Aukey セルカレンズ 3in1 クリップ式 : 魚眼・広角・マクロの3レンズセットのお得なレンズをご紹介します。

aukey3in1lens001

 iPhone 3Gの頃は数少ないメーカーからしか発売されていなかったスマホ用のコンバージョンレンズですが、今は安価なものから高価なものまでたくさんの種類のものが販売されています。魚眼、広角、マクロのレンズに加えて最近では望遠なども出てきます。このレンズ写真を撮っているとバリエーションが増えて写真を撮るのが楽しくなります。
 今回ご紹介するのは、そのレンズです。Aukey様からレビュー用にいただきました。正直なところ価格帯からして、これはあまり期待できないかもと思っていましたが、意外でした。

 ちなみにDIME 2016年5月号 [Amazon.co.jp]では、付録として広角&接写クリップ式スマホレンズが付くそうです。
● セルカ棒はもう必要なし!次号のDIME特別付録は「広角&接写2in1スマホレンズ」(@DIME) – goo ニュース
 それで何が意外だったかというと、後ほど写真で見てみます。

 このくらいの価格帯のコンバージョンレンズだと正直広角、魚眼はケラレ具合がどれだけマトモかというところなんですが、ほぼ無いです。この価格帯でここまでできるんだなとびっくりでした。
 まずは開封です。と、その前に箱の裏を見るとレンズの種類が載っています。広角(ワイド)のレンズを1つ外すとマクロになります。この価格帯だとよくあります。

aukey3in1lens002

 付属品は、Aukey 3-in-1 セルカレンズ (魚眼レンズ x 1, マクロ/広角レンズx 1)にクリップが2つ、レンズカバーもレンズそれぞれに付いて2つ。レンズクリーニングシートも付いています。なにより嬉しいのが購入してから18ヶ月間の安心サポート。クリップが2つ付いているところなどはとても良心的だと感じます。

aukey3in1lens003

 そしてレンズはそれぞれクリップに取り付けてスマホに挟んでつけます。このスマホ側本体の厚さは13ミリ以下ならばクリップで挟むことができます。このクリップは私個人的にはあまり好きではなく、安定感が欲しい時にちょっと不満がありますが、価格からすればこのくらいかなと思います。洗濯はさみのような感じで止めるのが私は好きです。

aukey3in1lens000

iPhone 6sにケースを付けた状態で、このレンズを付けてみます。厚さ的にも問題なく取り付けられます。自撮りがメインだとやっぱりインカメラに取り付けると思いますが、問題ありません。

aukey3in1lens004

 そして私なんかは自撮りよりもアウトカメラで撮りたいのでこのようにして撮ります。ただ固定がクリップなので不安定感はありますが本体を振ったりすることがなく、しっかり撮る場合には問題ないと思います。aukey3in1lens005

 真横から見たらこのようになります。クリップの部分が点で止めているところが不安ですが、普通に撮る分であれば、レンズが取れて落ちるということはありませんでした。むしろ洗濯はさみでクリップを自作しても面白いかなと思いました。

aukey3in1lens006

 そしてレンズを付けて比較するために撮影してみました。iPhone 6sに付けてアウトカメラで撮っています。最初はレンズを付けていないものからです。

aukey3in1lens007

 次に広角レンズを付けて撮ります。この広角レンズは0.67Xで、同じ距離で撮影すれば、普通の約2倍(面積比)の範囲を撮影することができます。

aukey3in1lens008

 広角レンズを付けて撮った時に、ケラレどのくらいあるかなと見たらほとんどわからないくらいでした。実際このレンズ、3重レンズ構造によりケラレを最小化するように設計された高級レンズだそうです。そして魚眼(フィッシュアイ)レンズを付けてみます。周囲を約180度撮影できて、球面のような写真の中心から離れる程度歪み、中心が強化される魚眼レンズはやはり少しケラレがわかります。

fisheye

 自撮りくらいのものであれば、このレンズ十分すぎるものだと思います。

 そしてもう一つ忘れておりました。マクロレンズ(10X)で被写体からの距離はだいたい1?2.5cmの距離開ければ撮影できます。これから花も咲いてくる時期で、桜のアップ撮影にも重宝すると思います。

aukey3in1lens010

 実はまだAukeyのレンズは安価なものだけでなく、少し高価なレンズも出しています。広角と望遠のレンズ2つは近いうちに試し撮りができるので、また今度紹介します。Momentレンズを超えてくれるくらいのクオリティであると嬉しいです。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る