輪郭を取り出してエフェクトを楽しめるiPhoneアプリ PICT.Edge

 輪郭を取り出すと面白い写真ができることをこのアプリで知りました。出た頃から使っていましたが書こうというタイミングでバージョンアップがあり止まってました。(またバージョン1.2が出そうですが)

PICT.Edge このアプリで写真にエフェクトをかけると絵で描いたような感じになります。また設定できるパラメータでいろいろと変化が楽しめるのも良い点です。

サポートサイトは下記になります。
● tmk001.lib
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● PICT.Edge [iTunes]icon

PICT.Edge 起動して、下のメニューにある一番左のフィルムマークをタップすると、カメラを起動して撮影した写真を使用するか、すでに保存している写真アルバムから選択するかを選ぶことができます。
 カメラを選択した場合にはiPhoneの標準のカメラが起動して撮影が終わるとPICT.Edgeに取り込めるようになっています。下のメニューの一番右にある歯車マークがエフェクトや画像サイズの設定になります。


 エフェクトの設定項目は全てON/OFFになっており簡単、変更するごとに下のサンプル画像に効果がかかるような親切設計になっています。また保存する際の画像サイズは大(600×800)中(480×640)小(360×480)から選択できるようになっており、保存された画像のサイズがきちんと分かるようになっています。

PICT.Edge PICT.Edge

 設定でエフェクトを指定した後は、すぐにエフェクトが実行されるのではなく、下のメニューの中にある円形の矢印マークをタップすることでエフェクトがかかります。その右にあるファイルのマークは保存のマークになります。

PICT.Edge PICT.Edge

 百聞は一見にしかずということで、以下はエッジの光彩とエッジのブレンドのON/OFFだけ変更してみたサンプルです。

2009091307 PICT.Edge

PICT.Edge PICT.Edge

PICT.Edge PICT.Edge

 ただこのアプリ、画像の拡大・縮小が無いので保存した後にしか細かいところ見えないなと思っていたのですが、バージョン1.2ではできるようになるそうです。またその画像をTwitter(TwitPic)に送れるようになるそうで、楽しみに待ってます。
● PICT.Edge version 1.2 を提出しました ? tmk001.lib

 

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  2.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  3.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  4.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  5.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  6. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  7. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  8.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  9.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…
  10.  私の住んでいるところは今月末から桜がお目見えします。今からすごく楽しみで、iPhoneもいろんなア…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る