LINEで送る
Pocket

 iPhoneで写真を撮ってて面白いのは、撮った後の写真の加工も楽しめるので他のカメラにまだ手が出ないところがあるんですが、今回のカメラアプリは、LOMOエフェクトのある加工アプリもありますがここでは、LOMOと名の付いたカメラアプリ2種類。どちらも気に入っているので2つまとめてご紹介。このLOMOというのはカメラの名前と思っていたのですが、カメラ製品のブランド名だったんですね。(Wikipedia)。日本でもアナログ写真だけですが、Lomographyというサイトがありました。見ていて楽しいです。そして雰囲気だけでも楽しめるiPhoneアプリはありがたいです。

最初は、LOMOで有名なLC-Aのエフェクトが入っているLOMO Camera。
LOMO Camera このLOMO Camera、写真を撮った後のエフェクトのプレビューまでの処理が速いです。また写真アルバムに保存している写真もエフェクトがかけられるようになっているので、今まで撮った写真が変わる感じも確認することができます。
 またエフェクトの種類もLC-A含めて8種類あります。

サポートサイトは下記になります。10/17現在 制作中のようです。
● WeStarting, LCC., Expert Mobile Game Provider
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
LOMO Camera [iTunes]icon

LOMO Camera 最初に起動するとカメラが起動されてますが、キャンセルと押すと写真アルバムから写真を選択して取込、エフェクトをかけることができます。エフェクトは LC-A Normal, Redscale, Black&White, X-Pro, Redscale 2, Fish eyes, Splitzer, Originalの8種類あり、これは指で左右にスライドさせても移動できますが、矢印の部分をタップしても次々エフェクトが切り替えられます。
 エフェクトが決まったら右下にあるフロッピーディスクのアイコンをタップすることで保存できます。
iPhone 3GSでサイズを確認してみましたが2048×1536で保存できていました。

 以下はフィルタを通した写真のスクリーンショットになります。また、App Storeを見るとエフェクトはバージョンアップで増えていくようです。

LOMO Camera LOMO Camera LOMO Camera

LOMO Camera LOMO Camera

LOMO Camera LOMO Camera

もう一つはLOMO。
LOMO こちらは4種類のロモ効果がありますが、LOMO Cameraと違って効果の強弱が設定できます。またこちらもカメラからそのまま取込と写真アルバムから選択してエフェクトを与えることができます。

サポートサイトは下記になります。
iPHONE APPLICATIONS: Welcome to NORITech.
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
LOMO [iTunes]icon

LOMO このアプリは起動すると左のような画面になり、画面下のメニュー中央でカメラが起動、左のボタンで設定と写真アルバムからの取込ができます。こちらもLOMO Camera同様プレビュー時の処理は速いです。


 左のメニューで表示される「Set PhotoSize」では、4つのサイズを選択することができます。フルサイズもサポートされています。

LOMO LOMO

 エフェクトは4種類でプレビュー画面を表示している時に左にある各エフェクトのアイコンで切り替えができます。エフェクトの強弱はスライドバーで操作できます。このスライドバーで左に持って行くと縁の部分が白く、右に持って行くと縁が黒くなります。右下にある「完了」ボタンで保存することができます。

LOMO LOMO
LOMO LOMO

 LOMO CameraのLC-A Normalエフェクトはすごくお気に入りでFlickrでも時々使っています。LOMOの方は効果の強弱が気に入っていますが、中の写真と縁が同時に強弱の効果がかかるので縁とのバランスを合わせるのが難しいですが、モノクロの時の効果は気に入っています。

またFlickrのiPhoneで撮影したLOMO写真のカテゴリーは下記になります。
Flickr: iPhone Lomo