何に時間をどれだけ使ったか時間のログが取れるiPhoneアプリ Eternity Time Log

 実はこのアプリ、8月から使用しているのですが、紹介しようと思うと値上がりするというタイミングの悪さ。
 それだけ人気があるのか無いのかは分かりませんが、買った時より1000円以上値上がりした時なんて、正直驚きました。この33%OFFも10月8日までになっています。

Eternity Time Log

 このiPhoneアプリは、時間を記録してくれるというだけのアプリですが、とてもインターフェースが簡単ですぐ使えると思います。
 また制限はありますが、無料版のEternity Time Log Liteもあります。無料版は最大7項目までしか登録できない・エクスポートできない・チャートが出ない・広告付きなどの制限があります。
サポートサイトは下記になります。
Eternity Time Log – easy time tracking on iPhone and iPod Touch
App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
● Eternity Time Log [iTunes] 有料版icon
● Eternity Time Log Lite [iTunes] 無料版icon
 
 元々、私がこのアプリを使い始めたのは時間をどれだけ何に使っているかはっきり確認したかったことから時間のログを取れるアプリを探していたのですが、最初にLite版を試したところすごく使いやすかったので円グラフで一目見て確認できる機能がある有料版の方を購入しました。

 このアプリの良い所は、iPhone本体がスリープしていても電源OFFになっていても、起動した時には時間のログ取りは継続しています。このアプリ自体のアップデートやiPhone OS3.1へのアップデートの時も時間のログを取りながらやりましたが、それでもきちんと記録していました。ずっと時間を計っているのでは無く、起動した日時を記録しておいて、再度起動した時に差分で表示するのでしょう。実際、私は常時(iPhone3GSで)、このアプリでログを取っていましたが、このアプリの影響で何か問題になると言うことはまだ一度もありませんでした。

Eternity Time Log このアプリは最初にカテゴリーを作成するところから始まります。私の場合は、まず大きく毎日の作業についてログを取ることにしました。これが慣れてくると仕事の中身(会議やらコーディングやら)で追加していこうと思っていますが、まずは頭痛の影響と睡眠時間を知りたいというのがありました。
 画面下のメニューには、カテゴリーの作成及び時間を計るときに使う「Activities」、ログを見る時や修正するときに使う「Logs」、結果を見るときの「Reports」、あとはこのアプリの設定である「Settings」があります。

Eternity Time Log 最初にカテゴリーを登録しますが、カテゴリーは2階層まで作成できます。私の場合だと、例えば仕事であれば、中に通勤・業務・仕事の飲み会などに分けたりしています。これは後々のレポートの中でもそれぞれの時間を出してくれます。
 そして開始するのもこのカテゴリーを登録した画面からになります。あとはSTARTをタップすると時間の計測が開始です。

Eternity Time Log ここでSTOPボタンもありますが、ここでストップして、他の項目をスタートするのは面倒ですし、普段ずっとアプリを起動しておく必要はありません。(動作中の時はiPhoneのホーム画面のこのEternity Time Logのアイコンに1というバッジ表示が付きます。)
 次に起動した時は、他の作業のところでSTARTボタンをタップすると今まで計測していたものはSTOPして、新しい作業の時間を計測し始めます。ここらへんが入力が使いやすいと思いました。

 「Logs」では、取れているログを編集・削除することができます。また実際にまだログを取っている項目に対しても開始日時を変更することができます。編集の時には、その前後の時間調整までできるようになっているところも便利です。

Eternity Time Log Eternity Time Log

 そして「Reports」で実際の記録したデータを見ることができますが、1日、1週間、1ヶ月の単位でログを見ることができます。ここでは8月の途中からのデータですが、右上のボタンはエクスポートで、取ったログをメールで送ることができます。メールを送る際には送る宛先と発信元のメールアドレスを入力します。これは1度登録しておくと記録されています。メールにはCSVファイルが添付されて宛先の方へ届きます。

Eternity Time Log Eternity Time Log Eternity Time Log

 また「Reports」画面の左上の円グラフマークが円グラフ表示になりますが、この円グラフは横表示で、iPhone自体を横にしても表示できます。ここでは記録があると、左右にスライドすると前後の月・週・日に移動して表示してくれます。

Eternity Time Log

Eternity Time Log 最後の「Settings」は、私はデフォルトのまま使用していますが、週のスタートを何曜日にするか、Logsを整理するか、Reportsに関しては記録した時間で%を出すか実際の期間で%を出すかなどの指定ができます。「Text-editing」は誤字チェックです。
「Show Badge」は計測しているときに、アイコンの表示の上に?マークが付きます。

 機能としては、私の欲しい機能が全部揃っていたので満足しています。また1ヶ月経って見返してみると、こんなことにこんだけ時間使ってたのかと驚くこともあったりします。あと課題であった頭痛と睡眠時間の関係ですが、やっぱり平日睡眠時間3時間が続くと週末に出ていました。ここは改善しないといけません(笑)

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る