LINEで送る
Pocket

2009070601 昨日日曜日は、私にとって悪夢のような日でした。
 お昼に、少し掃除をしようと思い、バケツに水を入れ、廊下に置いていました。
 リビングに置いていたiPhone 3GとiPhone 3GSのバッテリーが減っていたの充電しようと思い、部屋に持って行こうと、片手で二つ持ちして歩いたわけなんですが、そのバケツのあるところの廊下で手からツルっと行きました。

「あ 落ちる」でも前も一回落としたし・・・と考える暇なく「ポチャン」て音。「ガチャン」って音を期待してたんですが、違う音。

 下を見るとバケツに垂直に刺さってるiPhone。新品の雑巾が入ってたので垂直に刺さったようです。
 そこからは無意識というか焦りというかどっちが下で刺さっていたのかも分からずバケツから取り上げ、振りまくり。振ってる時に気付いたのが、落ちたiPhoneが3GSの方とたたみかけショック。

 真っ先に思い出したのが水没時の対処方法で、まず電源オフしなければと思い押そうとしたら、iPhoneの画面が点灯。
「このアクセサリはiPhoneでは使用出来ません」というメッセージ表示が何度も出てきて、接続してないぞーと思いながらも、画面を消しても、点くみたいな。

 電源オフしてからもiPhoneを振って速攻で箱を用意し、その中に100均で買っていたシリカゲルを入れました。

 それから半日放置して、電源を恐る恐る入れると点灯。良かった?と思いきや、iPhone3GSでツレに電話で話すと、途中からバリバリバリ?って音が入り出し。通話続行不可。

 USIMカードを抜き、再度シリカゲル入り箱へ投入。
 今も入れていますが、まだ不安が残ってます。そしていまは抜いたUSIMカードをiPhone 3Gに挿して使ってます。こういうときiPhone 2台あると安心!じゃなーい(笑)

 Appleのサポートサイトで確認してみるといろいろ載っておりまず、水濡れによる損傷というページを見つけました。
iPhone and iPod:水濡れによる損傷は保証対象外

2009070602

液体浸入インジケータは、iPhone や iPod の内部に液体が侵入したかどうかを正確に検出します。修理不能な損傷を引き起こすだけの水分が本体内部に浸入すると、このインジケータが赤/ピンク色に変わります。

 これを見て早速落ちたiPhone 3GSを見ると色は変わってない!垂直に落ちたために空気が入り助かったのかなと思いました。まだわかりませんが・・・

あと、もし水没と判定された場合の修理費用。
アップル – サポート – iPhone – 修理に関するよくあるご質問 (FAQ)

2009070603

たとえば、ダメージまたは液体による損傷が原因で不具合が発生した iPhone は、保証対象外サービスの対象となります。ただし、iPhoneがバラバラになるほどの大きな損傷や不正な改造による機能不良などの特定のダメージは、保証対象外サービスの対象にはなりません。

3GSは3Gに比べて高いんじゃないかと思いましたが価格は同じのようで22,800円。全額だったらどうしようかと思いましたが少し安心。でも痛い出費になります。

 じつはこれだけではなく、トイレが詰まって・・・水難の日曜日でした。