LPライトニングUSBケーブル : 太くて安心!Apple MFI認証取得で2.4A 急速充電対応。長さはなんと3m!

 GeDigitech-jp様からレビュー用にいただきました。今回のレビューはLightningケーブル。iPhoneやiPadなど使っていたら何本あっても困ることはないLightningケーブル。その長さは、なんと3m!使い道が無いと思った方はおそらく外での使用を考えたと思うのですが、これが室内で固定した場所で使うことを想定すると意外と便利。
 Apple純正のLightningケーブルは1m。その3倍あると持ち歩くにはかなり邪魔ですが、室内だとiPhone / iPadの置き場所がかなり広がります。普段の置き場所はだいたいコンセント差込口の近くだったりするので、その周辺に台を置いたり地面に置いたりすることが多かったのですが、これにしてから自分のしっくりくる置き場所に移動させることができました。

 モノは3mということだけあって届いたときに思ったのは、イーサネットケーブル。

lightning_c1

 Lightningケーブル自体は、ちゃんとApple MFI認証取得されたものなので安心です。充電・データ転送・同期に使用できます。iPhone 6にも対応と書かれているのですが、おそらくiPhone 6sにも対応しているでしょう。iPadにももちろん使えます。そして急速充電の2.4A対応は嬉しいです。

lightning_c2

 開封してさらに嬉しかったことといえば、ケーブルが太いこと。長いのでマジックテープも付いています。持ち歩くことは少ないですが、結構細いケーブルはダメになりやすいです。特に純正のものはよく使う分だけ消耗も激しくよくダメになります。しかしこのケーブルは太い。持ち歩きはしないほぼ固定であれば、ダメになることはないかなと思います。

lightning_c3

 気になるのはLightning側のコネクタ部分で、iPhone/iPadケースでLightningコネクタまわりを保護しているものは入らないんではないかと思われます。確認したところ純正のケースでは大丈夫でした。このケーブルのコネクタは形状がちょっと変わっていて先細りしています。

lightning_c4

 このケーブルの全体を見せるのにどこが良いか悩みましたが、ベランダにしました。しかし全体を伸ばして見せるのは難しく、気になった方は巻き尺で長さを確認してみてください。

lightning_c5

 正直なところ、もう一本欲しくなりました。色は全部で5色あります。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る