撮った写真に任意の位置情報(ジオタグ)を付加してメールできるiPhoneアプリ imgCAM

 iPhoneの標準カメラの場合、位置情報(ジオタグ)を付加することができますが、逆に他の(私の知っている)iPhoneのカメラアプリでは付加することができず、パソコンに取り込んで後から付けるという作業、意外と後からやろうとすると忘れてるものでできるならiPhoneでチョコチョコっと追加できれば良いなと思ってました。
 ただこの位置情報は自宅などの撮影の際には注意が必要で、自宅撮影の場合には無い方が良いですね。私の自宅の中ではかなりズレた位置情報になっていまして、しかも日替わりで変わっていき、一度も正しい場所を指し示した事がないのでラッキーと言えばラッキーなんですが・・・。そういう位置情報も全然違うところに変更できるようなものもあればなと思っていました。
 Windowsの場合は、下記のようなソフトウェアがあり、Googleマップを見ながら位置情報(ジオタグ)を付けることができます。
窓の杜 – 【REVIEW】内蔵のGoogle マップで位置を指定して“ジオタグ”を編集できる「GeoSetter」

imgCAM 今回のiPhoneアプリは、位置情報を付加してメールできるアプリ。これはiPhoneの標準カメラで撮った写真以外にもiPhoneの写真アルバムにあるものであれば付加できるということで購入しました。実際、位置情報だけでなく他の機能もシンプルながら揃っているので知り合いなどにメールを送る際には役立ちそうです。

サポートサイトは下記になります。
My So-net mkanda:imgCAM
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● imgCAM [iTunes]icon

imgCAM このアプリ、単に位置情報を付加するという機能だけではなく、他にもすばらしい機能が付いていました。
 メール1通につき1写真しか送ることはできませんが、画像のサイズを見ながらのリサイズ・画像の特殊効果・回転・トリミング・アンドゥの加工機能があります。下に表示されるメニューの左から「写真アルバムから選択」「カメラから取り込む」。写真を取り込んだ後は(ペンアイコンの)加工と保存・メールの機能が使えるようになります。 あと優しいところは写真のサイズが下に表示されるところ。撮った写真のサイズがどのくらいかというのがすぐ分かるのは助かります。

 画像表示の際には、ダブルタップで拡大、2本指でタップで縮小、iPhoneを振ると画面に収まる倍率で表示、酢ワイプ(スライド)で表示をスクロールすることができます。

imgCAM 加工に関しては、下のメニューが切り替わります。左から「加工しないで戻る」「回転」「トリミング」「リサイズ」「特殊効果」「アンドゥ」。
 回転は90度ずつの回転になります。
 トリミングは枠が出てきますが、4方の隅部分の四角をタップしてサイズを変更できます。
 リサイズの画像サイズは固定のサイズ以外にカスタマイズは幅が150-2400、高さが150-2400で指定できます。縦横比を維持するかしないかの指定も可能です。
 特殊効果は4種類から選択できますが、選択していくと重ね掛けになります。Comic Toneは個人的に気に入ってます。

imgCAM imgCAM imgCAM

 そして最後ですが、保存とメールの機能。
imgCAM 私にとってはメイン部分の位置情報を付加してメールする機能ですが、結果から言うとパソコンで受け取ったこのアプリからのメールはうまく位置情報が付いていました。しかし、iPhoneでそのメールを受信して、iPhoneアプリの koredoko [iTunes]では見れませんでした。iPhoneのメールで受信した際の保存で消えてしまうんでしょうか。

 しかし、パソコンでは画像ビューアのirfanViewで確認したところ記録されていたので、そのままGoogle Earthで使ってみたりもできました。
 位置情報の付加はGoogleマップが出てきて、真ん中の十字マークを合わせてピンを落とせば、そこが位置情報になります。そしてそのまま送信することができます。

imgCAM 位置情報

 これをそのままirfanViewからGoogle Earthを呼び出すと、指定していた位置にピンが出てきました。

Google Earth

 メールを送信する際にはアプリ内部から送るのでこのアプリ自体が終了せず、そのまま次の作業が行えます。写真を保存しないて終了したときは、次回起動時に同じ写真を選択した状態で表示してくれるのも優しい機能です。

 このアプリを見る限りでは、位置情報を後から付加することは可能であることは分かりましたが、メールをしないと駄目なのかなというところが疑問なところでした。そのままカメラロールに保存はAppleが許可していないのか技術的にサポートされていない機能なのか知りたいところです。でもきっと契約上そういう話をすることも無理だったりするんだろうなと思ってます。

 あと欲しい機能としては、メールに位置情報を付加した画像を添付する際にGoogleマップのアドレスも付加してメールしてくれると、メールで写真を見てその場ですぐGoogleマップが開けて場所まで分かるので便利かなと思いましたし、またメールの際マップを表示しているときに移動がスワイプなので、キーワードで検索して位置を移動できる機能があると少し離れた場所への位置情報付加も簡単かなと思いました。

ブックオフオンライン

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  2.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  3.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  4.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  5.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  6.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  7. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  8. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  9.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  10.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る