横浜で開催中のお苗場 ~ CP+ 2017に行ってきました。今回は体験できるブースも多く楽しめる内容がいっぱいでした。

天気にも恵まれた2月25日土曜日。明日まで開催のBankART Studio NYKで行われているお苗場とパシフィコ横浜で行われているCP+(シーピープラス)に行ってきました。どうしても聞きたいトークショーがお苗場の方で午前中にあり、先にみなとみらい線で馬車道駅まで行きBankART Studio NYKに向かいました。
ちなみにこのお苗場、CP+共に入場料1,500円ですが、Webで事前登録すると無料になります。
CP+(シーピープラス)2017 入場事前登録 – 申込者情報入力

お苗場にて

 お苗場では、写真家を目指す人達が集まる場で、BankART Studio NYKの1階から3階まで人の活気に満ち溢れていました。その中で行われたトークショー。
「Getty images Presents Creative in Focus / 2017年写真のトレンドを知る」
先日お呼ばれして行ったgettyimagesのシニア・アート・ディレクター小林さんと、これまた東京国際写真祭 ディレクターの速水さん、各々のトークショーは行ったことがありましたが、お二方揃って拝見できるというのは初めてでとても楽しみにしていました。

 内容については2017年のビジュアルトレンドの話として、どんな写真が売れているのか6つのキーワードから写真を実際に見ながら説明をいただき、所々でお二人の経験を聞かせてもらう内容でした。この内容を聞きながら、たしかに!なるほど!という内容ばかりで非常に勉強になるお話でした。行ってよかった!
 興味ある方は以下のリンクで内容を見ることができます。
2017年ビジュアルトレンドの概要 | gettyimages
そして、海外のサイトではこのレポートがダウンロードできます。
Getty Images’ 2017 Visual Trends • Stories and Trends | Getty Images
 gettyimagesのスタッフの方にも覚えてもらっていて嬉しかったです。アンケートに答えた後ノベルティーグッズのトートバッグをいただきました。そして3階にはお世話になっているPHaT PHOTO最新号が売られていたので購入(1,000円)。非常に参考になる写真雑誌(偶数月20日発売)で、私が今毎回読んでいるのは今はコレのみ。書店では販売されていないので、定期購読が主になります。
PHaT PHOTO HOME

 ここで失敗したのが時間配分で、午後からパシフィコ横浜のトークショーを見なければいけなかったので途中で出ました。3階はとにかく写真が多くて1時間程度じゃ全然見て回れない感じでした。しかし写真と言ってもいろんな人の感性があり、そしてこだわりがあり、消化不良おこしそうなくらいいろんな写真に出会いました。ちなみに2016年 gettyimagesの毎年出しているクリエイティブコレクションの表紙がこのお苗場から出た方だそうです。
2016 Creative In Focus, our visual trend report • Stories and Trends | Getty Images

お苗場~パシフィコ横浜 CP+へ

 お苗場のあるBankART Studio NYKからパシフィコ横浜のCP+会場の移動はシャトルバスが出ています。無料です。天気も良かったので歩きたかったのですが、お昼ごはんの時間を入れると午後のトークショーがギリギリそうだったのでシャトルバスにしました。大きなバスで快適でした。
 ちなみにお苗場で入場の登録をすると首にぶらさげる許可証がもらえますが、これをつけたままCP+会場ではそのまま会場の中に入れます。(手続きは1箇所でOK)
 CP+のパシフィコ横浜からお苗場のあるBankART Studio NYK行きのシャトルバスも15分おきにあります。

CP+会場

 禁煙1ヶ月してたんですが、吸ってしまいました。ただそのおかげで、喫煙所で先程の速水さんに会い、ワコムの方と名刺交換させていただきました(でもブース行くの忘れてました)。その際にワコムの方から、平日もお昼から込み始めて、土曜日も同じく12時過ぎると混みだしてきていると聞きました。この時点ですでに12時はとっくに過ぎてましたが。禁煙はまたこれから開始です。アイコスを勧められましたが。

単焦点レンズのトークショー

 EyeEmアプリの説明を以前やったことがあって、その時に写真の講師でお世話になった、写真家のまるやさん、そして先程の速水さん二人がタムロンブースに登場するということで応援も兼ねて行ってきました。
「単焦点レンズと出かけよう」~35mmと過ごしてわかったこと~まるやゆういち&速水惟広

 始まってすぐからニヤニヤが取れなくて苦労しましたが、単焦点レンズがこれだけ使えるというのは、予想以上でした。写真家 まるやさんがいつも持ち歩くレンズがこの単焦点レンズ。寄れるし引きも良いしで、自分もこのレンズ好きになりました。

TAMRON 単焦点レンズ SP35mm F1.8 Di VC キヤノン用 フルサイズ対応 F012E
タムロン (2015-09-29)
売り上げランキング: 39,687

 まるや先生は、写真教室の講師もされていて、このトークショーでは生徒さんに応援されている感じでとても楽しそうでした。まるや先生の単焦点クラブはキャンセル待ち状態みたいですが、別の写真教室だと東京・横浜・大阪・名古屋・宮崎でも開催されています。
PHaT PHOTO写真教室|感性を学べるフォトスクール・初心者大歓迎
 終始笑いながら学べた気がします。ありがとうございました!

CP+内 ブース周り

 3,4年前はiPhone関連のものも多くありましたが、今は溶け込んでいるのか全く目立たなくなりました。その中で唯一(だと思いますが)カールツァイスのレンズを見ることができました。ただこのとき私はMomentのアタッチメントを付けていた関係上見るだけにとどめました。(やっぱりMomentの方がいいなと思ったので)

 今回はノベルティーグッズはあまりもらっていません。もらったのはアンケートに答えたNikonとAdobeくらいでした。Adobeのポーチはこのサイズ嬉しい!って感じでした。

 マンフロットのブースではiPhoneホルダーが、iPhone 7 Plusで入るか確認したところ、ケース付きでギリギリ入るのを確認。今度新しく出るスマホホルダーのTWISTGRIPもギリギリ入りました。

 他にFUJI FILMのブースにある「ましかくプリント」はアプリダウンロードで1枚ましかくプリントがタダでした(結構行列ありました)。

 驚いたのがマイクロソフトが展示していたこと。写真といえば(マウスコンピュータのPCもありますが)Macの独壇場のイメージでしたが、ブース内はとにかくかっこいい空間で、Windows出て来るかなと言った印象を受けました。

 今回、やっぱり変わったところは、ドローンだと思っています。とてもかっこよかったですし、写真の撮り方もどんどん変わっていくんだなと思いました。

 来年はまたどんなものがこの場に登場するのか非常に楽しみです。そして今回はブース前にいるお姉さんをほとんど撮ることが無く終わった気がします。写真撮影禁止のトークショーもあったりするので気をつけてください。

寄り道

帰りは、横浜駅で改札を出て九州大分らぁめんの「たまがった」へ。やっぱり美味しかったです。狭い店内だったんですが、テーブル席が隣にできたようで、カウンター席も圧迫感無くラーメンを味わえました。

 今回、自分に合いそうなカメラを物色するつもりでしたが、メーカーも絞れていないので全然駄目でした。でも次はフルサイズ欲しいかなって感じです。また来年も早めに仕事を終わらせて行きたいと思います。
 ※ちなみにここでの写真はすべてiPhone 7 Plusで撮影してます。(Momentの広角レンズも使ってたりします。)

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  今回のレビューはFarfallaのiPhone X用のガラスフィルムです。このフィルム、前回のフィ…
  2.  更新もかなりのご無沙汰になりました。仕事も大忙しの中、写真を撮りに行く余裕は無いものの、通勤の行き…
  3.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  4.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  5.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  6.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  7.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  8.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  9.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  10.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る