iPhoneで禁煙を 禁煙カウンター

 5月31日は世界禁煙デーで、6月6日までの1週間が禁煙週間になっています。私は禁煙(卒煙?)してからもう2年以上経ちますが、きっかけは4年前からの頭痛でして、病院に行って診察を受ける度にタバコとお酒は控えるように(と言うか止めないと治らない)と言われ、タバコは吸ったか吸わないかが問題で、本数減らしても意味は無いと会社の産業医からの駄目押しできっぱりやめました。なので禁煙までの間に少しずつ減らしていくことは考えずきっぱりやめることが大事なようです。
禁煙カウンター このアプリは、禁煙を開始してからの設定するだけで禁煙した日からの日数、タバコ代、本数、延びた寿命(予想)が表示されるアプリです。

サポートサイトは下記になります。
● iPhoneアプリ開発
App Storeでは健康&フィットネスカテゴリーにあります。
● 禁煙カウンター [iTunes]icon
 このアプリ、毎日見るというよりも気付いた時に見たり、タバコが吸いたくなった時に見ると良いのではないでしょうか。無料で提供というのも嬉しいです。
 面白かったのは、このアプリをダウンロードしてアイコンを見たら真っ白。これは目立つなと思いましたがサポートサイトを見るとバグだそうで修正版も申請中とのこと(2009年6月1日現在)
禁煙カウンター 最初に設定ボタンをタップして、
タバコの本数、1箱(20本)のタバコ代、禁煙開始年月日を
入力します。
右上の完了ボタンをタップして完了です。あとは眺めるだけ。

 実際に私の今の状況を出すとこのようになります。

禁煙カウンター

 タバコ代も積もればMacが買える・・・みたいな(笑) 実際は買えてないんですが、こうやって金額見ると止めて良かったなと思います。
 タバコ一箱1,000円になるという話が一時期ありましたがそれを想定すると・・・

禁煙カウンター

 コワイコワイ。しかし私が一番タバコを吸っているときに怖かったのは、喫煙者の肺の写真を見たときだったりしますが、そういう写真を見せるのも効果あるのでは無いでしょうか。

 私はタバコのあるところに近づかない。家中の灰皿捨てる。で実行しましたが最初の3ヶ月くらいがきつかったです。会社でも喫煙ブースとかできて肩身が狭くなったというのもありますね。

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  2.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  3.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  4.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  5.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  6.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  7. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  8. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  9.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  10.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る