LINEで送る
Pocket

 今日は仕事終わっても大忙しな感じです。まず、Griffin TechnologyのReveal for iPhone 3G Blackが届いたという通知。そして今日は(予約はしてましたが)iPhoneカメラアプリ完全ガイドの発売日。App Store見たらLayar Reality Browserという面白そうなアプリが出ていて、外人さんからiPhone 3GSで撮った動画の編集アプリが出たよという連絡。仕事が終わったのに何この忙しさみたいな。。。
 Layar Reality Browserは帰宅してすぐ試してみました。これはすぐに使えそうなアプリ。セカイカメラはユーザーが作っていく楽しさがありますが、こちらは即実用的なAR(拡張現実)アプリ。しかも無料です。
Layar このARアプリは、AR+地図+リスト表示と見え方が3通り用意されていて、自分の見やすい使い方ができるところが良いところだと思います。またリリースと同時に提供されているコンテンツがすごく便利だと思います。

サポートサイトは下記になります。3GS互換となっているので3GSのみかも。
Layar – AR(拡張現実)日本版検索サービス
App Storeではライフスタイルカテゴリーにあります。
Layar Reality Browser [iTunes]icon

 コンテンツは今現在38種類でトータル902,235件(2009年9月現在)
Layar – コンテンツ一覧
 コンテンツが乗り物や食べ物、病院検索などの生活に密着した検索コンテンツからユーザー参加型コンテンツ、北海道特別コンテンツというものまであります。
 3分にまとめてある動画も公開されています。

Layar 私が使っていて戸惑ったのは最初のページのFavorites(お気に入り)に追加する方法ですが、まず下のメニューにあるFeaturdやPopularをタップするとコンテンツがずらっと出てきます。その表示しているところで画面の右上にある★マークをタップした後に、各コンテンツの右にある★をタップすると色が反転しFavorites(お気に入り)に登録されます。しかしコンテンツが多いんで、このアプリがあると他の不要アプリが出てきそうな感じです。ArroundMeとか。。。

 目的のものをタップすると、下に詳細が表示され、更にその右にある矢印でまたメニューが開くようになっています。リアリティ表示は、実際にカメラが起動して実際に写っている目の前の風景と重なるように表示されますが、セカイカメラはiPhoneは横にして常に視線の位置に持って行かないといけなかったのですが、こちらはiPhoneは縦で使うような表示になっており、下に向けててもその方向が分かるようになっています。個人的にはこちらの使い方の方が好きです。マップの表示の時はGoogleマップを使っており、ピンチイン・ピンチアウトの操作もできるようになっています。リストは地図に表示されている目的のものが一覧で表示されます。また表示させる範囲は、各画面の右上に出ている「Setting」で距離を指定することができるようになっています。

Layar Layar Layar

 ARアプリとしても使えますし、それをマップやリストに切り替えて使えるのは便利です。あとはコンテンツの中の充実度になりますが、「みんなのLayar」という参加型コンテンツがあります。ここでは、ユーザー参加型の位置情報登録サービスで会員登録が必要になります。
http://maps.layar.jp
ここから新規登録すると、登録したメールアドレスに確認の仮登録のメールが届きますので、そのメールの本文にあるリンクをクリックすることで登録完了になります。
 このユーザー参加型コンテンツiPhoneからも見ることができます。登録はiPhoneからだとちょっと難しそう。PCからの方が見やすいです。ホーム画面のマップの横に置こうかなと思ってます。東京あたりだと逆にいっぱい表示されて使いにくいんじゃないかなと思ってしまうのですがどうなんでしょう。神奈川の厚木は意外と軽いです(笑)