EDO 日本橋で行なわれているアートアクアリウム 2016 に行ってきました。iPhoneで写真撮りまくり!

artaqua2016-01

 先月、休暇を利用し東京日本橋で行なわれているアートアクアリウム2016に行ってきました。ライトアップされた金魚たちがこれほど綺麗なのか毎回思わされるイベント。ここは、平日に休みを取って行っている場所で、写真撮影ができるということで毎年、その年に使っているiPhoneで写真を撮る習慣になってます。カメラの機能の再認識できるところでもあります。
 今回のアートアクアリウムは誕生10周年の集大成ということで、やっぱり人は多かったです。平日にも関わらず時間指定チケットではなかったので、地下1階に並んでから会場入り。土日は大変な混み具合だと思います。並びたく無いという方は時間指定チケットなどの購入を検討されてみてはいかがでしょう。また夜にはナイトアクアリウムというお酒の飲めるイベントも開催されています。
 東京、日本橋は9月25日まで。日本橋以外にも大阪は9月5日まで、金沢21世紀美術館ではこれからということになっています。詳しいことは以下のリンクで詳細が載っています。


アートアクアリウム | Art Aquarium | 金魚の美を愛でる全く新しく涼しいアートアクアリウム空間


 どんな感じなのかは動画でも見ることができます。とにかく綺麗です。

 今回、どんな感じだったかと一言で言うと、ボスキャラ勢ぞろい。言い方が変ですが、今までの毎年開催されてた中での一番メインだったものが大集合。と言った感じでした。初めて見る方にとってはお得だと思います。ただ人が多いと思います。その中でカメラ持って撮影も難しいかもしれません。

 そこで私が今回撮影した時に行った内容など交えてお話ししたいと思います。その前に、このアートアクアリウムですが、カメラでの撮影はOKです。しかし注意事項があります。
注意事項
フラッシュ・三脚・一脚・自撮り棒などの使用および、動画撮影は禁止。

 実際に写真を撮っているとわかりますが、フラッシュはオートで撮影していると点灯してしまうので注意です。周りで写真を撮ってる人にもフラッシュの光が映りこんでしまうので、もしそういう人がそばにいたら、他の場所から撮影したほうが良いと思います。

 中に入ると、まず小さな水槽がたくさんあります。が入場制限がかかっているとその都度まとめて人が入るので、その際、写真を撮る人で入り口では人が多くて、なかなか撮れないと思います。先に奥に行くと広場的な場所に出るので、そこでいろいろ撮ってみると良いと思います。

artaqua2016-02

暗いので、しっかり構えて、最初に撮るのはHDRが多いです。それでどんな具合が確認してからiPhone標準のカメラで撮るか別のアプリで撮るかを考えます。ちなみにデジイチは持って行きません。人が多いので構えてる間に、人が入ってきたりもしますし、素早く撮りたいというのがあるためです。
ちなみによく使っているHDRのアプリはコレです。


vividHDR
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ?\360



ProCamera + HDRを持っている方は有料アドインで追加することができます。

 巨大な水槽だとやっぱり全体を撮りたくなります。ただ1度撮って終わりだと損です。じっくり待つとライトの色が変わってまた違う感じになります。じっくり見ながら撮るのがオススメです。

artaqua2016-03
artaqua2016-04
artaqua2016-05

 広いところで撮りながら、入り口の状況見て、空いていたら撮りに戻る感じです。

 全体を撮るよりもすばやく動いている金魚を撮る方が難しいです。金魚の動く方向にカメラを移動させながら撮る。バッチリ撮れたときは嬉しいですが、背景に人の手が写ってたりとかするとなんかガッカリです。しっかり寄って撮るのであれば、忍耐強ければ待つ。無理なら諦めた方が良いかもしれません。じっとしている金魚の方が撮るのは良いかもしれません。

artaqua2016-06

 ちなみに水槽を広角レンズを付けて撮るとこんな感じになります。1匹の金魚が何箇所かに写って面白いです。

artaqua2016-07

 使っているもののレビューを書いていないので、ちかいうちにレビューします(かなりため込んでます)。

 ちなみにAukeyのコンバージョンレンズ見ている時にタイムセールでつい。これも一緒にレビューしたいと思います。

 入り口の水槽は上から、横からとしっかり金魚が撮れるので、撮った後、アプリを使って水彩画風などにしてみても面白いかもしれません。

P

 使ったアプリはこちら。絵心がなくても写真から水彩画が出来上がります。


Waterlogue
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ?\480


 後半部分では、壁沿いに水槽があり、ここの金魚も綺麗なのですが、その分写真を撮る人たちがじっと構えてたりしますが、我慢できなかったら隣の水槽など他を回ってみるのが良いと思います。(ちなみに時間制限はありませんが、19時以降はまた別のイベント ナイトアクアリウムとなるため入れ替わりがあります。)

artaqua2016-09

そして、東京日本橋の方では、意外なところに金魚がいたりします。探してみても面白いかもしれません。おそらく子供目線になれば見つけることは簡単です。

artaqua2016-10

 まだまだ暑い日は続きますが、お体には気をつけて。

 そそ、今回もまたアートアクアリムが終わった後、平田牧場でしょうが焼きを堪能しました。とんかつメインのお店ですが、しょうが焼きもやわらかくて美味しかったです。また来年も見に、食べに来ようと思ってます。

artaqua2016-11

 さらに言うと、この夏休み。新しいiPhone発売のタイミングで出る予定の本の原稿書きをやってます。今までのiPhoneの写真を交えた感じのもので、わたしの写真の撮り方なども含めて書いてます。もちろんアプリの話も含めてます。また完成したら報告したいと思います。

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 今回のこのシリーズは2017年の写真になります。(つまり今年最初のこのシリーズになります。)今年に…
  2.  ライトニングケーブルってカバンの中に入れておくとグチャグチャになることってよくあります。輪ゴムなど…
  3. iPhoneで写真を撮る時に、固定してしっかり撮るスタイルもあります。例えば花火など手持ちで撮ると…
  4. CP+の余韻も残っている中(撮りためた写真が多いという意味で)、一番の成果はMomentのiPho…
  5. 天気にも恵まれた2月25日土曜日。明日まで開催のBankART Studio NYKで行われている…
  6. やっと週末が来たということで、待ちに待ったCP+に行ってきます。今回はフォトウォークなどする予定は…
  7.  2月23日からパシフィコ横浜で行われているCP+(シーピープラス)2017。昨年は行けず、今年はな…
  8.  cheeroの商品と言えばモバイルバッテリーで有名ですが、このcheeroの商品の中でも個人的に気…
  9.  先日、会社で自分のブログを検索してみたところ、気になる文字がありました。  確か以前のWordP…
  10.  もう病気か?と思われるくらい同じ形のケースを色違いで購入しております。ただ安いのでそこまで出費が・…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る