LINEで送る
Pocket

 2日続けて知り合いと後輩から、TwitterにiPhoneからApp Storeの(iPhoneアプリの)URLやYouTubeのURLを送る方法を聞かれたので、意外と知られてないのかなと思い、Tipsとして載せることにしました。
 Twitterに送る方法と言ってもiPhoneからだとTwitterアプリを使ってつぶやくと思いますが、ここではそのつぶやきの中にApp StoreやYouTubeなどのURLを入れる方法の紹介になります。この方法はTwitterだけでは無く他のサービスでも貼り付けができるアプリであれば使えると思います。

 (Windowsしか無いので)PCの場合だと、iTunesでiPhoneアプリを開いて、そのアイコンのところでマウスの右クリックを実行するとポップアップで「iTunes Store URL をコピー」が表示されるので、選択するとクリップボードにコピーされるので、あとは貼り付けを行うとURLのコピーができます。

URL Copy

 これはiPhoneアプリのURLだけではなく、サポートサイトのリンクなども右クリックでURLのコピーができます。

 では、iPhoneの場合ですが、上のPCでコピーしたURLをメールでiPhoneに送るというのもありますが、PCの電源を入れる必要があり、わざわざURLをTwitterに送るだけなのに面倒ですし、それだったらPCのまま送ってしまいます。
 iPhoneだけで、TwitterやTumblr(etc)などにApp StoreやYouTubeのURLを送りたいと思った時には以下の方法が早いと思います。

【YouTubeの場合】
 YouTubeで動画を見終わると画面が切り替わり詳細表示画面が出ますが、左上のボタン(一番左図の赤四角部分)で一つ前に戻ります。一つ前に戻ると、動画の静止画の下に動画を共有というマーク(真ん中の図の赤四角部分)があります。

YouTube YouTube YouTube

 そこをタップすると、メールが起動しURLがメールの中に書き込まれています。ここまで来ると分かると思いますが、このURLがこの動画のURLになるので、これをコピーしてTwitterやTumblr(など)に貼り付ければ出来上がりです。

【App Storeの場合】
 iPhoneで表示されるApp StoreもYouTubeと同様です。App Storeでは、単一アプリが表示されている画面の一番下に「友人に知らせる」という部分があり、ここをタップすると、YouTubeと同じようにメールが起動します。これも同じくメールの中にApp Storeの対象となるアプリのURLが書かれています。

App Store App Store App Store

 これもYouTubeの時と同様、コピーして他のTwitterアプリなどのテキストエリアに貼り付ければ出来上がりです。