LINEで送る
Pocket

 iPhoneアプリのベータ版をテストする際に必要なUDID。私も何度かベータテストをさせていただく機会が持てて最初は分からないことばかりでしたが丁寧に教えていただける開発者の方に会えてとても感謝しています。
 UDIDって何?という方は下記のリンクが参考になると思いますが、通常iPhoneアプリをダウンロードする手段はApp Storeからですが、ベータ版などのテストの場合、UDIDを開発者の方に連絡してベータ版をメールなどで送ってもらい、iTunesにドラッグ&ドロップするとiPhoneアプリのベータ版として扱うことができるようになります。
AppStoreに頼らないもう1つのiPhoneアプリ配布法 – builder by ZDNet Japan

 通常、このUDIDを確認するにはiPhoneを接続したときのiTunesの画面から確認することができます。(ここではWindowsで行っています)

UUID

 ここでシリアル番号のところをクリックすると識別子(UDID)に切り替わります。

UDID

 ここでUDIDをテキストとしてエディタなどにコピーするには、UDIDのところでCtrl+Cを押すと通常のWindowsのコピーのように選択はされませんが、コピーされています。エディタでペースト(Ctrl+V)で貼り付けることができます。
 
 ただこの操作は見て分かる通りPCからということになりますが、外出先からなどの場合は帰宅するまではできなかったりします。また番号も長いので単純に記憶しておくことも無理があります。(iPhone 3.0でコピー&ペーストが実装されたらメモ帳にでも取っておけますが)最終的にメールで送信することを考えるとiPhoneアプリで使えるのが便利だと思います。

UDID このアプリは、起動するだけでUDIDを取得しそのままメールすることができます。無料ということもあり、UDID Senderという名前を知っているだけでも普段iPhoneに入れずに使うときにApp Storeからアプリをダウンロードしてそのまま使うということもできますね。

サポートサイトは下記になります。
Support / Customer Service – Inside Root Media
App Storeではユーティリティカテゴリーにあります。
UDID Sender – Ned Kubica

 UDID Senderアプリを起動して、そのまま「Send UDID Now」をタップすると、画面がメール画面に切り替わり、本文にUDIDが記載されたメールができあがります。

UDID UDID