LINEで送る
Pocket

 機能豊富なiPhoneカメラアプリのCamera Geniusが期間限定の65%OFFセール(115円)だったので購入しました。iPhone OS 3.0に対応し、今のところ落ちることも無く、気に入りました。
Camera Genius いろんなカメラアプリがありますが、機能毎だったりして、iPhoneの画面に登録できるアイコンも数が限られているので、できれば1つのアプリで複数の機能が入っているカメラアプリが出てくるのを待ってましたが、これはなかなか詰まってます。

サポートサイトは下記になります。
Camera Genius for iPhone by CodeGoo
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Camera Genius [iTunes]icon

 このアプリの機能は、ズーム機能・タイマー機能・手ブレ防止機能・声で写真が撮れる機能・枠が表示されるカメラガイド・カメラのシャッターボタンが全面になるビックボタンとてんこ盛り。
 正直こんだけあったらどこか不満出るかなと思ったのですが、今のところ満足です。ズームは画質が粗くなるからあまり使いたくは無いのですが、あれば試したいときに使えますし、備えあれば憂い無しと言った感じです。
Camera Genius 起動すると画面下に3つのメニューがあり、一番左のボタンで機能を選択できます。真ん中はシャッターボタン(ビックボタンにすると全画面がシャッターになります)、右のボタンは撮った写真を見るためのビューアです。
 これだけ機能があったら一度に全部の機能は使えません。ズームとビックボタンとカメラガイドは他の機能と一緒に使うことができます。しかし声かけ撮影は、ある一定の音量でシャッターが切れるので、シャッターボタンは必要ありません。同時に使えない機能としては、手ブレ防止と声かけ撮影、タイマーとの他の撮影機能(手ブレ防止・声かけ撮影)
 各機能のON/OFFはONした機能を再度タップするとOFFになります。

Camera Genius Camera Genius Camera Genius

 細かいところとしては、Camera Geniusで撮影した時に今何枚撮影したかを画面の右上で確認できます。数字のところをタップすると0になります。タイマーは2秒、5秒、10秒、15秒、30秒と時間のところをタップして増やすことができ、30秒でタップすると2秒に戻ります。タイマー撮影時には1秒毎に音で知らせてくれます。ただ、タイマーは1度だけで再度タイマー撮影するときは、シャッターを押す必要があります。
 カメラガイドの枠の種類は6種類で、Camera Guideをタップしていくと変更できます。
 撮影した写真のサイズですが、ズーム無しの場合は、2048×1536のサイズ。ズームを使うと小さくなり、ここはズームの倍率によるのか異なっていました。
 注意する点としては、左上に表示されるSavingと言う文字が消える前にCamera Geniusを終了すると写真が保存されない所です。Easy Cameraのような高速撮影では無いので仕方ないのかもしれないですが、更なる高速化も期待します。

 本日、セールで見つけてまだ使いまくって無いですが、しばらく使ってみようと思います。

Mac ソフトのことなら act2.com