Apple Watchのある暮らし:カメラリモート : iPhoneのカメラをリモートから操作。自分撮りや集合写真も確認しながら撮れます。

Apple Watch

 Apple Watch、iPhoneほど使う頻度は高くはないですが、何かしたいときに仕事以外でもピンポイントで使えるので、休みの日でも朝起きたら身に着ける習慣にしようと思っています。そうすると、今度はiPhoneを家の中のどこに置いたか忘れるときももしばしば。そんなときはApple Watchからグランスを開いて一番左にあるアプリで、iPhoneの音を鳴らして見つけています。いろんな周辺機器がいらなくなる⇒シンプルになるなと感じてます。Apple Watchのある暮らし企画第一回目は、やっぱりここで最初に触れるのはカメラでしょということでApple Watchに搭載されているカメラリモート、そしてApple Watch対応のカメラアプリについて書きます。

 ちなみにトップの写真は、iPhoneでApple Watchを撮影した写真です。Apple Watchは今回触れるカメラリモートを起動しています。無限ループのようで面白いです。

 Apple Watchのカメラリモート。この機能を知った時、購入意欲は30%くらいアップしました。Apple Tvのリモート操作もできますが、私はカメラリモートを非常に楽しみにしていました。
 Appleのサイトでは内蔵アプリケーションのページに少しだけ紹介されています。
Apple – Apple Watch – 内蔵アプリケーション

 カメラリモート(カメラのシャッターを押すアイコン)の操作は、複雑なものはありません。Apple Watchの画面とサイドボタンが使えます。クラウンを押すとホーム画面に戻ります。

Camera Remote

 シャッターボタンはApple Watchの画面と横のサイドボタンになります。シャッターボタンの左側は撮った写真が表示されます。ライブビュー画面は実際にiPhoneで表示されているファインダーの代わりになります。シャッターボタンの右側はタイマー撮影とバースト撮影(連続撮影)が組み合わさったもので、タップすると3秒後に約10枚連写で撮影されます。

【カメラリモートの良いところ】

 カメラリモートが良いな!と思ったところは、3点あります。
・Apple WatchからiPhoneのカメラを起動できる。
Camera Remote このカメラリモートをApple Watchで起動すると、iPhone側のカメラも一緒に起動します。iPhone本体をスリープにしていてもカメラが起動します(電源オフはさすがに無理)。
 iPhone側でカメラを終了してもApple Watchのカメラリモートが認識し再度起動することも可能です。
 逆にApple Watchのカメラリモートを終了するとiPhoneのカメラも終了しホーム画面に戻ります。

・撮ろうとする写真が確認できる。
 Apple Watch側ではライブプレビュー画面も表示されます。よくGoProなどでリモートのアプリから撮影できる機能がありましたが、カメラがiPhoneでリモートで操作するデバイスがiPhoneからApple Watchに変わったようなものです。
 そしてiPhoneの向きを変えるとApple Watchのライブプレビュー画面もそれに追従して変わります。

Camera Remote Camera Remote

・タップインフォーカスが使える。
Apple Watch カメラリモート Apple Watchのライブプレビュー画面上でタップするとiPhoneのカメラと連動してフォーカスがそこに移動します。
 但しiPhoneのカメラのように長押しでロックしたり露出を上げたりすることはできません。

・iSightカメラで自分撮りや記念撮影が簡単に撮れる。
 自分撮りや少人数での集合写真の撮影のときは、FaceTimeカメラ(インカメラ)を使ってiPhoneの画面を見ながら撮影していた方も多いのでは?これの残念な点は解像度が低いこと。Apple WatchではiSightカメラ(アウトカメラ)の映像もライブプレビューで確認できるので、高画質の自撮りや集合写真が撮れます。
 なお、カメラリモートはカメラの切替ができないので、iPhone側で先にFaceTimeカメラに変えておくとFaceTimeカメラのライブプレビューもApple Watchで見ながら撮影可能です。

・Apple Watchから撮影した写真は後からApple Watchで見ることができる。
 シャッターボタンの左側にあるサムネイルをタップするとApple Watchからカメラリモートで撮影した写真を見ることが出来ます。ただバースト(連写)した写真は1枚しか見れません。
 左右にフリックすることで複数の写真を見ることが出来ます。このときにクラウンを回すとズームして写真を見ることができ、ダブルタップで元のサイズに戻ります。

 私個人的には満足していますが、ここまでやってほしかったというのがあります。

【カメラリモートの残念なところ】

・モード切り替えができない。
 iPhoneのカメラだと、パノラマ、スクエア撮影やビデオ、タイムラプス、スローモーションがあります。Apple Watchのカメラリモートではモード切り替えができません。更に言うと写真撮影しかサポートされていないので、iPhone側でタイムラプス、スローモーション撮影、ビデオ、パノラマ撮影のモードにしておくと、写真に戻されます。スクエア撮影に関しては、一旦Apple Watchのカメラリモートでライブプレビューが表示されたあとにiPhone側でスクエアにするとスクエア写真が撮れます。ちなみにモードをiPhoneから変えるとこのような画面が表示されます。

Apple Watch カメラリモート Apple Watch カメラリモート

 ただカメラに関して言うとiPhoneのカメラもどんどん機能アップしてきて今があるので、カメラリモートも機能アップされるんではないかと期待しています。

 

Apple Watchサポートのカメラアプリレビュー

 すでにApple Watchサポートのカメラアプリが出ているので、早速試してみました。Appleのサイトでもいろんなアプリを紹介されていますがカメラアプリはほぼないです。
Apple – Apple Watch – App Storeアプリケーション
 ただここには紹介されていないものの何個かためしてみたので紹介します。すべてのサードパーティアプリに関して言えますが、カメラリモートと異なり、Apple Watchからアプリを起動してもiPhone側は起動しません。前もってiPhone側でアプリを起動しておく必要があります。あと総じて不安定という印象を受けました。不安定になった時の私の対応は最後に触れます。

 安定感のあったアプリはHydra [iTunes]でした。


Hydra – アメージングな写真撮影
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ?\600


 モード切り替えもApple Watchから可能で、HDR/ビデオ+HDR/低光量/ズーム/ハイレゾに切り替えて撮影ができました。ただライブプレビューの画面はカメラリモートのような滑らかさはなく、カクカク。しかし撮れた動画は問題なくスムーズでした。

Hydra - アメージングな写真撮影 Hydra - アメージングな写真撮影

iPhoneアプリのレビュー記事はこちらになります。
Hydra ? Amazing Photography : 最大32Mピクセルで写真が撮れるiPhone / iPadカメラアプリ。暗いところも綺麗に!ズームも綺麗に!さらにHDRムービー撮影機能も搭載!

 


Watch Camera! – Remote Control Camera for Apple Watch
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ?\360


 シャッターを押す操作以外にズームやインカメラ・アウトカメラの切替や、フラッシュのON/OFF、サイレントモードでのフル解像度撮影が可能になっています。ただライブプレビューが追い付いていないので写真を撮った時だけ画面が更新されます。
 フリー版のWatch Camera Free [iTunes]もありますが、撮影だけできますが、ほぼ他の機能が使えません。

Watch Camera! Watch Camera!

 

Clipstro キセキ(軌跡)のビデオカメラ
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ?\360


 残像動画を撮影(作成)出来るアプリです。録画、設定、変換、保存のほぼ全ての操作がApple Watchから行えます。安定度もありました。一度iPhoneをセットするとあとはApple Watchだけ。撮った後に設定や変換、保存ができるようになっています。

Clipstro キセキ(軌跡)のビデオカメラ Clipstro キセキ(軌跡)のビデオカメラ

 

ProCamera 8 + HDR
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ?\480


 一番期待度の高かったアプリでしたが、Apple Watchでは普通でした。連写枚数とタイマー撮影の時間を設定できます。撮った後の写真も確認できます。モードの切替はないのでiPhoneから行う必要があります。

ProCamera 8 + HDR ProCamera 8 + HDR

iPhoneアプリのレビュー記事はこちらになります。
ProCamera 8 + HDR : 機能満載の万能カメラアプリ。マニュアル操作も搭載。これ一つあればいろんな写真が撮影できます。動画も撮れます。

 
 他にもInstagram [iTunes]料理カメラとレシピのお料理アプリ SnapDish [iTunes]がApple Watchに対応していますが、バッテリーのことを考えるとiPhoneの方が綺麗ですし、ずっと見る分には使うことは無いかなと思ってます。

Apple Watch 再起動 そしてApple Watch上でカメラアプリが不安定になったときにやっているのはApple Watchの再起動です。ただしばらくすると直っている場合もあります。再起動方法はサイドボタンの長押しでiPhoneと同じように電源オフできます。そして電源がオフになったら、再度サイドボタン長押しでApple Watchが起動します。パスコードを設定しているときは最初に入力が必要です。

 総じてカメラアプリは不安定になる事がありましたがWatch OSはまだバージョン1.0なのでアップデートに期待したいと思います。しかしカメラリモートは安定してて使い勝手も良かったです。ただ、機能的には足りないので、Bluetoothリモコンと併用です。

Apple Watch スタートブック
Apple Watch スタートブック
著:SBクリエイティブ
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2015/05/09
参考価格:¥1,080
価格:¥1,080
できる Apple Watch スタート→活用 完全ガイド
できる Apple Watch スタート→活用 完全ガイド
著:法林 岳之 , 他
出版社:インプレス
発売日:2015/05/22
参考価格:¥1,058
価格:¥1,058
Apple Watch スタンド, Spigen? [充電 クレードル ドック] アップル ウォッチ 38mm / 42mm 対応 アルミニウム製 スタンド S330【国内正規品】(2015) (S330 【SGP11555】)

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 今回のこのシリーズは2017年の写真になります。(つまり今年最初のこのシリーズになります。)今年に…
  2.  ライトニングケーブルってカバンの中に入れておくとグチャグチャになることってよくあります。輪ゴムなど…
  3. iPhoneで写真を撮る時に、固定してしっかり撮るスタイルもあります。例えば花火など手持ちで撮ると…
  4. CP+の余韻も残っている中(撮りためた写真が多いという意味で)、一番の成果はMomentのiPho…
  5. 天気にも恵まれた2月25日土曜日。明日まで開催のBankART Studio NYKで行われている…
  6. やっと週末が来たということで、待ちに待ったCP+に行ってきます。今回はフォトウォークなどする予定は…
  7.  2月23日からパシフィコ横浜で行われているCP+(シーピープラス)2017。昨年は行けず、今年はな…
  8.  cheeroの商品と言えばモバイルバッテリーで有名ですが、このcheeroの商品の中でも個人的に気…
  9.  先日、会社で自分のブログを検索してみたところ、気になる文字がありました。  確か以前のWordP…
  10.  もう病気か?と思われるくらい同じ形のケースを色違いで購入しております。ただ安いのでそこまで出費が・…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る