LINEで送る
Pocket

 今でも検索結果から見に来られてる方が多いエントリの家計簿アプリのエントリなのですが、その後もしばらくiXpenseIt [iTunes]iconを使っていましたが、新しい家計簿アプリが出ると目移りしてしまいます。

iPhoneの家計簿アプリ3つ試用 | favLife 

 iXpenseIt自体の不満というのは、特に大きな所は無いのですが、最終的に月事の変化を見るにはPCで管理するような感覚でiXpenseItはキープという状態で他のアプリにも手を出してしまいました。

まず最初に試したのがMoneyLogです。
MoneyLog このアプリは画面のデザインに惹かれました。入力方法もシンプルで、基本は「三回タッチだけで入力完了」というところです。支出管理ができるお小遣い帳という感じを受けました。

サポートサイトは下記になります。
● NSOFTMOBILE – SmartPhone App Developers –
App Storeではファイナンスカテゴリーにあります。
MoneyLog [iTunes]icon

 予算が入力できて、入力は簡単な方が良いということで購入しましたが、カテゴリーの削除ができないところが画面上邪魔で、入力する際に非表示にできるカテゴリーの設定はできるようになったのですが、普段から使用しないカテゴリーが表示されてしまうので、入力は簡単でデザインもかっこいいですが、断念しました。
 機能としては、締め日の指定や、登録したGmailアカウントへメールでエクスポートすることができます。

MoneyLog MoneyLog MoneyLog

 次はマネー手帳で、約2ヶ月ほど使っています。
マネー手帳 こちらは手帳に記録している感じがしますが、機能的には上のMoneyLogよりも設定できる項目が多く見やすいです。また先月の記録とも比較ができるところが気に入り購入しました。

サポートサイトは下記になります。
マネー手帳 for iPhone, iPod touch
App Storeではファイナンスカテゴリーにあります。
マネー手帳 [iTunes]icon

マネー手帳 このアプリは名前に手帳と付いているように、1ページ1日の入力という家計簿で、収入と支出の管理ができます。画面の背景色を変えたりもできますが、月初めの日を指定できたり、収入を予算に加えるかどうか、1日の予算を固定にするかどうかなども指定できます。その日に登録した収支の件数をホーム画面ではバッジ表示してくれたりと凝っています。iPhoneを振ると当日表示に戻ってくれたりもします。電卓を表示してくれるのも嬉しい機能。パスコードロックの機能もあります。

 
 そして各左の項目をタップすると表示が切り替わるようになっていて、例えば今月予算のところをタップすると残高表示に変えてくれたり、支出のところはタップすると収入に変わります。中でもグラフはタップするごとにいろいろなグラフへ変わります。
 データ出力はテキストをメール、画面を写真として保存、ファイル転送はWebサーバになるのでPCなどから無線LAN経由でダウンロードの3種類が選べます。

マネー手帳 マネー手帳 マネー手帳

 ただ、このマネー手帳の欠点といのが、私個人的な問題かもしれないですが、入力するためのプラスマークが小さいというのと間違えた際に消すときのマイナスマークが小さいというのが難で、今日新しいアプリを見つけて試してみました。

2009年9月30日までは800円→600円というところも後押しされてしまいました。
アクティブマネーPro 最初に画面を見るとなんてことは無い収支管理と思ってしまったのですが、場所に関しての収支管理というのがよく考えたな?っておもってしまいました。また他にもToDoやスピードメーター、グラフ表示も1年を通しての月別グラフもあります。パスコードロックの機能もあります。

サポートサイトは下記になります。
アクティブマネー | Active Money – iPhone/iPod Touch マネー管理アプリケーション
App Storeではファイナンスカテゴリーにあります。
アクティブマネー Pro [iTunes]icon

アクティブマネー Pro 普通の家計簿と違い、最初の画面には金額が出てきません。最初は入力画面が出てきます。また、場所によって収支の入力ができるアクティビティという機能が面白いです。例えば、ある場所で外食するのが分かっているとすると、それを登録しておくことで、今いる場所(画面の左上のボタン)をタップすることで入力画面が表示されます。更に決まった場所で決まったものを買うと決まっていれば更に入力が簡単になります。
 そして予算管理だけでなく資産管理も可能で資産間移動も資産別残高表示も可能になっています。一番気になっているグラフ表示なのですが、これもタップしていくとカテゴリーを下っていけるのが良いです。またタグを設定することができます。各支出・収入入力の際に入力し、タグ別の予算を設定することができます。

 最初にこのアクティビティの機能ですが、正直1つのアクティビティの場所を設定することになるから結局選ぶときにいっぱいあって面倒になるんでは?と思ったのですが、そういう考えは不要でした。
 アクティビティは最初の画面の編集から追加できますが、その時に表示される「場所」をタップすると設定できます。場所は現在地からだけかと思いきや、自分でピンを移動することができます。またこのピン。1つのアクティビティで何個も場所が登録できます。またこの時GPSの精度が悪く、間違ったアクティビティが出てしまった場合はシェイクすると次の候補が出るようになっています。
 その場で入力する場合には結構便利な機能だと思います。ただGPSの弱いところだと自分で入力した方が早いと思います。

アクティブマネー Pro アクティブマネー Pro アクティブマネー Pro

アクティブマネー Pro 次の機能は、To Doです。家計簿にTo Doがあるというのは、あると便利だなとこのアプリを見て思いました。これで例えば買う物を登録しておけば、アクティブマネー Proを開いた時に、 To Do のところにバッジ表示されているので分かりやすいです。毎日何かしら外に出ていると家計簿に入力することがあるので、開いたら確認できるというのは、To Doアプリに入れて置くよりこちらの方が便利な気がしました。あと、あれば良いなと思ったのは、アプリを開いた時に期限が過ぎたTo Doを表示してくれる機能があると良いなと思いました。

アクティブマネー Pro 予算画面ですが、iXpenseItも工夫をすれば別々に予算管理ができていましたが、こちらはカテゴリーでも予算管理ができます。ここは非常に嬉しいです。それにグラフィカルに見せてくれるのも良いと思いました。中でもスピードメーターの表示。これは1日あたりの平均支出(収入)実額を1日あたりの平均予算金額で割った値で示しています。勢いが表示されるという意味だと思いますが、面白い表示だと思います。この画面の左上に表示されているiマークをタップすると説明が表示されます。この項目は、編集ボタンを押して削除もできますが、右にスライドさせても削除することができます。

 グラフはその他→レポートから呼び出すこともできます。(この下のメニューはカスタマイズ可能)1年の推移、毎月の比較ができるのでが非常に便利でした。その他の画面に表示されているエクスポートからは対象と期間を指定すると、メールが起動して対象のCSVファイルを添付されて送ることができます。週・月の始めも指定できるようになっています。また、その他の画面の右上に表示される編集を押すと画面の下のメニューをアイコンのドラッグ&ドロップでカスタマイズすることができます。

アクティブマネー Pro アクティブマネー Pro アクティブマネー Pro

 非常にアクティブマネー Proは高機能でよく考えられているなということで、しばらくアクティブマネー Proを使って行こうと思いました。カテゴリーも私の必要なものが最初から入っていたこともあってすぐ使えるところが嬉しいです。(最初にカテゴリーなどを変更したい場合は入力する画面から設定できます。)購入する場合は、FAQも充実しているので見てみることオススメします。
● FAQ | よくあるご質問

 あと家計簿の機能として欲しいものと言われて考えると、Googleドキュメントサポートでしょうか。iPhoneからエクスポートしてPCで見るのも良いのですが、どこからでもアクセスできるものもあると良いなと思いました。

 書き終わった後、アクティブマネー Proだけ単独で書けたな?と思いました。それだけ高機能ということで・・・すいません。