
この状態になると、後は太陽のアイコンを上にスライドさせて露出をあげて、シャッターを押して写真を撮っても、ロックされた状態のままで元に戻ることなく続けて撮る事ができます。
 またAE/AFロックした状態であれば、露出を変えてもロックが外れることはなくそのまま撮影できます。たた画面をタップするとロックは解除されるので、露出だけ変えたい時はスライドさせるように画面に触れてください。

 この露出を変えるだけでどのくらいiPhoneの標準カメラで撮った写真で違いがあるのかを見てみましょう。左がタップしただけの写真です。右は明るさを変えたものです。iPhoneの標準カメラだけ使って撮っています。左の写真だとちょっと人に見せてもなって感じですが、右ならそのまま見せても良いかなと思います。

Sakura Sakura

 これを見て分かると思いますが、すでに撮って(捨てたかもしれない)暗い桜の写真もiPhoneで写真を見ているときに上に表示される編集機能で露出を変えることが可能です。もし暗い写真を持っていたら(残していたら)編集機能で露出を上げてみて下さい。死んだ写真も蘇ります。
 そして天気の良い日でも使っているMoment Appも露出を変えることができます。それで曇りの日に撮影してもこのようにはっきり撮る事ができます。

Sakura

【桜撮影の他の楽しみ方】

 ここからは余談になりますが、桜を見に行って綺麗な桜の写真を撮ることだけを考えずに、ただそこにあるからいろいろ使って撮るという事も面白いと思います。
 【花見の場所では無さそうな所で撮影】
 渋谷駅前に桜があることを知りませんでした。ハチ公のそばです。広角レンズで撮りましたがなんか花見という感じではない場所で不思議でした。

Shibuya x Sakura

【モノクロで撮る】
 桜と言えばピンク色で華やかなイメージですが、そこをあえてモノクロで撮る。また違った見方ができるかもしれません。

MPro

 使っているモノクロカメラアプリはMPro。こちらもTIFFで出力できるので、とてもきれいです。


MPro
カテゴリ: 写真/ビデオ
掲載時の価格: ¥240


【マクロで撮る】
Macro iPhoneのカメラにはマクロ機能はありませんが、他のメーカーから出ているマクロレンズを使って撮っても面白いです。また桜だけでなく、春ということでいろんな花々が咲き始めています。そういう花々もマクロで近くまで(数cm)寄って撮って見るとまた今までとは感じの違う花が撮れると思います。
 機会があったらぜひ試してみてください。
 私が使っているマクロレンズはGIZMONのものを使っています。今は安価なものも出ているので、そちらで試してみる方が良いかもいしれません。ただクリップ式の方がケースの影響がないので便利です。

GIZMON スマートフォン/タブレット用クリップ式マクロレンズ SMART CLIP MACRO(マクロ) GIZ-SC-MAC

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  更新もかなりのご無沙汰になりました。仕事も大忙しの中、写真を撮りに行く余裕は無いものの、通勤の行き…
  2.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  3.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  4.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  5.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  6.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  7.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  8.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  9.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  10. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る