Withings Activité レビュー(1回目): 見た目はクールなデザインのスイス製腕時計。これが活動量計で歩数や睡眠状態を記録してくれます。

Withings Active

この腕時計Withings Activité(ウィジングズ・アクティビデ)を初めて見た時から惹かれていました。しかし、日本での発売は遅れ、Apple Watchが発売間近ということもあり、また私はJawboneのUP24を活動量計として使っており、一旦はWithings Activitéを諦めて、とJawbone UP24にしていました。
 Jawbone UP24は前身のUPの品質がかなり低かったこともありますが、アプリの使い勝手も含めて気に入っていてUP24に変更し、1年と4ヶ月使ってましたが、iPhoneよりも多く身につけているデバイスとなりました。このUP24の何が良かったかというとバッテリーが2週間もつということ。歩数の計測から睡眠時の状態もきちんと記録してくれます。
UP by Jawboneの後継 UP24 by Jawbone早速購入レビュー(1)

 先日、Jawbone UPのアプリで、こういう情報が表示されました。500万歩という情報。そんな距離歩いたのかという感じですが、毎日平均8,000歩ということを知って、さらに精進しようと思ったわけです。さらにこのアプリではコーチの機能もあってアドバイスもくれます。これも非常にためになる内容なので気に入っていたのですが、突然UP24の接続が切れるようになりました。

Jawbone UP24 Jawbone UP24-2

 そろそろ寿命かなと思っている時にUP3が登場したというニュース。これは買い替えかと思っていたのですが、日本での発売が先ということで、現時点ではすでに発売日も決まっていますが、私が欲しいと思った時はまだ未定でした。海外から輸入で買えるのはありますが、保証が無いと不安があります。正規代理店が販売開始しないことには手が出ませんでした。

 それで、Withings Activité(ウィジングズ・アクティビデ)を購入しました。私が一目惚れしたのは白の方です。黒もかっこいいのですが、私は白に茶色の革のベルトのデザインが好きでした。しかしこれも悩ましいところで、安価版のActivité Popの日本での発売が遅れているということでデザインか価格かで悩みました。で悩んだ結果、ボーナスの後押しもあり、やっぱり最初に惹かれたモデルにしました。スイス製で、フレンチカーフレザーのベルトにステンレスのボディ、ガラスはサファイアガラスを使っています。

 で、このブログを見ている人なら知っていると思いますが、Apple Watchも買ってました。
Apple Watchを1日着けてみての感想。

Apple Watch

 2週間使いました。2週間の間に起きた出来事がきっかけで手放すことにしました。

【Apple Watchを手放した理由】
 普段使っている分で不満が全くなかったかというとありました。これは誰しも思うはずのバッテリーです。Jawbone UP24だと1回の充電で2週間もつので(UP3は1週間)睡眠中の状態も記録できます。それがApple Watchにはできない不自由さがありました。
 次に習慣です。iPhoneを常に持ち歩いている状況がもう何年も続いているわけで、気になったら時計よりもiPhone本体を取り出して見る癖が付いていました。この習慣はなかなか取れません。
 そして私がApple Watchを手放すことに決めた事が起きました。会社内でiPhoneを紛失しました。iPhoneがないとき、Apple Watchが急に役に立たなくなって、なんでこんなの付けているんだろうと思ってしまいました。PCからiCloudに飛んで、iPhoneを探すを実行して、iPhoneは1時間後に無事戻ってきましたが、Apple Watchに物足りなさを感じてしまったのです。2週間という短期だったこともあり、購入した以上の額で売れたのがラッキーでした。

【Withings Activitéを選んだ理由】
 1番の理由はアナログの腕時計だったことです。(iPhoneとアプリを通じて接続できるのが大前提ですが)
 そしてボタンが無いところ。クラウンもありません。セットするボタンもありません。時間は自動でスマホから取得します。
 これひとつで時計と活動量、睡眠の記録ができるところ。そしてバッテリー。これは電池を使用しますが8ヶ月もちます。
 そして、このWithingsというメーカー。スマホとの連携を意識した製品を出していて、体重計も購入し、アプリでまとめて管理します。

 前置きが長くなりすぎました。次は、実物を触ってみての感想などを交えて機能紹介をしようと思っています。

 Withings Activitéの安いモデルPopも登場。Withings Activitéと素材は異なりますが、機能は同じです。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る